手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
競艇の不適切受給215人に 選手が2億円、全員処分へ

 ボートレーサー(競艇選手)が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不適切に受給していた問題で、実態調査をしていた日本モーターボート競走会と選手会は28日、結果を公表する会見を開いた。新たに選手4人が新型コロナウイルス対策の持続化給付金を不適切に受給していたことが分かり、計215人になったと発表。総額は約2億1千万円に上った。

競走会などは215人全員を出場停止や戒告の処分にする。全員が返還済みか返還の手続き中という。公営競技業界では、日本中央競馬会(JRA)の騎手13人を含む関係者167人が計約1億9千万円を不適切に受給していたことが分かっている。

◎出場停止4カ月=新型コロナウイルス感染症の影響がない「フライングまたは出遅れによる」理由で、選手会の注意喚起以降に受給していた(11人)

◎出場停止3カ月=新型コロナウイルス感染症の影響がない「フライングまたは出遅れによる」理由で、選手会の注意喚起以前に受給していた(13人)

◎出場停止2カ月=新型コロナウイルス感染症の影響がない「私傷病および公傷などによる」理由で、選手会の注意喚起以降に受給していた(19人)

◎出場停止1カ月=新型コロナウイルス感染症の影響がない「私傷病および公傷などによる」理由で、選手会の注意喚起以前に受給していた(24人)

◎戒告=新型コロナウイルス感染症の影響があり、「感染者や濃厚接触者に指定され、あるいは開催中止や打ち切りとなり、出場あっせんに影響を受けたことによる」、「感染症拡大予防などのため競走不参加、前検不合格、途中帰郷となったことによる」、「ボートレース以外の事業収入などによる」という理由で受給していた(148人)

処分された選手の級別内訳は、A1級=43人、A2級=39人、B1級=110人、B2級=23人。