手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
第48回SGオールスター『西山貴浩』初日

GPグランプリカッパを着用

遂に西山貴浩選手がグランプリカッパを着用いたしました。

思い入れがあるカッパとても似合っていましたね~

西山貴浩選手らしいのが何処かの新聞社と連動してこの後にプレゼントするみたいです。

SGカッパは本物ではないとグランプリカッパが本物だと、こういった所意識が高い所もふざけているだけではない西山貴浩選手が人気の高い要因だと思います。

モーター大整備、エンジンは厳しい

10R発売中のドリーム組スタート練習が終わると、西山貴浩はいったんボートを陸に上げている。ちょうどリフトからボートを装着場に押し始めたとき、11Rの展示準備を終えた瓜生正義がそこを通りかかった。西山は神妙な顔で、瓜生に訴えかける。両腕を肘を曲げながら掲げ、次には両肘をピンと伸ばす仕草。これはおそらく「両サイドに伸びられる」ということであろう。今日の西山は早い時間帯に整備をし、その後も調整と試運転を繰り返した。換えた部品はセット(ピストン2、ピストンリング4,シリンダーケース)、キャブレター、クランクシャフト、キャリアボデー。交換発表のある部品はあとギアケースと電気一式、すなわちほとんどの部品を交換し、何度も何度も水面に出ていたのだ。それでも、直線足の上積みは思うままにはならなかったのか。

西山は瓜生と別れるとボートを整備室前に移動。ギアケースを外して調整を始めている。ギリギリまでの調整! 10R発売中まるまる、時間を費やした。10Rのエンジン吊りが終わり、展示の準備のため再度着水。その前に、10Rを逃げ切った石野貴之が白い勝負服のまま、西山のもとに歩み寄った。二人はけっこう仲良しで、絡みは頻繁に見かける。石野も今日の西山の奮闘が視界に入っていたはずだ。控室に戻る前に西山のもとを訪れたのは、どう見ても激励のためと思われるのだった。

11R発走。モーター始動の合図がかかると同時に、12R組は展示待機室を出て展示ピットへと向かう。その隊列の前から2番目を歩く西山に、ちょっとした異変が起こっていた。スタート練習のときに履いていたのは、曲者軍団お揃いのカッパだ。展示に向かう西山は……グランプリカッパ! 昨年のグランプリ時に入手した、このある種の勲章を、西山はこれまで決して着用してこなかった。僕が着るわけないじゃないですか~、なんて、そのグランプリのときに言ったりもしていた。それを、今日ついに履いた! 実は昨日のうちから宣言はしていて、「ドリーム戦だけ着用します」とのことだった。本当に履いた! 前を歩く峰竜太と同じそのカッパを西山はたしかに着用したのだ。
このドリーム戦は、西山貴浩にとって、グランプリと同等、あるいはそれ以上のレースだったのだ!

結果は、不完全燃焼だったことだろう。大外から伸びてきた守屋美穂が自身の舳先に引っかかり、その影響で松井繁に接触。ほとんど何もできなかったと言っていい。さらに守屋が落水したことで、そこで実質的にレースは終了。隊列を崩さずに完走するしかなかった。着順よりもそのことが無念だったと思う。しかし、ここに懸けた思いは決して無駄ではないはずだ。オールスターのファン投票にこだわり続け、事あるごとにアピールしてきた。得票数は年ごとに増えていき、昨年はグランプリファイナリストになって、さらに人気が爆発。地元中の地元である若松でオールスターが開催されると決まってからは、ただただここに照準を合わせ、ついにファン投票2位という急上昇でドリーム戦に出場することになった。西山にとっては、もしかしたら人生における一世一代の舞台、だったわけだ。

そのドリームは不本意な結末だったとしても、オールスターが終わったわけではない。ドリームに渾身を懸けたのはたしかでも、そこが本当のゴールではないということは西山自身、認識しているだろう。そう、あとは優勝を目指すのみ。厳しいモーターを引いてしまったけれども、明日からもさらにパワーアップを目指しての調整は続くだろう。文字通りの夢舞台がこうした結果にはなったけれども、だからこそ2日目以降は気合がさらに込められるはずだ。その戦いを引き続き見つめていきたい。

オールスタードリーム戦

西山貴浩ファンとしては侵入やレース言いたい事は山ほどありますが、ここでは辞めておきます。

残念な事故レースになってしまいました・・、何が分かるかわからないのがレースですから仕方ない部分もあります。

2日目以降の活躍を期待します。

それにしても何故ボートレースの神様はこの大舞台でこんなエンジンを西山貴浩に与えたのか・・・去年のグランプリの枠番抽選で運を使い果たしたのか~少しだけ恨んでいます。