手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
ボートレース【SG】スペシャルグレードレースを徹底解説

【SG】とはスペシャルグレードレースの略になります。

G1よりも格上のレースになります。年間9回しか開催がありません。選ばれた選手しか出場できませんので。よりレベルの高い大会になっております。その為に賞金なども通常のレースとはけた違いに違いますので。出場条件や賞金などを開催ごとにまとめていきたいと思います。

SGレース開催月
ボートレースクラシック
【鳳凰賞】
3月
ボートレースオールスター
【日本モーターボート競争会会長杯争奪笠川賞競争】
5月
グランドチャンピオン
【グランドチャンピオン決定戦競争】
6月
オーシャンカップ
【「海の日」記念オーシャンカップ競争】
7月
ボートレースメモリアル
【総務大臣杯争奪モーターボート記念競争】
8月
ボートレースダービー
【国土交通大臣旗争奪全日本選手権競争】
10月
チャレンジカップ
【チャレンジカップ競争】
11月
グランプリシリーズ
【賞金王シリーズ戦】
12月
グランプリ
【賞金王決定戦】
12月

以上が年間9回行われるSGの開催日程になります。年によって開催会場や賞金は変わりますので、注意が必要になります。

レース別に解説していきます。

過去のSG動画


ボートレースクラシック

出場条件
・前年度当該競争の優勝者※優先出場者
・当該年度のSGグランプリ(賞金王決定戦)優勝戦出場者※優先出場者
・前年1月1日~12月31日の期間、SG・プレミアG1・G1・G2競走を除いた優勝回数上位者
※G2レディースチャレンジカップ及びG2レディースオールスターを含む
・前年1月1日~12月31日の期間、SG・プレミアG1・G1・G2競走の優勝者
※G2レディースチャレンジカップ及びG2レディースオールスターを除く
※地区選手権競走は該当年度
前年の優勝者、前年のグランプリ優勝戦出場者、前年のSG、プレミアムG1、G1、G2の優勝者、優勝回数上位のレーサーが出場する。
基本的に前年度のSG・G1・G2で活躍した選手しか出場する事が出来ません。

優勝賞金

35,000,000円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1998年丸亀第33回総理大臣杯競走西島   義則
1999年児島第34回総理大臣杯競走今垣  光太郎
2000年浜名湖第35回 総理大臣杯競走矢後    剛
2001年尼崎第36回総理大臣杯競走烏野   賢太
2002年平和島SG第37回総理大臣杯競走野澤   大二
2003年戸田第38回総理大臣杯西村    勝
2004年福岡SG 第39回総理大臣杯今村    豊
2005年多摩川SG第40回総理大臣杯笠原    亮
2006年平和島SG第41回総理大臣杯中澤   和志
2007年平和島SG第42回総理大臣杯濱野谷  憲吾
2008年児島SG 第43回総理大臣杯競走松井    繁
2009年多摩川SG第44回総理大臣杯競走池田   浩二
2010年平和島SG第45回総理大臣杯山口    剛
2012年戸田SG第47回総理大臣杯馬袋   義則
2013年平和島SG第48回総理大臣杯池田   浩二
2014年尼崎第49回ボートレースクラシック松井    繁
2015年尼崎第50回ボートレースクラシック桐生   順平
2016年平和島第51回ボートレースクラシック坪井   康晴
2017年児島第52回ボートレースクラシック桐生   順平
2018年浜名湖第53回ボートレースクラシック井口   佳典
2019年戸田第54回ボートレースクラシック吉川   元浩
2020年平和島第55回ボートレースクラシック吉川   元浩

追記

ボートレースオールスター

出場条件
・前期A1選手を対象としたファン投票上位者
・前年のボートレースオールスター優勝者
・前年のグランプリ優勝戦出場者(6名)
・ボートレースクラシック優勝者
・その他 選考委員会選出の選手(3名)
優先出場者を除いては、全てファン投票で選出されます。ファンあってのボートレースですから、当然と言えば当然です。
女子選手が一番多く出場するSGでもあります。

優勝賞金

35,000,000円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1997年常滑第24回 笹川賞競走植木   通彦
1998年桐生第25回笹川賞競走山崎   智也
1999年蒲郡第26回笹川賞競走濱村   芳宏
2000年蒲郡第27回笹川賞競走熊谷   直樹
2001年浜名湖SG第28回笹川賞競走松井    繁
2002年尼崎第29回笹川賞競走西島   義則
2003年平和島SG第30回笹川賞平石   和男
2004年尼崎第31回笹川賞上瀧   和則
2005年常滑第32回 笹川賞植木   通彦
2006年戸田SG第33回笹川賞山崎   智也
2007年住之江SG第34回笹川賞競走瓜生   正義
2008年平和島SG第35回笹川賞井口   佳典
2009年福岡第36回笹川賞競走瓜生   正義
2010年浜名湖SG第37回笹川賞岡崎   恭裕
2011年尼崎東日本大震災 被災地支援競走 SG第38回笹川賞池田   浩二
2012年浜名湖SG第39回笹川賞競走井口   佳典
2013年福岡第40回笹川賞競走新田   雄史
2014年福岡SG第41回ボートレースオールスター(笹川賞)菊地   孝平
2015年大村第42回ボートレースオールスター山崎   智也
2016年尼崎第43回ボートレースオールスター平本   真之
2017年福岡第44回ボートレースオールスター石野   貴之
2018年尼崎第45回ボートレースオールスター中島   孝平
2019年福岡第46回ボートレースオールスター吉川   元浩
2020年住之江第47回ボートレースオールスター篠崎   仁志

追記

グランドチャンピオン

出場条件
・前年度当該競走の優勝者。(※優先出場者)
・前年1月~12月のSG・プレミアムGI・GI・GII競走の優勝者。(※優先出場者)
・当年の各地区選手権優勝者6名。
※レディースチャレンジカップ及びレディースオールスターを除く
・前年1月~12月のSG・プレミアムGI・GI・GII競走を除いた優勝回数上位者。
※レディースチャレンジカップは「GIII・一般」として選出基準に反映
優勝回数が同一の者が2名以上の場合には、勝率が上位の者から選出する。
勝率が同率の場合は、着順点合計が上位の者から選出する。
・級別、出走回数、事故率は問わない。
SGの成績から出場する選手が選出される為に、初出場という事はあり得ません。SG常連のスター選手の激戦が繰り広げられます。

優勝賞金

33,000,000円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1997年尼崎第7回グランドチャンピオン決定戦競走市川   哲也
1998年宮島第8回グランドチャンピオン決定戦競走上瀧   和則
1999年唐津第9回 グランドチャンピオン決定戦競走大嶋   一也
2000年下関SG第10回グランドチャンピオン決定戦競走西島   義則
2001年唐津第11回 グランドチャンピオン決定戦競走植木   通彦
2002年宮島SG 第12回グランドチャンピオン決定戦競走今垣  光太郎
2003年丸亀SG第13回グランドチャンピオン決定戦池田   浩二
2004年浜名湖第14回 グランドチャンピオン決定戦原田   幸哉
2005年下関SG第15回グランドチャンピオン決定戦競走山本   浩次
2006年浜名湖SG第16回 グランドチャンピオン決定戦競走坪井   康晴
2007年戸田SG第17回グランドチャンピオン決定戦湯川   浩司
2008年芦屋SG第18回グランドチャンピオン決定戦湯川   浩司
2009年戸田SG第19回グランドチャンピオン決定戦今垣  光太郎
2010年大村SG第20回グランドチャンピオン決定戦湯川   浩司
2011年児島東日本大震災被災地支援競走 SG第21回GC決定戦瓜生   正義
2012年芦屋SG第22回グランドチャンピオン決定戦太田   和美
2013年常滑SG第23回グランドチャンピオン決定戦太田   和美
2014年浜名湖SG第24回グランドチャンピオン菊地   孝平
2015年宮島第25回グランドチャンピオン山崎   智也
2016年蒲郡第26回グランドチャンピオン山崎   智也
2017年鳴門第27回グランドチャンピオン石野   貴之
2018年徳山第28回グランドチャンピオン白井   英治
2019年多摩川第29回グランドチャンピオン柳沢    一

追記

オーシャンカップ

出場条件
・前年度のボートレースオーシャンカップ優勝者
・前年度のボートレースグランプリ出場者(6名)
・同年のボートレースグランドチャンピオン優勝者・前年度の5月〜当年4月までのG1・G2優勝戦の着順点上位者

オーシャンカップはG1・G2での優勝戦出場者の中から着順点の良い選手が出場できます。開催までの約1年間のグレードレースの成績が大きく左右します。

優勝賞金

33,000,000円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1997年平和島〔海の日〕記念 第2回オーシャンカップ競走熊谷   直樹
1998年三国第3回オーシャンカップ競走松井    繁
1999年若松第4回オーシャンカップ競走田頭    実
2000年宮島第5回オーシャンカップ競走西島   義則
2001年尼崎SG第6回オーシャンカップ競走石田   政吾
2002年若松第7回オーシャンカップ競走植木   通彦
2003年蒲郡第8回 SGオーシャンカップ辻    栄蔵
2004年若松SG 第9回オーシャンカップ競走田村   隆信
2005年桐生SG第10回オーシャンカップ競走江口   晃生
2006年若松SG第11回オーシャンカップ松井    繁
2007年桐生オーシャンカップ競走魚谷   智之
2008年蒲郡SG第13回オーシャンカップ松井    繁
2009年若松SG第14回オーシャンカップ菊地   孝平
2010年丸亀SG第15回オーシャンカップ競走石野   貴之
2011年蒲郡SG第16回オーシャンカップ佐々木  康幸
2012年尼崎SG 第17回オーシャンカップ井口   佳典
2013年若松SG第18回オーシャンカップ松井    繁
2014年丸亀SG第19回オーシャンカップ吉田   拡郎
2015年三国第20回オーシャンカップ石野   貴之
2016年鳴門第21回オーシャンカップ石野   貴之
2017年丸亀第22回オーシャンカップ峰    竜太
2018年若松第23回オーシャンカップ毒島    誠
2019年常滑第24回オーシャンカップ瓜生   正義

追記

ボートレースメモリアル

出場条件
・前年度当該競走の優勝者。(※優先出場者)
・前年のSGグランプリ優勝戦出場者。(※優先出場者)
・直前のSG競走である当年のSGオーシャンカップ優勝者。
・前年6月1日~当年5月31日までの競走において、出場回数が160回以上。
・開催場を除くボートレース23場の推薦出場者。原則として各場からの推薦選手は2名とする。
なお、優先出場者と推薦出場者が重複した場合は、各場の推薦選手とする。
※SGグランプリ優勝戦出場者は推薦出場者となります。
・開催施行者希望出場者
全国24場の施工者の推薦によって出場者が決まります。条件がありますが、基本的には地元の施工者からの推薦がないと出場できません。

優勝賞金

35,000,000円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1997年若松第43回モーターボート記念競走安岐   真人
1998年多摩川第44回モーターボート記念競走長岡   茂一
1999年児島第45回モーターボート記念競走山本   浩次
2000年若松第46回モーターボート記念競走西島   義則
2001年多摩川第47回モーターボート記念競走市川   哲也
2002年蒲郡SG第48回モーターボート記念競走今垣  光太郎
2003年唐津SG 第49回総務大臣杯争奪モーターボート記念田中  信一郎
2004年蒲郡SG第50回モーターボート記念競走今垣  光太郎
2005年若松SG第51回モーターボート記念菊地   孝平
2006年桐生第52回モーターボート記念競走中村   有裕
2007年蒲郡SG第53回モーターボート記念魚谷   智之
2008年若松SG第54回モーターボート記念今垣  光太郎
2009年丸亀SG第55回モーターボート記念競走池田   浩二
2010年蒲郡SG第56回モーターボート記念今村    豊
2011年福岡第57回モーターボート記念競走瓜生   正義
2012年桐生SG第58回モーターボート記念瓜生   正義
2013年丸亀SG第59回モーターボート記念競走毒島    誠
2014年若松第60回ボートレースメモリアル(MB記念)白井   英治
2015年蒲郡第61回ボートレースメモリアル篠崎   元志
2016年桐生第62回ボートレースメモリアル菊地   孝平
2017年若松第63回ボートレースメモリアル寺田    祥
2018年丸亀第64回ボートレースメモリアル毒島    誠
2019年大村第65回ボートレースメモリアル毒島    誠

追記

ボートレースダービー

出場条件
・前年度のボートレースダービー優勝者
・前年度のボートレースグランプリ優勝戦出場者(6名)
・同年に開催されたボートレースメモリアル優勝者
・選考期間内の勝率上位選手
※必開催年の後期A級であり、160走以上出走している選手のみ
※勝率が並んだ場合は、着順点の上位者から順に選出
非常に分かり易く、優先出場者以外は、先行期間内の勝率の高い選手から出場できます。単純にレースのグレードなどは関係なく勝率上位者から権利を与えられます。レースの大小関わらず、常に結果を残してきた選手に出場権が与えられるレースです。
勝率ですので女子選手の出場も通常より多くなります

優勝賞金

39,000,000円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1997年唐津第44回全日本選手権競走山崎   智也
1998年福岡第45回全日本選手権競走濱野谷  憲吾
1999年戸田第46回 全日本選手権競走山室   展弘
2000年戸田SG第47回 全日本選手権競走池上   裕次
2001年常滑SG 第48回 全日本選手権競走滝沢   芳行
2002年平和島SG第49回全日本選手権競走原田   幸哉
2003年戸田第50回全日本選手権競走山崎   智也
2004年福岡SG第51回全日本選手権田頭    実
2005年SG 第52回全日本選手権競走太田   和美
2006年福岡SG第53回全日本選手権魚谷   智之
2007年平和島SG第54回全日本選手権高橋    勲
2008年丸亀SG第55回全日本選手権競走丸岡   正典
2009年尼崎SG 第56回全日本選手権松井    繁
2010年桐生SG第57回全日本選手権瓜生   正義
2011年平和島SG第58回全日本選手権池田   浩二
2012年福岡第59回全日本選手権競走丸岡   正典
2013年平和島SG第60回全日本選手権瓜生   正義
2014年常滑SG第61回ボートレースダービー(全日本選手権)仲口   博崇
2015年浜名湖第62回ボートレースダービー守田   俊介
2016年福岡第63回ボートレースダービー瓜生   正義
2017年平和島第64回ボートレースダービー深川   真二
2018年蒲郡第65回ボートレースダービー守田   俊介
2019年児島第66回ボートレースダービー毒島    誠

追記

チャレンジカップ

出場条件
・当年1月1日から10月31日までの獲得賞金ランキング上位34名。
優先出場権は設けられていません。
(ただし、褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手は要件を満たしていても除外されます)
年末のグランプリレースへのチャレンジという意味合いが強いのだと思いますが、単純に先行期間内の賞金上位34名が選出されます。年末のグランプリ18名へ生き残る戦いが繰り広げられます。グランプリへのトライアウトです。
平成10年に新設された一番新しいSG競走。
グランプリ出場へ最後の勝負となる熱い戦いが繰り広げられます。

優勝賞金

33,000,000円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1998年平和島SG第1回競艇王チャレンジカップ競走江口   晃生
1999年平和島SG第2回競艇王チャレンジカップ競走今垣  光太郎
2000年住之江第3回競艇王チャレンジカップ競走濱野谷  憲吾
2001年児島第4回競艇王チャレンジカップ競走西島   義則
2002年SG 第5回競艇王チャレンジカップ植木   通彦
2003年びわこSG 第6回競艇王チャレンジカップ烏野   賢太
2004年児島第7回競艇王チャレンジカップ田村   隆信
2005年芦屋SG第8回競艇王チャレンジカップ上瀧   和則
2006年丸亀第9回SG競艇王チャレンジカップ競走三嶌   誠司
2007年浜名湖SG第10回競艇王チャレンジカップ湯川   浩司
2008年浜名湖SG第11回競艇王チャレンジカップ坪井   康晴
2009年常滑第12回SG競艇王チャレンジカップ原田   幸哉
2010年唐津SG第13回チャレンジカップ今垣  光太郎
2011年大村SG 第14回 チャレンジカップ競走田村   隆信
2012年児島SG第15回チャレンジカップ平尾   崇典
2013年SG 第16回チャレンジカップ競走森高   一真
2014年下関第17回チャレンジカップ/G2レディースCC太田   和美
2015年芦屋第18回チャレンジカップ/G2レディースCC笠原    亮
2016年大村第19回チャレンジカップ/G2レディースCC石野   貴之
2017年下関第20回チャレンジカップ/G2レディースCC毒島    誠
2018年芦屋第21回チャレンジカップ/G2レディースCC馬場   貴也
2019年桐生第22回チャレンジカップ/G2レディースCC石野   貴之

追記

グランプリシリーズ

出場条件
・1/1〜SGチャレンジカップ最終日までの獲得賞金ランキング19位〜60位の選手
惜しくも、グランプリへの出場を逃してしまった、先行期間内の賞金ランキング19位~60位の選手が出場権を得る事が出来ます。グランプリに出れなくも、その年の獲得賞金上位のスター選手たちがしのぎを削り優勝を狙って戦います。

優勝賞金

170,000,00円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1997年住之江第12回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦小畑   実成
1998年住之江第13回賞金王決定戦 – シリーズ戦中道   善博
1999年住之江第14回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦長岡   茂一
2000年平和島SG第15回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦吉田   隆義
2001年住之江第16回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦濱野谷  憲吾
2002年住之江第17回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦太田   和美
2003年住之江SG 第18回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦市川   哲也
2004年住之江SG第19回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦太田   和美
2005年住之江SG第20回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦池田   浩二
2006年住之江SG 第21回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦赤岩   善生
2007年福岡第22回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦山崎   智也
2008年住之江SG第23回賞金王決定戦 – シリーズ戦田中  信一郎
2009年住之江SG第24回賞金王決定戦 – シリーズ戦井口   佳典
2010年住之江SG第25回賞金王決定戦 – シリーズ戦山崎   智也
2011年住之江SG第26回賞金王決定戦 – シリーズ戦勝野   竜司
2012年住之江SG第27回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦篠崎   元志
2013年住之江SG第28回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦前本   泰和
2014年平和島第29回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦平本   真之
2015年住之江第30回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦長田   頼宗
2016年住之江第31回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦今垣  光太郎
2017年住之江第32回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦新田   雄史
2018年住之江第33回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦平尾   崇典
2019年住之江第34回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦馬場   貴也

追記

グランプリ

出場条件
・成績対象期間内(1月1日から11月30日まで)における獲得賞金ランキング上位18名を全登録選手から選抜し選出。
先行期間内の賞金ランキング上位18名に出場権があります。1年の締めくくりのレースで、賞金王を決めるレースになります。
毎年、賞金王を掛けた熱いレースが繰り広げられます。

優勝賞金

100,000,000円

歴代優勝者

開催年レース場開催名選手名
1997年住之江第12回賞金王決定戦競走 – 決定戦服部   幸男
1998年住之江第13回賞金王決定戦 – 決定戦太田   和美
1999年住之江第14回賞金王決定戦競走 – 決定戦松井    繁
2000年平和島SG第15回賞金王決定戦競走 – 決定戦市川   哲也
2001年住之江第16回賞金王決定戦競走 – 決定戦田中  信一郎
2002年住之江第17回賞金王決定戦競走 – 決定戦植木   通彦
2003年住之江SG 第18回賞金王決定戦競走 – 決定戦田中  信一郎
2004年住之江SG第19回賞金王決定戦競走 – 決定戦田中  信一郎
2005年住之江SG第20回賞金王決定戦競走 – 決定戦辻    栄蔵
2006年住之江SG 第21回賞金王決定戦競走 – 決定戦松井    繁
2007年福岡第22回賞金王決定戦競走 – 決定戦吉川   元浩
2008年住之江SG第23回賞金王決定戦 – 決定戦井口   佳典
2009年住之江SG第24回賞金王決定戦 – 決定戦松井    繁
2010年住之江SG第25回賞金王決定戦 – 決定戦中島   孝平
2011年住之江SG第26回賞金王決定戦 – 決定戦池田   浩二
2012年住之江SG第27回賞金王決定戦競走 – 決定戦山崎   智也
2013年住之江SG第28回賞金王決定戦競走 – 決定戦池田   浩二
2014年平和島第29回グランプリ/グランプリS – 決定戦茅原   悠紀
2015年住之江第30回グランプリ/グランプリS – 決定戦山崎   智也
2016年住之江第31回グランプリ/グランプリS – 決定戦瓜生   正義
2017年住之江第32回グランプリ/グランプリS – 決定戦桐生   順平
2018年住之江第33回グランプリ/グランプリS – 決定戦峰    竜太
2019年住之江第34回グランプリ/グランプリS – 決定戦石野   貴之

追記

まとめ

『投資競艇.net』

胡散臭い、個人予想家が多いですね、皆さん気をつけて下さい。中にはネカマ野郎もいるみたいなんで気持ち悪いですね。アイコンを可愛い若い女子にして引き付けて中身はきっとおっさんでしょう。

投資競艇.net

信頼できる個人予想家というかレース毎できちんと、購買しているサイトになります。月額とかそういった事では無いので安心してご利用できます。値段も法人の予想サイトなどと違って本当に低額ですので、予想の参考に使ってみるのも良いでしょう。

販売はnoteとレジまぐでも行っていますのが、ホームページから直接購入出来ます。わざわざnoteに登録する必要はございません。
これも安心要素の一つにおなります。
絶対余計なお金が掛かる心配がありません。自分の好きなレースだけ購入できるのです。
『投資競艇.net』noteやレジまぐの個人予想家やレース毎に舟券予想を提供している方々の中では、間違いなくトータル的にナンバーワンでしょう。とにかく低額で提供していますので。お試しでどうぞ。
投資競艇.netではアフィリエイトも募集しています。『投資競艇.net』の予想をSNSなどで宣伝するだけで小遣いを稼ぐことが出来ます。
自分で予想サイトを運営する事が出来ない、競艇好きの方は是非、『投資競艇.net』を広めて小遣い稼ぎをしましょう。
殆ど何もしないでお金を稼ぐことが出来ます。