手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
【ボートレース・競艇】の気になる『お金事情』を徹底解説

どうしても気になってしまうのが、ボートレースの賞金の額になります。

レーサーの平均年収が1千600万円と言われていますのでかなり稼いでいます、危険な職業ですので当然なのですが、レースのグレードなどによって賞金が変わってきます。

グランプリの優勝賞金が1億円なのは有名ですが、その他のレースはどのような賞金体制になっているのでしょうか?

解説していきたいと思います。

ボートレーサーの年収

・A1ランク(約300人):平均年収3400万円
・A2ランク(約300人):平均年収1900万円
・B1ランク(約750人):平均年収1100万円
・B2ランク(約150人):平均年収800万円
危険性や拘束時間から考えるともっと良くてもいいのではないかと思ってしまいます。

レース開催時の手当て

賞金とは別に当然あっせんごとの手当てがありますので解説していきます。

日当

何日間と拘束されている訳ですから、レースとは関係なく1日単位でお金が支給されます。結果的に完全賞金だけというわけではありません。

完走手当

一般戦では、節間で無事故だった際に支給されるもの。皆勤賞と似ているでしょうか!?無事故・完走が非常に大事でもありますので、このような手当てが存在するのかもしれません。

ナイター手当

ナイターの時に支給される。これはいまいち、理解できないのですが、ナイター開催にはナイター手当という物があるようです。まあ不規則の時間に働くからといったところでしょうか。

悪天候手当

悪天候の中レースが行われた際に支給されるもの。これもいまいちよく分かりませんが。天候の悪い中開催されるレースには支給されます。危険な事はわかりますが、中止もありますし。他のスポーツも悪条件で開催されているので何とも言えないですね。

交通費

開催競艇場までの往復交通費が支給される。当然でしょうね、日本全国に競艇場はありますので、その交通費を支給する事は当然必要経費です。

参加賞

企業協賛レースでは地元特産品などの商品が配られる。一種の副賞みたいなものです。物によっては選手のモチベーションにも繋がりそうです。

特別競走参加賞

GIやSGで参加選手に支給される。レベルの高い開催が優遇されることは当然の事だと思います。大いにビッグレースに参加するような選手には稼いでもらいたいと思います。夢があります。プロの世界ですので差が沢山あって当然です。

金一封

節間で全勝した際に支給されるもの。特別賞みたいなものなのでしょう。全勝は中々達成できるものではありませんので。沢山上げて貰いたいです。

参考動画


一般戦の賞金

まずは一番多く開催されている、一般戦の賞金体系になります。

まず、各レース場・スポンサーによって賞金は変わってきます。常に変動はありますので、大まかな金額だと思って下さい。

レース毎の賞金

区分1着2着3着4着5着6着
優勝戦91万66万51万40万36万34万
選抜戦27万19万14.5万9.5万7.5万5.5万
準優勝戦13.5万10万7万4.1万3万2万
ドリーム戦13.5万10万7万4.1万3万2万
記者特選12万8.4万5.3万3.2万2.1万1.1万
特選11.5万8万5万3.1万2万1万
特賞10.7万7.5万4.9万3.1万2万1万
予選/一般10万6.7万4.6万2.9万2万1万

 

優勝賞金

開催レースによって違いますが、最低74万円~になります

全国24競艇場で365日レースが行われていて、その大半がこの一般戦になります。
グレードの格付けはなく、優勝賞金も一番低いです

個人協賛として好きなレース名を付けられるのもこの一般戦だけになります。
(1節間ではなく、あくまで1レースのみになります)

GW、お盆、年末年始は階級関係なく地元選手を集めてレースを行うことが毎年恒例で、A1選手が一般戦に出るのは少ないから売上げもアップします。
そのため、この期間の優勝賞金は150万円に跳ね上がります。

 

ここ最近はボートレースの売り上げが凄いので、これからは上昇傾向になる事が予想されます。

SGの賞金

詳しくはコチラをご覧下さい。

[blogcard url=”https://gamble-king.net/column-57/”]

 

優勝賞金は1,700万~1億円

年に8回開催される最高峰のレースになります。

参加資格は優先出走権を有する場合などを除き、原則としてA1級の競艇選手のみ。
ゆえに全国から最上級レベルの選手が集まるレースで、中でも「賞金王決定戦」は賞金額が1億円と公営競技の中でも最高になっております。なので別格として扱われています。

各SGは各競艇場の持ち回り(各開催競艇場の立候補制)で開催されている。

※SGとは「Special Grade(スペシャル・グレード)」の略です。

開催タイトル優勝賞金
3月ボートレース クラシック3900万円
5月ボートレース オールスター3900万円
6月グランドチャンピオン3300万円
7月オーシャンカップ3300万円
8月ボートレース メモリアル3900万円
10月ボートレース ダービー3900万円
11月チャレンジカップ3300万円
12月グランプリシリーズ戦1600万円
12月ボートレースグランプリ1億円

プレミアムG1の賞金

G1よりもグレードが高いPG1ですが1100万円以上の優勝賞金となっています。

大晦日を最終日に開催される女子選手の賞金王決定戦ことクイーンズクライマックスのみ1200万円の優勝勝金となっています。

女子戦のグランプリでもあるタイトルですが賞金王決定戦(グランプリ)の優勝賞金1億円と比べると非常に少ないものだと感じますが、女子選手はレディース戦で稼ぎやすい上に女子選手にもグランプリ優勝の可能性が残されているのでバランスが取れているのでしょう。

開催タイトル優勝賞金
4月マスターズチャンピオン1100万円
8月レディースチャンピオン1100万円
9月ヤングダービー1100万円
11月バトルチャンピオントーナメント1100万円
12月クイーンズクライマックス1500万円

G1の賞金

地区選手権以外はA1階級選手しか出場することができないG1の優勝賞金一覧です。

地区選手権は全国で6地区に分かれて開催されるので合計賞金金額は480万円×6戦で2880万円と大きいのですが各選手、自分の地区の選手権にしか出場することができないので優勝賞金は少なめとなります。

そのほかのG1においては900万円以上の賞金が獲得できますがG1を優勝してこそ一流のボートレーサーと言っても過言ではありません。

G1の優勝は非常に困難で運だけで勝つことは到底不可能です。

開催タイトル優勝賞金
全国周年記念競走1000万円
不定期ダイヤモンドカップ900万円
10月高松宮記念900万円
1月地区選手権480万円

G2の賞金

ボートレース甲子園は2019年から新設されるレースですが優勝賞金は他のG2と同様、450万円になることでしょう。

レースは5タイトルとなりますが節は9節となりますがこの理由はモーターボート大賞はSGやG1が開催されない競艇場への救済処置として年間5節の開催がされます。

SGやG1の舟券は全国販売となり、売上金は爆発的に上がるのですがSG/G1の開催がない場合、該当の開催地は売上が極端に少なくなるためです。

勘違いしている人もいるかもしれませんが、競艇の売上は全て各開催地の主催者にいきます。

そこから差し引きをした上でさまざまなところへ資金が渡ります。

開催タイトル優勝賞金
1月モーターボート誕生祭450万円
2月レディースオールスター450万円
7月ボートレース甲子園450万円
11月レディースチャレンジカップ450万円
不定期秩父宮妃記念杯450万円
不定期モーターボート大賞450万円

 

G3の賞金

G3は年間で60回以上開催されているレースで注目度はグレードのついているレースの中では低めです。

新鋭リーグや女子リーグに加えて企業協賛レースがメインとなります。

G3について企業杯以外ではG1への前哨戦となっています。

企業協賛レースは各企業の名前がタイトルにつけられていて賞品として企業に関するもの(アサヒビールカップならビールなど)が贈られることが多いです。

開催タイトル優勝賞金
不定期オールレディース105万円以上
7月マスターズリーグ105万円
各場1度企業杯105万円以上
7月イースタンヤング105万円以上
7月ウエスタンヤング105万円以上

歴代獲得賞金ランキング

ボートレースの過去4年の賞金ランキングを紹介いたします。稼いでいますがここに記載されている選手は10/1600なのですから当然と言えば当然ですね。

全選手ランキング

本当は男子選手でも良かったのですが、これからはここに女子選手が入ってくる可能性もありますので。全選手にしました、いつの日か、全体の賞金ランキングに女子選手が入って貰いたいですね。

2016年度

順位選手獲得賞金額
1位瓜生 正義2億1,373万4,000円
2位石野 貴之1億6,124万7,800円
3位菊池 孝平1億3,466万500円
4位桐生 順平1億383万円
5位坪井 康晴9,627万2,000円
6位松井 繁9,509万5,000円
7位池田 浩二9,007万4,000円
8位辻 栄蔵8,987万5,000円
9位山崎 智也7,874万2,000円
10位篠崎 仁志7,671万3,000円

2017年度

順位選手獲得賞金額
1位桐生 順平2億1,224万1,000円
2位峰 竜太1億5,339万6,666円
3位井口 佳典1億3,365万3,000円
4位石野 貴之1億2,677万9,000円
5位白井 英治1億1,072万2,000円
6位寺田 祥1億956万7,000円
7位毒島 誠1億349万2,000円
8位菊池 孝平1億54万8,000円
9位松井 繁9,741万3,700円
10位茅原 悠紀8,339万4,000円

2018年度

順位選手獲得賞金額
1位峰 竜太2億0,292万4,000円
2位毒島 誠1億9,277万2,500円
3位白井 英治1億2,640万1,000円
4位井口 佳典1億1,625万7,800円
5位岡崎 恭裕8,721万7,000円
6位桐生 順平8,671万959円
7位中島 孝平8,656万2,000円
8位守田 俊介8,625万4,300円
9位菊地 孝平8,527万6,000円
10位馬場 貴也8,400万6,000円

2019年度

順位選手獲得賞金額
1位石野貴之2億2,564万2,666円
2位毒島誠1億7,941万9,000円
3位吉川元浩1億6,189万6,000円
4位桐生順平1億4,964万1,000円
5位瓜生正義1億2,461万5,000円
6位白井英治1億1,945万7,000円
7位峰竜太1億1,812万5,000円
8位井口 佳典1億733万5,266円
9位馬場 貴也1億284万7,932円
10位田村隆信1億144万5,000円

 

女子

次に女子選手だけのランキングになります。

最近は女子戦の売り上げが好調です。非常に人気もありますしボートレースの発展に非常に貢献しています。実力は男子には劣る部分がありますが、これからも女子の人気でボートレース界をけん引していってくれる事でしょう。

2016年度

順位選手獲得賞金額
1位松本 晶恵4,493万6,000円
2位遠藤 エミ4,067万1,000円
3位長嶋 万記3,612万円
4位海野 ゆかり3,469万9,000円
5位小野 生奈3,359万8,000円
6位竹井 奈美3,276万7,000円
7位平山 智加3,092万5,000円
8位寺田 千恵2,956万6,000円
9位樋口 由加里2,830万7,680円
10位日高 逸子2,655万2,000円

2017年度

順位選手獲得賞金額
1位遠藤 エミ5,390万4,500円
2位小野 生奈4,422万3,000円
3位長嶋 万記4,234万3,500円
4位寺田 千恵3,601万6,400円
5位海野 ゆかり3,397万4,500円
6位平高 奈菜3,314万6,900円
7位松本 晶恵3,289万7,000円
8位細川 裕子3,281万9,000円
9位山川 美由紀3,165万7,500円
10位川野 芽唯2,878万8,840円

2018年度

順位選手獲得賞金額
1位小野 生奈4,190万7,532円
2位松本 晶恵3,996万413円
3位山川 美由紀3,844万9,584円
4位遠藤 エミ3,770万5,213円
5位長嶋 万記3,518万1,000円
6位日高 逸子3,470万4,000円
7位守屋 美穂3,385万5,679円
8位中谷 朋子3,296万1,000円
9位寺田 千恵3,166万2,000円
10位竹井 奈美3,028万2,400円

2019年度

順位選手獲得賞金額
1位大山千広5,683万6,000円
2位遠藤 エミ5,393万6,000円
3位今井美亜4,576万2,000円
4位守屋美穂4,434万1,072円
5位寺田千恵4,127万1,000円
6位松本晶恵3,862万7,000円
7位田口節子3,621万2,000円
8位日高逸子3,593万1,500円
9位平高奈菜3,431万0,000円
10位香川泰子3,369万0,333円

まとめ

はっきりいってTOP競艇選手は稼いでいます。これからも稼ぐでしょう。

厳しい訓練をして、プロになり1600人で競い合う厳しい世界だと思います。稼いで当然です。

手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
最強レース毎予想『投資競艇.net』