手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
初日ドリーム戦1号艇が指定席の男『峰竜太』

今、艇会のエースは誰もが峰竜太と分かっている。ドリーム戦は殆ど初日の1号艇で登場。結果を出し続けている。昨日のボートレース宮島GI開設66周年記念も12R1号艇で走りました。

 

東スポ

ボートレース宮島のGI「開設66周年記念 宮島チャンピオンカップ」は10日、初日の熱戦を繰り広げた。V戦線の行方を占う意味でも重要な一戦といえた第12R「厳島ドリーム1st」は絶好枠1号艇の峰竜太(佐賀=35)がインコースから逃げ切り快勝。幸先いい白星発進を決めた。同レースは2着・寺田祥(山口=41)、3着・篠崎元志(福岡=34)で決着した。

エース72号機を獲得して、その動向が注目されていた藤原啓史朗(岡山=30)は1R1号艇をきっちり逃げ切ると、後半戦9Rでは4号艇から堅実に2着を確保。これ以上ない開幕ダッシュを決めた。また、瓜生正義(福岡=44)も2走2、1着と好走。さらに吉田拡郎(岡山=38)は1、3着とまとめ上々の滑り出しとなった。

ちなみに、初日は全12R中、10個Rがイン逃げ決着で、後半戦7R以降は6連続1コースのVだった。

11日の予選2日目もさらなる熱戦が繰り広げられそうだ。なお、第12Rには「厳島ドリーム2nd」が組まれており、6月の当地「グランドチャンピオン」で悲願のSG初優勝を飾った徳増秀樹(静岡=45)が1号艇で登場する。

<宮島ボート:宮島チャンピオンカップ>◇G1◇初日◇10日

初日12R「厳島ドリーム1st」は峰竜太(35=佐賀)がインから逃げて完勝、しっかり人気に応えた。

前検から好気配をにじませていたが、「出足も伸びもいい。エンジンにパワーがある」とレース後も納得の表情をみせた。今年はSG、G1を含めて11度の優勝を誇り、賞金ランキングトップを独走する。今節も主役の座を譲る気は毛頭なさそうだ。

 

最強レース毎予想『投資競艇.net』