【SG】『第48回オールスター』西山貴浩SG王者への道

人気も、

強さも、

イイとこ取り

2021/5/25~5/30にボートレース若松で第48回SGオールスターが開催されます。

峰竜太選手と西山貴浩選手

SGオールスターを振り返る動画をマクールがUPしました、最高の企画動画です。

オールスター最終日【西山貴浩】

前日のコメント通りにキッチリと締めくくりました。

何とピンピンの連勝、5Rは6号艇から動いての捲り、10レースは1号艇でコンマ0.1のスタートを決めて完璧な逃げで勝ちました。

優勝は流石、峰竜太といった所をみせた峰竜太選手で流石でした。キッチリと主役らしく優勝しました。

そして影のMVPが西山貴浩選手で間違いなし。近い将来本当の主役になってもらいましょう。

お疲れ様、ありがとう、西山貴浩。

オールスター予選5日目【西山貴浩】

準優勝戦は残念ながら5着で敗退しました。

西山貴浩選手のコメント

「もう二度と優勝乗れんでいいけん、ここだけは乗せてほしい……」

「スタートも全速で行けたし悔いなし! 準優戦では足が違っていた。自分のは前に押さなかった…」

「(優出に)乗りたかったけどこれでゆっくり寝られます。最後しっかり締めて帰ります」

「優勝戦に乗りたかったけど悔いはない。足が違いすぎた。やっとゆっくりと寝られます。来年も同じくらい票を集めたい。最後はしっかりと締めて帰る」

純地元での開催という事もあってかなりの気合で臨んだ西山貴浩選手、残念ながら優出はなりませんでしたが、素晴らしい姿を見せてくれました。
ありがとう、西山貴浩

最高の評価・賞賛の嵐

西山貴浩の若松オールスターが終わった。いや、明日も2走を残しているが、てっぺん獲りは終わった……。
レース前、「もう二度と優勝乗れんでいいけん、ここだけは乗せてほしい……」と呟いていた西山。もう二度と乗れんのはこっちとしては困るわけだが、それくらいの思いを込めて準優に向かったのである。しかし、その思いは実らなかった。息を荒く、呆然とした顔で戻ってきた西山。もしかしたら、これまでの敗戦のなかで最も重たいものだったかもしれない。
肩を落とす西山にまず寄り添ったのは篠崎仁志だ。仁志も西山の思いを骨の髄から知り尽くしている。そして今、どんな思いでいるかも。特に言葉を交わしたということもなかったけれども、そこで肩を並べたことが大切だったのかも。
ともかく、あれだけ劣勢のモーターでよく奮闘したぞ、西山貴浩。それはもう、本当に心の戦いだったと思う。今日はゆっくり眠れるか、それとも悔しさでさらに眠れないか。いずれにしても、今日という日を胸に刻んで、また明日いつものおどけた西山貴浩の姿を見せてもらいたい。というか、残り2走で意地を見せろ!

今回のSGオールスターで西山貴浩選手がボートレース界のスーパースターという事が証明されたと思います。
ファンを楽しませる姿勢、レースなど全てプロフェッショナルです。
きっといつかSGを取る日が来ることを期待して応援を続けます。

レースを終えた西山は「スタートも全速で行けたし悔いなし! 準優戦では足が違っていた。自分のは前に押さなかった…」と潔く敗戦の弁を語った。悔しさもあるはずだったが、サービス精神旺盛な彼らしく、カメラの前で「甲子園の土集めポーズ」も披露。

ただ、ファン投票2位、純地元の大舞台だっただけに、プレッシャーは相当だったようで「(これで)やっと寝れるね。グランプリは楽しかったけど(今回はその)GPより嫌だった。若松のオールスターだし全然寝れなかった。でも、優勝戦に乗りたかったね。来年もまた票数を集めたい。最後(最終日)はしっかりと締めて帰ります」と充血した目で、声を振り絞った。

オールスター予選4日目【西山貴浩】

予選6位で突破!

準優勝戦メンバー
①峰竜太
②西山貴浩
③瓜生正義
④桐生順平
⑤松井繁
⑥深川真二

ボートレース若松の顔

新旧の顔ですね!オールスターならではのショットです。

オールスター予選3日目【西山貴浩】

最高の勝利と最高のパフォーマンス、これぞ西山貴浩!

ボートレース若松のSG「第48回オールスター」は28日、3日目を終了。4日目(29日)は予選最終日の4日目を迎え、準優勝戦に進出するベスト18が決定する。

今大会の主役の1人・西山貴浩(34=福岡)が準優ラウンド3番の絶好枠1号艇の1席を狙える、得点率4位まで躍進してきた。

3日目9Rはインから「行くしかないと思っていた」という、コンマ08の渾身トップスタートを決めて逃げ切り勝利。2日目7Rからの日またぎ連勝を飾り、得点率を7・50に押し上げた。

ただ、レース後は「足はやっぱり弱い。キャリアボデーを4回換えたけどパッとしなかったので、元に戻して行った」と懸命の整備を施しながらも機力は“笛吹けど踊らず”劣勢のままだ。予選ラスト5、3号艇(4、8R)の2走は大敗が続けば、まさかの予選敗退の可能性もあるだけに総力戦で臨み、得点を加算して準優絶好枠を狙いたい。

地元開催の「オールスター」で燃えに燃えている艇界のエンターテイナーの〝勝負駆け〟に期待したい。

オールスター予選2日目【西山貴浩】

待望の勝利!インタビューの西山節も絶好調です。

白井英二選手との珍しい2ショット

この二人の2ショット写真はかなりレアです。

オールスターならではかもしれません。

予選2日目メディア情報

ファン投票2位で出場した地元若松の西山貴浩(34)=福岡=が後半7R、4コースから1Mブイ際を差してバックで先頭に立つと、2周1Mのターンで、追いすがる興津藍を突き放し、今シリーズ初勝利を挙げた。「1着だったけど、やっぱりエンジンは弱いですね。興津さんが追い付いてきましたから」と苦笑い。それでも「S頑張って行くしかないって思って、気持ちだけで行きました。勝てて、気持ち的には少し楽になりました。まだ整備しますよ」と意気込んだ。

西山貴浩(34=福岡)が、7Rでようやく一矢を報いた。

大整備を敢行して臨んだ初日ドリーム戦は5着、2日目の前半2Rは4着に終わった。それでもこのままでは終われない。3戦目の7Rは4カドから最内を突き、先に回ったイン興津藍や、1番差しの平本真之をとらえ勝ち切った。

「エンジンは厳しい。もう勝てないと思ったのでうれし~い。純地元なんで、毎日納豆3つ食って粘っていきますよ。納豆のように伸びてくれればいいですけどね」と、西山節は健在だった。

地元の西山貴浩(34)=福岡・97期・A1=が、今シリーズの初白星をゲット。2日目7Rを4コースのカドから差し切った。

「先頭を走っていても、やられそうだった」と機力は苦戦。それでも同じく若松がホーム水面の仲谷颯仁(福岡)と連携し、調整を続けている。「ずっとエンジンをやっているので、ペラは仲谷選手と同じように叩くだけ。楽でいい」と冗談交じりに、さらなるリズムアップを誓った。

オールスター初日【西山貴浩】

残念ながら事故レースになってしまいました。

ファンとしては言いたい事もありますが、レースですから仕方ない部分も当然あります。この後の活躍を期待します。

グランプリカッパを初着用

もう一つのトピックは去年初出場したグランプリのカッパを初着用した事です。

こだわりのあったカッパをここで初着用しました。自己プロデュース力がものすごく高いです。

非常にかっこよく、完全に一流レーサーの仲間入りって感じです。

初日メディア情報

やはり地元のSG開催で人気抜群の西山貴浩選手ですから、メディアの取り上げ方も完全に主役です。

10R発売中のドリーム組スタート練習が終わると、西山貴浩はいったんボートを陸に上げている。ちょうどリフトからボートを装着場に押し始めたとき、11Rの展示準備を終えた瓜生正義がそこを通りかかった。西山は神妙な顔で、瓜生に訴えかける。両腕を肘を曲げながら掲げ、次には両肘をピンと伸ばす仕草。これはおそらく「両サイドに伸びられる」ということであろう。今日の西山は早い時間帯に整備をし、その後も調整と試運転を繰り返した。換えた部品はセット(ピストン2、ピストンリング4,シリンダーケース)、キャブレター、クランクシャフト、キャリアボデー。交換発表のある部品はあとギアケースと電気一式、すなわちほとんどの部品を交換し、何度も何度も水面に出ていたのだ。それでも、直線足の上積みは思うままにはならなかったのか。

西山は瓜生と別れるとボートを整備室前に移動。ギアケースを外して調整を始めている。ギリギリまでの調整! 10R発売中まるまる、時間を費やした。10Rのエンジン吊りが終わり、展示の準備のため再度着水。その前に、10Rを逃げ切った石野貴之が白い勝負服のまま、西山のもとに歩み寄った。二人はけっこう仲良しで、絡みは頻繁に見かける。石野も今日の西山の奮闘が視界に入っていたはずだ。控室に戻る前に西山のもとを訪れたのは、どう見ても激励のためと思われるのだった。

11R発走。モーター始動の合図がかかると同時に、12R組は展示待機室を出て展示ピットへと向かう。その隊列の前から2番目を歩く西山に、ちょっとした異変が起こっていた。スタート練習のときに履いていたのは、曲者軍団お揃いのカッパだ。展示に向かう西山は……グランプリカッパ! 昨年のグランプリ時に入手した、このある種の勲章を、西山はこれまで決して着用してこなかった。僕が着るわけないじゃないですか~、なんて、そのグランプリのときに言ったりもしていた。それを、今日ついに履いた! 実は昨日のうちから宣言はしていて、「ドリーム戦だけ着用します」とのことだった。本当に履いた! 前を歩く峰竜太と同じそのカッパを西山はたしかに着用したのだ。
このドリーム戦は、西山貴浩にとって、グランプリと同等、あるいはそれ以上のレースだったのだ!

結果は、不完全燃焼だったことだろう。大外から伸びてきた守屋美穂が自身の舳先に引っかかり、その影響で松井繁に接触。ほとんど何もできなかったと言っていい。さらに守屋が落水したことで、そこで実質的にレースは終了。隊列を崩さずに完走するしかなかった。着順よりもそのことが無念だったと思う。しかし、ここに懸けた思いは決して無駄ではないはずだ。オールスターのファン投票にこだわり続け、事あるごとにアピールしてきた。得票数は年ごとに増えていき、昨年はグランプリファイナリストになって、さらに人気が爆発。地元中の地元である若松でオールスターが開催されると決まってからは、ただただここに照準を合わせ、ついにファン投票2位という急上昇でドリーム戦に出場することになった。西山にとっては、もしかしたら人生における一世一代の舞台、だったわけだ。

そのドリームは不本意な結末だったとしても、オールスターが終わったわけではない。ドリームに渾身を懸けたのはたしかでも、そこが本当のゴールではないということは西山自身、認識しているだろう。そう、あとは優勝を目指すのみ。厳しいモーターを引いてしまったけれども、明日からもさらにパワーアップを目指しての調整は続くだろう。文字通りの夢舞台がこうした結果にはなったけれども、だからこそ2日目以降は気合がさらに込められるはずだ。その戦いを引き続き見つめていきたい。

その中でも上記の記事は中々、ピット情報などはファンには伝わってこないので非常に有難いです。

西山貴浩に追い風か!?初日はまさかの順延

自然には勝てません、強風の為順延になりました。この順延を生かすも殺すも選手次第だと思いますので、是非西山貴浩選手には味方にしてもらいたいです。

地元開催で気合十分の西山貴浩(34=福岡)に神風が吹いた?

前検日は、複勝率28・8%のエンジンに「弱い。やれること全部やります」と困惑。整備室にこもっていたが、初日は水面が大荒れとなり中止順延。「嵐は僕が呼んで来た? そうですよ。これで整備する時間ができた」。

時間いっぱいの午後5時ぎりぎりまで、本体整備に取り組んでいた。

1RのS展示の直前になって突然、強風が吹きつけて安定板の装着が決まり、最終的には中止順延。各選手とも「この水面ではやむを得ない」と冷静に受け止め、翌日へと備えた。

この決定を誰よりも前向きに捉えたのが、得票2位で選出の西山貴浩だ。「ホーム向かい風での順延だが、整備の時間ができたので、自分にとっては追い風かもしれない」。機勝率は今節ワーストの4・61。前検に続いてこの日も時間いっぱいに仕事を施し、さらに順延の初日も最終12Rまで時間はたっぷりある。抽選運の不運を覆せるなら、これはまさに神風になる。「若松のファンなら、この風ではいいレースができないことは分かってくれると思う」。福岡支部で誰よりも票を集めた男は、ファンの気持ちとも同調。仕切り直しての好レースを誓った。

ファンにとっては残念なことになったオールスター初日の中止順延。しかし、ピットでは選手のいろんな“本音”が聞けた。

まずは1Rの周回展示中にエンストして欠場(選手責任外)となった茅原悠紀(岡山)。開催中止となったことで欠場自体が“幻”になった。「(欠場も)何もなかったことになるのでラッキー。エンジンも吸水しただけなんで大丈夫だと思う」と笑顔を見せた。

その1Rで1号艇だった丸野一樹(滋賀)は、発売締め切りから1時間以上も待たされた形。「この水面なので中止は仕方ないですね。疲れたし、きょうはゆっくりしたい。気持ちを切り替えてまた頑張ります」と心身のリフレッシュを図る。

スタート特訓で機力劣勢だった森高一真(香川)にとってはプラスに働きそうだ。「大幅にペラを叩かないといけないので、時間ができて助かった」。展示の気配を確認したい。

ドリーム2号艇で注目を集める地元の人気者、西山貴浩(福岡)は入念に本体を整備。「強い向かい風での順延だったけど、整備の時間ができたので自分にとっては追い風の順延かも」と、有意義な時間を過ごしていた。

SG第48回ボートレースオールスター総展望

西山貴浩、自己最多の票数に恩返し

今年で48回目の開催を迎えたオールスターも当地は初開催。“記念”すべき大会でのタイトル奪取に誰よりも燃えるのが純地元の西山貴浩(福岡)だろう。昨年末の平和島・SGグランプリ初出場、初優出などの大ブレイクがあり、3年連続5回目の出場となる今回は自己最多の2万9068票のファン投票を集め、初日ドリーム戦の2号艇をつかんだ。

峰竜太、5年連続のドリーム1号艇

言うまでもなく峰竜太(佐賀)は主演男優だ。昨年は史上初の5冠(MVP、最多獲得賞金、最多勝利、最高勝率、記者大賞)に輝く快挙。今年も3万4968票と圧倒的な支持を集め、5年連続のドリーム1号艇に君臨する。まだオールスターのタイトルに手は届いていないものの、優出数は他の各SGより多い5回というのが責任感の表れだ。19年10月に制した当地67周年の次は、最高峰のSGにターゲットを絞る。

毒島誠、ナイターキングがVに照準

ただ、ナイターにめっぽう強い毒島誠(群馬)は間違いなくV候補の1人。SGは今年3月の福岡クラシックまで62大会連続出場を誇るなど大舞台を熟知する。SG通算V7のうち実に6回もナイターで頂点に立ち、当地は18年のオーシャンCでV実績。好相性の水面だけにオールスター初制覇に期待が懸かる。

田頭実、若松を最も知る“ダークホース”

その他にも話題に尽きない役者はズラリと揃う。昨年の住之江オールスターを制した篠崎仁志(福岡)にとって地元で連覇に挑めることは大きなアドバンテージ。近況は不振にあえいだ石野貴之(大阪)は3月のクラシックで9回目のSGVを果たして完全復活を印象づけた。滋賀支部の次世代エース・丸野一樹(滋賀)も3月の当地68周年を制するなど、V戦線に絡んでも全く不思議はない。

当地のSG2優出V1、通算はV16を誇るなど若松を最も知る田頭実(福岡)や、大会初出場組の坂口周(三重)、興津藍(徳島)、佐藤翼(埼玉)の奮闘にも注目したい。

SGオールスター事前動画・コラム・ニュース

直前までのニュースや動画などをまとめてお届けします。

『西山貴浩』と『小野生奈』

本当に西山貴浩選手は才能豊かですね。これだけ周りの人を笑わせることができる人は限られた人だと思いました、頭がよくサービス精神が旺盛じゃないと出来ないことです。ボート関係の動画には常に西山貴浩選手に出てもらいたいです。

1位『峰竜太』VS2位『西山貴浩』対談リモート動画

この2人の共演する動画を楽しみにしていた人は多いと思いますが、早々にボートレース若松さんがやってくれました。再生回数も相当伸びていてこの2人の人気の高さが証明されています。

未公開映像は峰竜太選手のyoutubeチャンネルで公開

やはり今現在のボートレース界を引っ張っている2人は最高ですね!!

茅原悠紀 選手・ 佐藤 翼 選手・ 大山千広 選手のSGボートレースオールスター開幕直前スペシャルLIVE!

感想は、まあまあ面白かった。

茅原悠紀選手はべしゃりが立つ、大山千広選手は相変わらずの感じ、佐藤翼選手は最初はいい味出してくるのかと思ったけど、奥さんの土屋南が登場して興醒めした、ボートレースファンで選手のイチャツキを見たい人なんていないと思う。それを分かって無い様なら痛い。只、幸せなのはとてもいい事です。

後MCの人、予想の動画とかはかなり見てられない感じだけど、レーサーに対するMCは抜群に上手!!

日刊スポーツ・SGオールスター直前コラム

21年SG第2弾、第48回ボートレースオールスターが、25日から福岡・若松ボートで開幕する。SG直前コラムを3回連載でお送りする。第1回は注目選手の1人目、ファン投票第2位で選出されたボート界一のエンターテイナー西山貴浩(34=福岡)。デビュー水面でもある若松で、気合も相当乗ってます。

「(投票2位は)想定内です」。西山はまず、そう言って笑わせた。「中間発表が2位、それに驚きました。いやぁ、うれしいですね。感謝です。今までの行いのチリツモですかね。コロナが収束したら、トークショーしたところ全部、ギター持って回りたい気持ちです」。オールスターは3年連続5回目の出場。昨年末に平和島SGグランプリでファイナル進出、おおいに沸かせた。その活躍がファン投票の得票数に出た。昨年の7503票に対し、今年は4倍近い2万9068票を得たのだ。

若松はデビュー水面。「一番走らせてもらっているんで、思い入れがありますよ」。近況はペラを伸びる形、ピット離れがいい手前に来る形と、違うタイプのペラの調整を手の内に入れつつある。「どういう調整をするかは、その時次第です。一番いい形でいきたい」。最後に「今回のオールスターは感謝だけ。それを出せるように気合を入れていきます」。感謝弾ける活躍で、今大会を盛り上げていきます。

 

西山貴浩さんに嶋村瞳から大事なご報告があります(東スポ)

【嶋村瞳的一番星】ボートレース若松の「創刊55周年 九州スポーツ杯」は16日、開催2日目ですね。歴代ミス東スポによるSG「第48回オールスター」PRリレーコラム2日目。本日も嶋村瞳が担当します。

昨日のコラムを読んで「あれ?」と思った人も多かったんじゃないですか。西山貴浩さんの名前が全く出てこなかったですもんね。私のイチ押しの2人、西山貴浩さんと守屋美穂さんは2日目に温存しておいたんです(笑い)。

ということで、まずは守屋さん。昨年11月の若松BBCトーナメントでは1回戦、準々決勝、準決勝とすべて6号艇だったのに、全部3着で勝ち上がって決勝戦まで進みました。しかも相手はSG常連のトップレーサーの皆さん。SGでも十分、戦えるところを見せてくれました。今回も同じ若松ですし、持ち前の攻撃力を発揮してくれるでしょう。特にダッシュ戦に注目しています。

さあ、お待たせしました。いよいよトリの西山さんの登場です(笑い)。ファン投票2位です。すごいですね。昨年のグランプリ優出、地元の若松ということも票が伸びた理由でしょうけど、やっぱりファンの皆さまに愛されているんですね。

私が初めてインタビューをさせてもらったのは2019年の戸田SGクラシック。エンジンが全然、出ていなかったんですけど「カレーみたいにコトコト煮込んでいきます」と味わい深いコメントをしてくれたのが印象に残っています。それから西山さんにインタビューするのが楽しみになってしまいました。

今年も1月に江戸川GⅠ65周年で優勝。そして、前走の下関でも優勝と調子もまずまず。地元の若松SGですから水面はもちろん陸でも大暴れしてくれるでしょう。

そういえば西山さんが「嶋村さんは、まだ結婚せずに仕事をしているのか」と心配してくれているという噂を聞きました。ご安心ください。その予定はありませんので、これからも西山さんを追いかけ続けます(笑い)。

スポーツ報知・ドリーム戦ニュース

今年で48回目の開催となる「ボートレースオールスター」。若松では初開催となる。初日12Rドリーム戦の枠番はファン投票の得票順でメンバーは次の通り。

〈1〉峰  竜太(佐賀)

〈2〉西山 貴浩(福岡)

〈3〉大山 千広(福岡)

〈4〉毒島  誠(群馬)

〈5〉守屋 美穂(岡山)

〈6〉松井  繁(大阪)

地元水面で初のSGタイトル奪取に誰よりも燃えるのが西山だ。昨年12月のグランプリ(平和島)は初出場ながら、主役級の活躍を見せて2号艇で初優出(5着)。その活躍と地元の若松ということも票が伸びた理由だが、3年連続5回目の出場となる今回は自己最多の2万9068票を集め、2号艇をつかんだ。

艇界一のエンターテイナーは、以前は実力よりも人気の方が先行していたが、スタート力と地道にターン力を磨いてトップの地位まで上り詰めた。21年も幸先良く1月に江戸川65周年記念で通算2度目のG1優勝を飾ると、5月下関一般戦はワースト級のエンジンを再三の本体整備で上向かせ、イン逃げで今年2度目のV。地元の大舞台を前にフライングは絶対に切れない。しかし、スタートを行かないと勝てない。そのプレッシャーを見事に克服した。

直前のG1平和島67周年記念は低調機に手を焼き、次点で準優進出こそ逃したが、5日目は道中逆転とイン逃げで連勝。意地を見せた。「投票して下さったファンの方には感謝の言葉しかありません。SG初制覇が地元若松で達成できれば電撃引退してもいいぐらい(笑い)。燃え尽きますよ」とファンの気持ちに応えて戦い抜く。

何処の新聞社、メディアも地元という事とあってか1位の峰竜太より西山貴浩を先に取りあげている所の方が多いです。ファンとしては嬉しい限りです。

注目レーサーは『西山貴浩』

もうボートレースファンで知らない人がいないといった存在迄駆け上がった西山貴浩、今回のSGオールスターは地元開催といった事もあり相当気合が入っている模様です。

艇会ナンバーワンエンターテイナーと言われているニッシーニャこと西山貴浩選手に大注目です。

絶大な人気でファン投票2位で選出された西山貴浩選手、地元ボートレース若松での大暴れを期待しているファンは非常に多く初SGが地元のオールスターといったストーリーが実現する事を願っています。

とにかくファンへの思いが強い西山貴浩選手、オールスターといったファンの為の舞台で夢の地元のSGを勝ち取って頂きたいです。

インタビューで色々とオールスターの事を語っていますが一番刺さった言葉が

『まあ、お客さんが面白ければ何でもいいですけどね』

最高ですね、こういった事を発言できるからファンの心を掴んでいるのでしょう。今一番ボートレース界を盛り上げている男と言っても過言ではなく、そんな男に地元のお祭りのSGオールスターで良いモーターが当たる事を切に願います。

復刊した、BOATBOY(ボートボーイ)の中のインタビューでも

オールスターはファンの思いがあるから重みが違う
投票数2万9068は一生わすれない
とファンを喜ばせる素敵な言葉を残していました。とにかくファンを大事にしている西山貴浩が地元のSGオールスターで燃えないわけがないですよね。インタビュー記事でもかなり気合が伝わってきました、期待してしまいます。

初のSG制覇を狙う女子レーサー

SGオールスターの特徴として女子選手が多数出場する事があげられます。

賛否両論ありますが、人気の面でボートレース界をけん引している女子レーサーが多く出場する事は当然でしょう。

長い歴史の中で女子選手がSG制覇をした事はまだありません。実力的には厳しい部分はあるとは思いますがどの選手も初の偉業を目指して戦う事でしょう。

出場女子選手
『大山千広』『守屋美穂』『平高奈菜』『平山智加』
『小野生奈』『松本晶恵』『鎌倉涼』『竹井奈美』
以上の8選手が出場予定選手です。
必ずSGオールスターを盛り上げてくれるでしょう。

女子旋風の予感! 超抜モーターは平高奈菜と松本晶恵がゲット 

現在の若松にはスーパーエース機と呼んでもいい超抜モーターが2基ある。2節前にB2級の山田和佐(広島)が予選トップから初優出初優勝を飾った15号機。そしてその15号機とは常に節一を争う仕上がりになる38号機だ。山田の初優勝のインパクトがあまりにも強く、「このモーターを引いた選手が優勝する」と地元選手などは口にしていたが、誰もが引きたかったその15号機を見事にゲットしたのは平高奈菜【冒頭の写真】。そして38号機の方は松本晶恵【写真下】と、優勝候補の超抜モーター2基は軽量の利もある女子レーサー2人の手に渡った。気の早い話だし、あまり過度に期待してもいけないと思うが、ボートレースファンの悲願でもある女子レーサーのSG戦初優勝。この夢が今大会で現実のものとなる可能性が出てきた。

エース機の2個を平高奈菜選手と松本晶恵選手が見事に引き当てました。
もしかしたら歴史が変わる瞬間が見れるかもしれません。

初日ドリーム戦

ファン投票で選ばれた上位6選手が初日12Rドリーム戦を戦います。見て納得の人気選手達ですね。今現在のボートレース界をけん引しているといっても過言ではない6選手です。素晴らしいレースを期待します。

1号艇『峰竜太』

4320峰 竜 太
佐賀支部36歳
全国勝率:8.90
全国2連率:72.20
得票数:34968票

2号艇『西山貴浩』

4371西 山 貴 浩
福岡支部33歳
全国勝率:7.79
全国2連率:54.20
得票数:29068票

3号艇『大山千広』

4885大 山 千 広
福岡支部25歳
全国勝率:6.69
全国2連率:43.90
得票数:26693票

西山貴浩を楽しみにしている大山千広↑↑

4号艇『毒島誠』

4238毒 島 誠
群馬支部37歳
全国勝率:7.49
全国2連率:53.00
得票数:20256票

5号艇『守屋美穂』

4482守 屋 美 穂
岡山支部32歳
全国勝率:7.27
全国2連率:57.70
得票数:13802票

6号艇『松井繁』

3415松 井 繁
大阪支部51歳
全国勝率:7.64
全国2連率:51.80
得票数:13288票

明日からボートレースファンの人気投票で選ばれたレーサーが集結するSGボートレースオールスターが開幕。人気だけでなく実力も兼ね備えたレーサーがファンの期待に応えるべく繰り広げる熱いレース展開に注目だ。
そんな中、明日のドリーム戦(12R)の注目レーサーを予想。まだ、ボートレースを始めたばかりの皆さんもご参考下さい。それではさっそく見ていこう。

<5月25日 12Rドリーム戦>
(1)峰竜太(佐賀)◎
(2)西山貴浩(福岡)○
(3)大山千広(福岡)○
(4)毒島誠(群馬)△
(5)守屋美穂(岡山)○
(6)松井繁(大阪)△
◎絶好調 ○好調 △普通 ×不調

初日ドリーム戦で1号艇にすわるのは人気・実力ともにトップクラス、YouTubeでも活躍中の峰竜太(上の写真)だ。今回はフライング休み※明け2戦目となるが、この男に関してはそうしたブランク的なことはまったく気にする必要はないだろう。事実、休み明け初戦となった住之江では、成績が芳しくないモーターを引きながらもきっちりと仕上げ切って優勝。一般戦とはいえ、フライング休みが峰の勢いを止めるものにはならないのだと証明したかたちだ。ドリーム戦も逃げ切り態勢※を築き上げるだろうし、間違いなく優勝候補最右翼と言える。

2号艇は実力と並んで面白さもトップクラスの西山貴浩(上の写真)。若松は純地元の慣れ親しんだ水面で、このオールスターで最も気合をこめて臨む一人だろう。直前のG1競走で予選落ちしているのは気になるが、その前に出走した下関のレースでは優勝しており、調子自体に問題はない。なにより、誰よりも思い入れのある若松SGなだけに、さまざまな困難があったとしても強い気持ちでカバーするはずだ。

人気はもちろんだが、男子選手にも負けない実力派のレディースにも注目。ドリーム戦に登場する大山千広、守屋美穂も最近はなかなかの好調だ。大山(上の写真)は一時期、成績を大きく落としていたが、今年に入って完全復調モードに。A2級陥落も心配されていたものだが、しっかりとA1級キープに成功している。このところ順調に予選突破を続けており、男女混合戦で優勝戦に駒を進めてもいる。調子自体に不安はなく、あとはSGクラスにどこまで食らいつけるかが焦点になる。

守屋(上の写真)は、直前の地元水面・児島で優勝。この勢いはSGに出場するにあたって、見逃せないところだ。ドリーム戦は外枠からの出走だが、昨年12月に若松で行われたBBCトーナメント競走では強豪相手にオール6号艇で登場し優勝戦まで進んでいる。気負わず走れば上位進出もありうるし、シリーズを通して健闘の可能性はおおいにあるだろう。
実力者の毒島誠、松井繁については、調子は△としているが、決して不調というわけではない。毒島も松井も、直前に出場したG1競走では予選突破しており、上位モーターを引き当てれば活躍は必至だ。気になる点があるとしたら、毒島は4月のG1で予選落ちを連発、松井は2月以降優勝戦進出がないこと。ここでリズムを変えられるかがカギとなる。

ドリーム戦前検情報

明日の艇番が決まっているドリーム組の特訓だけ、別枠扱いでお伝えします。

第1班(ドリーム組)①峰②西山③大山④毒島⑤守屋⑥松井
一本目…123/456
二本目…4562/13
三本目…16・234/5

3本ともにいちばんよく見えたのが③大山千広。特に2・3本目のたっぷり助走をとったときのスリット足がゴキゲンで、他艇を1/3艇身ほど出し抜く勢いだった。続いて⑤守屋美穂の行き足~伸びもいい感じ。出足~行き足の加速感がスムーズだった①峰竜太とともに班での次点候補。次は⑥松井繁で可もなく不可もなし。スリット近辺でやや劣勢だったのが④毒島誠で、ワースト級の厳しいムードだったのが②西山貴浩だ。このままでは苦戦必至の西山は、整備士さんと相談しつつ初手から大きな整備に踏みきる可能性もある。直前情報と足色の変化に注目したい。あえてランク付けをするなら、千広だけがAランク。

史上初となる5年連続ファン投票1位の峰竜太【写真すぐ上】が1号艇で登場。最初にファン投票1位になった2017年の福岡大会では桐生順平のまくりに沈んで敗れたが、2018年の尼崎大会からはドリーム戦を3連勝中。「特訓でも少し余裕がある感じだった」と上昇機を手にして好感触を得ており、4年連続ドリーム戦制覇の可能性は高いかも。

これがSG戦で初めてのドリーム戦となる地元の西山貴浩は、またしても抽選運に恵まれず前検から下がり気味。まだ1度も着用していないという、グランプリカッパを着てドリーム戦を走る予定だが、レースまで1日中、整備に追われそうな雰囲気だった。毒島誠も同じく弱めで、こちらも本体整備を匂わせていたほど。松井繁は前検こそ目立たなかったが、手にした8号機はベスト5に入るほどの上位機で楽しみがある。

女子の大山千広と守屋美穂は前検特訓でも強めの気配。好モーターを手にした平高奈菜、松本晶恵、さらに前検では平高とほぼ互角の気配だった小野生奈もいて、今節は女子旋風が吹き荒れるSG戦になるかもしれない。

出場選手

ファン投票で選ばれた選手と推薦で選ばれた計52選手で行われます。

ボートレース若松

舟券の基本はインも、当日の風と潮回りは必ずチェック!

5月の若松は通常よりもインが強くなる
若松もインが強い傾向になってきた。最近1年間の全国24場のイン1着率(20年4月〜21年3月)は56.0%だったが、若松(20年4月〜21年4月2日)は58.4%と全国平均よりも高い。さらに、インコースの3連率は全国81.75%に対し、若松84.08%と高く、舟券作戦の基本はイン中心になることに変わりはない。

ホーム向い風が多かった冬場に比べると、春から夏にかけてホーム追い風が増えてくる。初開催となるSGオールスターの時期は5月だが、過去3年のイン1着率と5月だけに絞った1着率を比較してみると、18年56.8%/同5月59.2%、19年54.7%/同5月58.0%、20年58.1%/同5月58.7%で、5月は年間平均よりもやや高い。実力者揃いのSGとなると、イン水域が強くなる傾向はさらに顕著になることは想像に難くない。

追い風は差し、向い風は捲りの2、3着で

舟券作戦のポイントは風向きと潮回りだ。ホームの風向きにかかわらず、5m以下ならば、イン有利な流れに変わりはない。ホーム追い風が強いときは、握って攻めると流れたり、ターンが膨らむ可能性は高く、2コースや4コースからの差しが2着争いに絡みやすい。逆に、向い風のときは握って回る3コースや捲り差しの5コースに連対の可能性が高くなる。

5m以上の風で流れが変わる

5mを超える強風になれば、少し流れも変わってくる。追い風が5m以上なら、インのターンも状況によっては流れることもあり、2コースの差しが届くケースも出てくる。向い風が5m以上なら、ダッシュ(特にカド4コース)勢に舟足の良い選手がいれば、好配当が出やすくなる。

特に、追い風+追い潮(干潮→満潮)、向い風+引き潮(満潮→干潮)と重なれば、レースが荒れる要素も加わるので、当日の風と潮回りは必ずチェックしよう。

スローが深くなれば、ダッシュに出番あり
さらに、オールスターは西島義則、田頭実、深川真二と積極的に内寄りに動く選手がレースを盛り上げてくれる。スローが深くなれば、ダッシュに出番が多くなり、おのずと高配当が出やすくなる。特に、実質勝負駆けになる予選3日目や、最終日に強い向い風が重なれば、ダッシュ勢が高配当の使者になってくれそうだ。

所在地〒808-0075
福岡県北九州市若松区赤岩町13-1
電話番号093-791-3400
交通・アクセス・無料バス(ボートレース若松行)
小倉駅バスセンター8・戸畑駅・黒崎バスセンター5などから運行
・JR筑豊線奥洞海駅下車徒歩4分
・小倉駅からタクシーで約25分(都市高速利用)
・黒崎駅からタクシーで約15分
・戸畑駅からタクシーで約15分
WEBサイトhttp://www.wmb.jp/
スマートフォンサイトhttp://www.wmb.jp/sp/
モバイルサイトhttp://www.wmb.jp/m/

ボートレース若松⦅注目モーター⦆

西山貴浩のモーター評

「若松のエースは15号機と38号機の2つ。特に15号機は近年まれに見るすごさですよ。温水パイプがついても外れても関係ないですからね。出過ぎて足合わせにならんのよ」と“お化けモーター”を大絶賛。

「最近ずっと抽選が良くないから、運がたまっているかもしれん。あ~、引きたいな」と手を合わせて祈りながらも、「まあ、お客さんが面白ければ何でもいいですけどね」

抽選結果・注目モーター
★★★★38号機(47%)S=松本晶恵
★★★★15号機(41%)S=平高奈菜
★★35号機(40%)A+=守田俊介
★★14号機(41%)A+=菊地孝平
★★9号機(30%)A+=大山千広
★★20号機(36%)A+=上田龍星
★33号機(48%)A=寺田 祥
★44号機(39%)A=永井彪也
★32号機(35%)A=篠崎仁志
★11号機(38%)A=興津 藍

若松が誇る「四天王」『13』『38』『59』『15』を狙え!

エース4基と2番手グループのパワー差は大!
現行モーターはオールスターで昨年11月の初使用から7ヵ月、23節目なので相場は当然固まっている。エース機は1基ではなく4基あり、いずれ劣らぬ好パワーで「四天王」と呼ぶにふさわしい状況になっている。

13は3月のGⅠ68周年で丸野一樹が優勝。38は周年で馬場貴也が優出、昨年12月のPGⅠBBCトーナメントでは吉川元浩の準優勝もあった。59はBBCTで峰竜太が苦戦したが、その後の中間整備で激変。15も2月の中間整備で激変し、佐竹恒彦に5年半ぶりの優勝をプレゼント。周年では西村拓也が優出している。

この4基は2番手グループとはかなりの差があるうえ、乗り手も選ばない。オールスターは「四天王」から優勝が出る可能性が高いと言える。

1、4、8、21、22、23、35が2番手グループ。逆に2連率トップの33は乗り手に恵まれているだけのモーターで、周年でも毒島誠が手こずったほど。素性はとても上位評価にはできない。

頻繁な中間整備で“数字=評価”にはならず
注意したいのは、若松は中間整備を頻繁(毎節2〜5基)に行い、激変することが多いことだ。2連率と実際の評価がかけ離れているモーターが多いうえ、いきなりエース級に化けるモーターが出現する。周年でも直前に中間整備が入った4がいきなり別物になり、中田竜太が準優勝なんてこともあったばかり。

なお、プロペラ調整に地元勢の優位性は見られない。本来なら有利なはずの地元勢を含め、若松は何よりも“抽選運”が明暗を分けるレース場でもある。

S級(抜群候補)

★平高奈菜15号機

急上昇の注目モーター15号機、やっぱ文句なしに良かった! 足合わせでは鎌倉涼を出し抜き、スタート特訓はスロー3コースでもダッシュ6コースでもスリットから迫力満点に出て行く。このあたりの加速感は間違いなくトップ級で、全速なら同体からでも突き抜けるかも知れない。男女混合戦で連続Vを遂げる女傑が、この超抜機とともにどこまで暴れるか。楽しみは尽きない。

A級(上位候補)

★上田龍星20号機

これも評判の一機だが、やはりタダ者ではなさそうだ。ダッシュの5コース(班の最アウト)から2本行って、どっちもスリットからゴキゲンに出て行く。のみならず、深めの2コース・スロー起こしでも行き足の反応が良くてスリットからシュッと出て行く機敏さまで見せた。ややパンチ力で平高15号機に劣る気もしたが、Sでも不思議じゃない好パワーだと思う。

★石野貴之56号機

機歴的にまったく平凡な56号機なのだが、まったく馬鹿にできないムードだ。足合わせでは評判高い菊地孝平14号機にターン出口~スリット裏あたりまで優勢な足色。特訓も早起こし気味ではあったが、ダッシュからのスリット足はかなりの迫力を感じた。ただ、スローからの起こしはやや重かったので、4カド想定あたりのダッシュ戦で狙ってみたい。

★守田俊介35号機

三島敬一郎の3番手評価・35号機はしっかりいい感じ。俊介だけに突き抜けるようなパンチ力は皆無も、出足~行き足が軽快でスリット付近からじんわり出て行く迫力があった。長年、俊介の特訓を見てきた私的には、高いレベルで及第点を授けたい。狙いは3コースあたりのツケマイ戦法か。

★西島義則20号機

機歴は30%のワースト級も、起こしからの出足→行き足の雰囲気は30%とは思えなかった。この部分の足があればどの枠からでも勝負になる選手だからして、外枠で人気の盲点になるときに思いきって狙ってみたい。中間整備でギヤケース交換(こちらはキャリアボデーも)した効果があったのかも?

★松本晶恵56号機

昨年のBBCトーナメントから注目し、三島もトップ評価の56号機。それでハードルを上げ過ぎたのかも知れないが、「全体的に良いには良いけれど」という感じで私の期待したパフォーマンスには届かなかった。全部の足がちょこっとずつ強めな感じ。明日の実戦では、そんな私の評価を吹き飛ばすようなパワーを見せてもらいたい。

他では寺田祥、太田和美、興津藍、茅原悠紀、丸野一樹の足色もなかなか強めに見えました。前検タイムです。

前検時計TOP10
①瓜生正義 6.71
②平高奈菜 6.73
③守屋美穂 6.74
上田龍星
⑤篠崎仁志 6.75
竹井奈美
丸野一樹
大山千広
⑨松井 繁 6.76
徳増秀樹
菊地孝平

おっと、選手班長の瓜生が断トツ!? いやぁ、正直言うと、この班は三島3位の俊介ばかりに視線が集中し、瓜生の足色は見逃してしまった気がします。悪しからず!! それに続く平高、守屋、龍星は想定通りとお伝えしておきます。

前検ワースト5
①山崎智也 6.90
②寺田 祥 6.88
③守田俊介 6.86
新田雄史
西山貴浩

はい、ワーストの智也は確かにまったく目立たなかったけど、上から4人はこのランキングの常連。この数字を見て極端に悲観する必要はないと思いますよ。ただひとり、ドリーム組でズッていたニッシーニャだけがとりわけ気がかりではあります!

SGオールスター歴代優勝者

選手名
1997年常滑植木   通彦
1998年桐生山崎   智也
1999年蒲郡濱村   芳宏
2000年蒲郡熊谷   直樹
2001年浜名湖松井    繁
2002年尼崎西島   義則
2003年平和島平石   和男
2004年尼崎上瀧   和則
2005年常滑植木   通彦
2006年戸田山崎   智也
2007年住之江瓜生   正義
2008年平和島井口   佳典
2009年福岡瓜生   正義
2010年浜名湖岡崎   恭裕
2011年尼崎池田   浩二
2012年浜名湖井口   佳典
2013年福岡新田   雄史
2014年福岡菊地   孝平
2015年大村山崎   智也
2016年尼崎平本   真之
2017年福岡石野   貴之
2018年尼崎中島   孝平
2019年福岡吉川   元浩
2020年住之江篠崎   仁志
【無料情報・特典アリ】競艇サイトランキングTOP3