手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
祝!!G1初制覇!!『西山貴浩』特設ページ【news・動画】全てまとめました

遂に艇会ナンバーワンエンターテイナーの西山貴浩選手がG1を取りました。

〝水陸両用のエンターテイナー〟

西山貴浩

祝!!初G1優勝記念ページ

優勝戦・ウイニングラン

公式表彰式・インタビュー

コラム『貴浩西山のキャビらない話』を掲載している東スポ

[blogcard url=”https://gamble-king.net/cavitation/”]

 やったぞ! ついに西山がGⅠ初制覇だ! ボートレース徳山のGⅠ「ダイヤモンドカップ」は28日の最終日、第12Rで優勝戦が行われ、西山貴浩(福岡=33)がインから逃げ切り快勝! デビュー15年、GI優出11回目にして悲願のGⅠ初制覇を果たした。

優勝戦は全艇が0台に入る究極のスリット合戦。激しいつば競り合いとなったが、西山が冷静に1Mを回って一気に抜け出すと、そのまま独走態勢を築いた。

GIレースでの予選トップ通過から優勝戦1号艇は初めての経験。レース直後は「緊張はしないつもりだったけど緊張していたのかな? (勝てて)ホッとしている。うれしい」と、いつものひょうきんさも影を潜め、いささか〝ぎこちない〟安堵の表情を浮かべた。

普段はピット内でも常に〝お祭りムード〟、にぎやかに周囲を盛り上げている脇役だが、この日ばかりは堂々の主役を張った。

これで8月のびわこGⅠ(優勝戦1号艇3着敗退)の〝倍返し〟に成功。優勝賞金900万円を加算して今年の獲得賞金は5800万円を突破。ランキングも21位から13位にジャンプアップ。仲良きライバルの池田浩二(愛知=42)や、先のPGIヤングダービーを制した磯部誠(愛知=30)の上に立ち、年末の大一番〝1億円争奪戦〟平和島グランプリ(12月15~20日)の出場もみえてきた。「(グランプリは)選手になった頃からのあこがれの舞台。峰竜太(佐賀=35)をぶっ倒しにいきます!」と早くもやる気満々。このまま一気呵成に年末まで突っ走るつもりだ!

西山は1987年5月15日生まれ。福岡支部の97期生。2018年4月のとこなめGⅡ・MB大賞で特別戦初制覇。今回のダイヤモンドカップで悲願のGⅠ初制覇を成し遂げた。ユーモアのセンスはボート界随一で、開会式などでは会場を笑いのるつぼに陥れる〝水陸両用のエンターテイナー〟だ。

なお、今大会も売り上げは好調で、節間68億8000万円超と目標金額を大きく上回った。

ボートレース徳山のGⅠ「ダイヤモンドカップ」で28日最終日、第12Rで優勝戦が行われ、本紙コラムでおなじみの西山貴浩(33)が1号艇=インから逃げて、念願のGⅠ初制覇を果たした。
8月のびわこGⅠ・68周年記念(優勝戦3号艇3着)の悔しさをバネに、意地とプライドで1着をもぎ取った。この優勝で賞金900万円を上乗せし、今年の獲得賞金は5800万円を突破。
ランキングも13位まで浮上。年末の1億円争奪レース・平和島グランプリの出場も視野に入ったこともあり、祝福してくれた瓜生正義(44)、篠崎仁志(32)ら福岡勢とともに、終始笑顔でレース場を後にした。

ニュース記事

日刊スポーツ
全員が0台スタート、西山貴浩は0.2のTOPスタート、肝が据わっているしレベルが高い。

<徳山ボート:ダイヤモンドカップ>◇G1◇最終日◇28日

西山貴浩(33=福岡)が、ビシッとゼロ台前半の度胸スタートを決めて逃げ切り。待望のG1初優勝を成し遂げた。

進入は123・456。2コース白井英治(43=山口)は全速ダッシュを意識してややため気味の起こし。これに対して西山は絶妙の握り込みから伏せ込み、1Mはまくりも差しも許さない完勝劇だった。2着は握った池田浩二(42=愛知)、3着は差し及ばなかった白井。

インタビューで西山は「ボクもうまくなりました(笑い)。45メートルで、嫁さんにゴメン! と謝って伏せ込みました。やっと(池田)浩二さんの前を走れた。水神祭? もぐって出てきません。皆さんさようなら!」と周囲を爆笑の渦に巻き込んだ。

日刊スポーツ

ボートレース徳山(山口県)の「G1ダイヤモンドカップ」は最終日の28日、最終12Rで優勝戦が行われ、西山貴浩(福岡33歳)【写真上】がインからコンマ02のトップスタートを決めて逃げ快勝。11回目のG1戦優出で悲願の初タイトルを手にした。2着には3コースから握った仲良しの池田浩二が入り、ゴール後のバックストレッチでは西山と2人、手を振り合うシーン【写真下】もあった。抜群の展示気配でレース前から西山にプレッシャーをかけていた地元の白井英治は2コースからの差しが不発で3着と敗れている。

ボート界トップのお笑いキャラがついに悲願のタイトルを手に入れた。子どもの頃からしゃべり出すと止まらない性格で周囲を明るくする人気者。ボートレーサーになり、開会式などでファンを楽しませるパフォーマンスで人気を博したが、それを快く思わない先輩選手たちから「ふざけたことはするな!真面目にやれ」と怒られたことは実は1度や2度では済まない。

しかし、師匠の川上剛や原田富士男らがその都度、苦言を呈す先輩選手たちに頭を下げ、西山を守ってくれた。西山は自分を理解してくれている先輩たちに恵まれ、感謝の心も忘れない一方、レースでも結果を出そうと努力を続けてきた。

仕事に関しては超ストイック。1年365日、毎日が減量の日々。レースがない時はペラ小屋に顔を出し、ペラの研究に明け暮れた。仲谷颯仁や羽野直也ら後輩がブレイクすると、一緒に練習をしてスピード負けしないようにターンを磨いた。デビューして15年、少し時間はかかったが、その努力がついに報われたのだ。

(
この優勝で賞金900万円を加算し、今年の獲得賞金は5831万円となり、賞金ランキングは一気に13位まで浮上。「これまで知らんぷりしていたグランプリが近づいてきましたね。選手になった時から憧れていた舞台。なんとか出場したいです」と、夢にまで見た最高峰のレース出場も現実味を帯びてきた。

こうなると次なるターゲットはSG戦。10月のダービー開催地・大村はこれまで4回の優勝を飾り、前回7月には自身初となる11連勝の完全優勝も達成している大の得意水面だ。誰からも愛される西山が上のステージでもっと活躍すれば、ボート界もさらに盛り上がるのは間違いない。

おまけ動画・写真展

最強レース毎予想『投資競艇.net』