手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
容姿が注目?「結局は結果」大山千広が示すアスリートとしての自負
THE ANSER

 

美女ボートレーサー、大山千広インタビュー後編…24歳女子の競技との向き合い方
ボートレース界のニューヒロイン、大山千広。2019年シーズンは5600万円以上を稼ぎ出し、見事に賞金女王の座に輝いた。キュートな実力派として今、俄かに注目を浴びる大山は、3月3日から始まる第4回レディスオールスター(鳴門)に出場する。

ファン投票による得票数では、次位の選手に1万票差をつける2万6737票という断トツの支持を集めた。女子としては初めて、ボートレース界で最もグレードの高いSG制覇を目指す大山の魅力に「THE ANSWER」が迫った。前後編でお届けする。後編では女性アスリートとして、競技とどう向き合っているのか。24歳の素顔に迫った。

◇ ◇ ◇

昨季、大ブレイクを果たし女子ボートレーサーの頂点に上り詰めた大山。男子との過酷な競争の中で、ボートレース界の最高グレードSG制覇を志す。一躍、注目を集める存在となったが、普段はオシャレと食べることが大好きな、どこにでもいる24歳の女子だ。

両手にはキュートなネイルが施されており、「気分が良くなる。上がりますよね。オシャレするのは大好きです」と飛び切りの笑顔を輝かせる。

そのビジュアルは各方面から注目を集め、ボートレース場のポスターのメインカットに登場するのはもちろん、競技を離れ、エンタメメディアや、ファッション誌などで特集が組まれることも。だが、そうした状況に戸惑いがないわけではない。

「そういう風に(容姿ばかりが)見られているとは思っていない。美人ボートレーサーとか、そう報道されているとしてもあまり気にしていません。あくまでボートのPRと一緒に出ているという感じです。もちろん競技に注目してほしいというのはあります」

ビジュアルやキャラクターばかりが先行してしまっているのではないか。これが本当に競技のためになっているのか。急激にメディアに露出する回数が増え、ふとした時にそうした状況を見つめなおすこともあるという。

「そういうのは思ったりします。話題にしていただくことも多いので、取材だったり、雑誌とか、そういうのをやっていても意味がないんじゃないかとか思うこともあります……。ポスターにしていただいたりとか。どう見られているのかって、気にします」

本人の意思とは裏腹に、周囲が持ち上げていた選手が、結果が出なくなると、手のひらを反すように批判が始まるようなケースもある。浮かれているんじゃないか、競技に集中できていないんじゃないか――。こうした現状の良し悪しはともかく、注目を集めるということは重圧を背負うことに繋がりそうなものだが、大山ははっきりした口調でこう言う。

「結局は結果がどうか。ボートで結果が出せているか、出せていないかですよね。出せていたらそういうことを言われることもない。私は言われたくないから結果を出そうとは思わない。単純に私が結果を出したいから、結局はあまり気にすることはないのかなって。だからプレッシャーはないです」

憧れは浅田真央「メンタルがどれだけ辛いんだろうなって」
結局は自分がどうありたいか。周りの評価はあくまで周りの評価。まだまだ上を見据えたアスリートらしく、目には強い光を携えて答えてくれた。

ではボートレーサーとして、アスリートとして、結果だけじゃなく見据える先はどこなのか。

「私が発信することによって、女性のファンとかが増えていってくれるならいいなって思います。今でも、まだまだ少ないとは思うんですけど、女性ファンもいらっしゃいますし、同じ年代の女性が見に来てくれると嬉しいです」

他競技のアスリートにも影響を受け、スキージャンプの高梨沙羅には「昔から似ているって言われて、親近感がわいてます」。憧れたのはフィギュアスケートの浅田真央さん。「フィギュアが好きで、ずっと真央ちゃんが好きです。こんなにたくさん失敗する競技はないですよね。メンタルがどれだけ辛いんだろうなって考えたりして、勝手に勇気をもらっていましたね」と思いを巡らせた。

自身も人に影響を与えられるようなアスリートへ、前進しているのは事実。「マイナスなことは考えない。ポジティブに考えることが一番大事です」と前を向く大山が2020年の目標とするのは、その年の獲得賞金上位者しか出られない年末の大一番だ。

「クイーンズクライマックスには必ず行きたいと思います。それと昨年よりも技術的にうまくなったと感じられる年にしたい。優勝回数や勝率が下がったとしても、昨年より上手くなっていると思えたら満足です」

結果、内容を両立させて更なる高みへ。24歳の眼前は明るく広がっている。

きっと近い将来、女性初のSG制覇は彼女が成し遂げてくれるでしょう。