手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
『平山智加』聞く“なぜボートレース界で女性は輝いているのか?”

自宅で、リモートでのインタビューに応じる平山智加は、事情を知らなければキレイな主婦にしか見えない。しかし彼女は、ただの主婦ではない。ボートレース界を代表するトップレーサーなのだ。

「うちは二世帯住宅なんです」と笑う。取材の途中、玄関のチャイムが鳴り、中座して戻って来た彼女は、笑顔を見せて言った。

「お向かいさんが“白いイチゴ”をくださったんです。ほら、おいしそう!」

子育てをして、家事をしながら、ボートに乗れば男子レーサーと対等に戦い、高額の賞金を獲得する。そして、自分の後に続く若手女子ボートレーサーが活躍できる環境整備に心を砕き、ボートレースという競技の健全な普及に向けてYouTubeでも情報発信を続ける。

八面六臂の活躍を続ける平山智加という選手は、どのようにして作られていったのか。トップ女子レーサーの活躍の秘密に迫る

先輩ボートレーサーの福田選手は「夫」で「師匠」
「賞金女王決定戦(現:PG1クイーンズクライマックス/当時G1)」(2013年)や「PG1レディースチャンピオン」(2020年)など数多くの重賞レースを制覇してきた平山には師匠がいる。夫で先輩ボートレーサーの福田雅一選手だ。

夫婦であり師弟でもあるという関係は、昨年のボートレースのCMでの新人女子レーサー(武田玲奈)とベテラン選手(飯尾和樹)の関係を思い出させる。CMは「ハワイで挙式をぶち上げる!」で終わったが、福田と平山は結婚した後も活躍を続けている。

「ひとくちに師弟関係と言ってもその形態は色々で、特に決まりはないんです。ちゃんとスーツを着て自宅を訪ねて、『弟子にしてください!』ってお願いする人もいれば、何となく周囲から『あの二人は師匠と弟子なんだな』って認識される関係の人もいます。

うちは17歳の年齢差があるんです。私がこの世界に入ったころ、主人はすでにピークを迎えて“大御所”の風格がありました。20歳の私の目には、選手として尊敬できて、男性としても魅力的で、すべてがカッコよく見えたんです。憧れの存在でした」

二人の“師弟関係”が始まった経緯はちょっと変わっている。

「先に交際が始まって、あとから師弟関係になっていった感じです。正式に入門したわけでもないし、もしかしたら主人は私のことを弟子だと思っていないかもしれない(笑)。ただ、レースの組み立てからモーターの整備まで、ボートレースに関するあらゆることを教えてくれたのは主人だし、いまでも教えてもらっています」

最も印象に残っているレースとして挙げてくれた、2008年5月20日からボートレース丸亀で開催された一般戦競走も、その背景には夫婦レーサー(当時はまだ夫婦ではなかったが)ならではの思い出がある。

「実は私が一般戦で初優勝した日が、主人と私の“両家顔合わせ”の日だったんです。優勝したその足で顔合わせの会場に行けたことが本当にうれしかった。主人もその少し前に徳山で優勝していたので、二人にとってまさに最高の一日になったんです」

「『子どもを持っても続けられる』ことを証明したい」
高校まではバスケットボール部で活躍していた平山。そこで培った体力、筋力、瞬発力、周辺視野などを、彼女は“貯金”と呼ぶ。その貯金は、ボートレーサーになってとても役立った。ただ、30歳を過ぎ、出産を経験して、その残高が減ってきたことを実感し始める。

現役年齢の長いボートレーサーは、若手、中堅、ベテラン……とそれぞれの年代に応じたレーステクニックを身に付け、使い分けることで活躍し続けることができる。

では、主婦として、母親としてボートに乗り続け、輝き続けるために必要なこととは何なのか。

「確かにバスケで蓄えた体力などの貯金はがなくなったのは痛かった。でも、30代には30代なりに、若い頃にはなかった絶対的な経験値があるのも事実です。最近は、その経験値をうまく活かして克服していけばいいんじゃないか、と思えるようになってきました。ただ、簡単なことではないですけどね(笑)」

いまは前向きに語る一方で、出産を機に競技から離れたときには不安に苛まれたという。

「結婚は早かったけれど出産は遅くて、上の子を産んだのは32歳。レースを離れることへの不安はありました。それでも、ずっと欲しかったのになかなかできなくて、諦めかけていたところでようやく授かった子宝なので、嬉しさのほうが大きかったですね。

もちろん休み明けにボートに乗る時は恐かった。ゼロからのやり直し、というよりマイナスからの出直しでしたから(笑)。ただ、他の選手に遅れを取ってしまった分だけ伸びしろがある、と考えて、前を向くことにしたんです」

レースの時はレースに集中し、家に帰れば育児と家事が待っている。

「ちゃんとご飯も作ってます(笑)。普通の主婦、普通のお母さんをしながらボートレーサーを続けることは決して簡単ではないけれど、ありがたいことに私はそれをできる環境にいるし、それを家族が支えてくれている。

だからこそ私は『ボートレーサーは子どもを持っても続けられる仕事だ』ということを証明しなければいけない、と思っています。目標は“最低でも50歳までは現役”です!」

「『やっぱり女子はまだまだ』と言われそうで……」
職業としてボートレーサーを見たときの魅力の一つに「収入の高さ」がある。平均年収は1000万円を超え、史上最高生涯獲得賞金額は38億円(現在も更新中)。もちろんプロ野球やJリーグでも高額所得を狙うことは可能だが、ボートレーサーは「高校卒業まで未経験」という点が他の競技と決定的に異なる。中学や高校に野球部やサッカー部はあっても、「モーターボートレース」を部活にしているところはない。それまでの経験に関係なく、誰もが養成所に入った瞬間、同じスタートラインに立てる職業なのだ。

「もちろん収入も魅力です。頑張って成績を残せば、収入という形で結果が付いてくる。住みたい家に住めて、乗りたい車に乗れて、夢をかなえることができる仕事です。

自分がボートレーサーになって初めて気付いたのは、世の中の人、特に子どもたちの大半がボートレースという競技の存在を知らない、ということ。私も、たまたまボートレース好きの父から『やりたいことがないならボートレーサーを目指してみたらどうだ?』って言われてこの道に進んだだけで、そうでなければボートレースのことなんて知らないままOLさんになっていたのかもしれない」

スタートラインは同じで、そこに並ぶ全員が初心者。そこから先どれだけ頑張ったかで勝敗が決まっていく世界。しかも男性と女性が一緒に戦える競技でもある。

「女子戦も混合戦も同じ意識で戦っているつもりですが、違うプレッシャーがある気がします。女子戦は勝つことが当たり前、でも混合戦は、勝てば『女子のレベルも上がって来たね』と評価されるけれど、負けると『やっぱり女子はまだまだ』と言われそうで、それに対する緊張感はつねに離れることがない。女性である以上、持って生まれた体力や筋力では男子レーサーには敵わない。その代わり、男子より5キロ軽い体重で乗れるというハンデをもらっているので、それは最大限に活かすべきだと思うんです。

でも、そんなことを真剣に考えられる競技であること自体が珍しいんですよね。男性と女性が戦える環境があることも、ボートレースの魅力の1つだと思います」

「美人レーサー」と紹介されることに違和感はありますか?
平山のほかに、今回の連続インタビューに登場した大山千広、守屋美穂の3人は、単に競走成績が優れているだけでなく、「美人レーサー」として紹介されることも多い。

ただ、成績と実績で評価されるべきアスリートに、「美人」という冠を載せることは当人に対して失礼なのかもしれない。最後に率直に訊ねてみた。

「もちろん実績を評価してほしいという気持ちは強いけれど、『キレイ』と言われたらやっぱりうれしいです。でも、私なんかよりもっとキレイで可愛い選手はいっぱいいますよ!(笑) ボートレースに限らず、いま世の中は女性アスリートを応援しようという追い風が吹いてますよね。それはとても強く感じるし、心強いです。

これが逆に『女性なんかに何ができるのか』という風潮だったら、女子のレースがここまで注目されることもなかっただろうし、私もタイトルを獲れなかったかもしれない。その意味で私は時代に恵まれました。女性が活躍できる環境は整ったので、女性ボートレーサーにとって、いまはチャンスだと思います」

水上を猛スピード駆け抜ける女子レーサーたち
女子レーサーの台頭は、ボートレースの“競技”としての面白さを再認識させてくれた。“人に見せぬ苦労”を知ると、なお応援せずにはいられない。

全国にボートレース場は24カ所。365日、そのどこかでレースは開催されている。すべてのボートレース場の、すべてのレースはネットでライブ配信されている。

この記事を読み終えたら、どこかのレースをちょっと覗いてみてはどうだろう。水上を猛スピードで駆け抜け、男子レーサーをも抜き去る彼女たちの姿は、美しい。

手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。