手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
ボートレース福岡【福岡】
所在地〒810-0071
福岡県福岡市中央区那の津1-7-5
電話番号092-771-6061
交通・アクセス・地下鉄天神駅から徒歩約10分
・西鉄福岡(天神)駅から徒歩約15分
・地下鉄天神駅までは、福岡空港から11分、JR博多駅から5分(いずれも地下鉄利用)
・福岡都市高速道路天神北出入口すぐ
WEBサイトhttp://www.boatrace-fukuoka.com/
スマートフォンサイトhttp://www.boatrace-fukuoka.com/sp/
モバイルサイトhttp://www.boatrace-fukuoka.com/m/

レースの特徴

1マークの振り幅の影響により、インの占有域が狭いため、センターからのまくりが効きやすい。

水面特性

海水に近い汽水。1マークは那珂川の河口に位置し、満潮時には、やや難水面になる。

コース別成績

コース1着率2着率3着率
54.417.19.0
16.526.018.2
15.222.819.1
9.117.721.8
3.611.419.3
1.15.312.7

 

まとめ

福岡の繁華街、天神から徒歩圏内に位置するボートレース福岡。

全国屈指の「イン受難水面」で、その理由は独特な水面特性にあります。

主な特徴としては、

福岡特有のうねり
川にはみ出した1マーク
ダッシュの助走距離180m

24場唯一のバック側ピット

などが挙げられます。

1マーク北側の博多湾に向けて、南側から那珂川が流れています。
満潮になると博多湾から海水が上がってくるため、川の流れとぶつかり合って福岡特有のうねりが発生します。

また、北側の博多湾から吹く風(左横風)は波を起こすため、より複雑なうねりに。
2018年データでは左横風の割合は60%を占めており、最もうねる条件「満潮+左横風」の頻度も多くなっています。

 

そして、福岡はインが弱いため「うねり=イン不利」と混同しがちですが、基本的には「うねり=まくり不利」です。

うねりを確認してからターンするので、インは相対的に有利。
握って回る「まくり」はうねりに乗ってしまうか、握るタイミングが遅れてしまうケースもあります。

勿論、インがうねりに乗って流れたところを「差し・まくり差し」で差し抜け決着や、インが落とし過ぎてあっさり「まくり」が決まることも。
走っている選手ですら直前まで分からないので、福岡の展開を予想するのは非常に難しいです。

 

そして、うねりが無くなる干潮時は思い切り握って回れるので、「インが弱く、2~4コースのまくりが決まる水面」に変化します。

 

「うねり」だけ見ても独特な福岡水面は、地元選手のアドバンテージが大きいです。
インタビューなどをチェックしていると「うねりは気にならない」という選手もいたり、うねりの影響がないほどパワーがあるモーターもあるので、しっかり情報を集めて予想したいですね。

公式サイトの福岡水面攻略

うねりが、波と違ってやっかいなのは、選手は視覚的にその強弱を確認しにくい点だ。

例えばスタート時、選手は 1 マークの直前までうねりの状況がわからない。
コーナーで旋回態勢に入ったところで初めてうねりに気づき、スロットルレバーから思わず手を離すケースも多い。
とくにセンターからアウトの艇が、まくりを狙おうとして、うねりに乗ってしまい、まくり不発に終わってしまうシーンも多い。

うねりがあるときに、まくろうとするなら、スリット過ぎで他艇より 1 艇身以上飛び出して 1 マークまでに内に寄る、いわゆる「絞めまくり」以外は、アウト艇の出番は少ない。

うねりと独特な水面レイアウトから、インだけでなくアウトも受難の特徴があります。

 

イン受難の理由は、大きく振られた1マーク。

インは斜めに走る形で距離が長いうえ、1マークに寄り気味になってマイシロは少なめ。
余裕を持ってターンできないので、握れば差されやすく、落とせばまくられやすくなります。

 

アウト受難の理由は2マーク。

奥行きが狭いことからダッシュの助走距離が180mしか確保できません。
通常は200mなのでダッシュからスピードに乗りづらく、特にアウト5・6コース不利に働いています。

 

また、アウト不利に拍車をかけるのがコース幅です。
スタートライン上の幅が63.75mと広いので、遠くなるアウト選手は攻め切れません。
うねりがあると握って攻めることもできず、2~4コースも「差し」を狙うのでアウトが差すスペースがない展開も多くなります。

特徴まとめ
イン&アウト受難
・福岡特有のうねり
・独特な水面レイアウト
・満潮なら荒れ水面、干潮なら静水面へ変化する
・博多湾から吹く左横風が多い
・潮回りと風の影響が大きい
・インは弱いが、2・3着率と回収率は高め
・2・3コースは強く、まくり率高め
・4コースも平均以上で、舟券絡みも多い
・5・6コースは厳しめ