【野田なづき】可愛い・ビューティーヤングレーサー『2021元旦に初勝利・水神祭』

佐賀支部の野田なづき選手を紹介したいと思います。

まだデビューして間もない実力も未知数の彼女を何でピックアップレーサーに取りあげたかというと、

圧倒的に可愛く、実力が多少でも付いてくれば爆発的人気者になる可能性を秘めているからです。外見重視で申し訳ないですが、女子レーサーの人気の要因にはどうしてもビジュアルは関係してくるのです。

実力が上がらないで、普通の選手で終わるか、スターになるかは彼女に掛かっています。筆者はスターになると予想しています。

プロフィール

公式プロフィール
登録番号:5118・生年月日:2000/07/19
身長:156cm・体重:47kg
血液型:A型・支部::佐賀
出身地:佐賀県・登録期::125期・級別:B2級

人物評

目標とする選手は、平高奈菜選手とインタビューで言っていました、良い意味で女性らしくないレースが目標だと、是非平高奈菜選手の様な女子のTOP選手になって貰いたいです。

2021年元旦に初勝利・水神祭

持っている選手なのかもしれません、元旦に初勝利を挙げるとは驚きです!!

是非2021は飛躍の年にしていただきたいですね。

ボートレースとの出合い

現在各地の競艇場で活躍する野田なづき選手ですが、昔は全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)出場を目標に強豪校へ進学し、練習に明け暮れていました。ですが、身長156cmの野田選手が、当時任されていたスパイカーとして活躍するのは難しく、他のポジションを試すも、駄目だったそうです。
バレーボールで活躍するのは厳しいかもしれないと感じ始めた頃、ボートレースの存在を知り、長崎県大村市に住む祖母宅近くのボートレース場へと初めて行きます。
『迫力あるレースに、一瞬で心を奪われました。初めて見たのは男性選手5人、女性選手1人が出場し、女性選手が1着を獲ったレース。私もあの女性選手のように、男性にも負けない選手になりたいと思ったのが、ボートレーサーを志したきっかけです』と、これまで全く知らなかったボートレースへの第一歩を歩み始めました。

競争倍率約19倍もの超難関を突破!

ボートレーサーを目指し始めた野田なづき選手は、母親同士が知り合いの先輩レーサー、小芦るり華選手に相談してボートレースへの知識を深めました。そして高校3年生の時、福岡県柳川市にあるボートレーサー養成所への入所に向けて、受験対策を始めます。
第1次試験は、学科と体力の2つの試験があり、体力に自信があった野田選手は、学科を重点的に取り組むため、友人と遊ぶことを我慢し、学校の昼休みや授業の合間の休み時間さえも勉強に充てました。
努力の甲斐あって、第1次試験に合格。苦楽をともにしてきたバレー部の仲間たちに、養成所への入所が決まったら高校を辞めると打ち明けます。
『春高バレーの予選が控えている最中に、報告するのは心苦しかったのですが、みんなが応援するよと言ってくれました。ものすごく力になったし、ここで合格を決めたいという気持ちが高まりました』と、大きな支えを得て、第2・3次試験にも合格。初めての挑戦で、応募者951人中、合格者51人という難関を見事突破しました。

養成所を経て、念願のプロデビュー

【同支部同期の野田なづき選手と定松勇樹選手】

養成所での生活は大変厳しく、6時の起床から22時の消灯まで、分刻みのスケジュールが組まれています。40kg以上あるモーターの持ち運びや制限時間内でのエンジン整備、法規の勉強などの多様な訓練や講習があり、『これまで経験したことのないことばかりで、みんなに置いていかれないように必死でした。初めてボートに乗った時は怖くて、先輩レーサーのようになれるのだろうかと不安でした』と野田なづき選手は当時を振り返ります。
厳しく管理された環境と、養成所内の試験を乗り越え、野田選手は令和元年11月、ついに悲願のデビューを果たします。ます。迫力あふれるレースで活躍する野田なづき選手を、応援しましょう!
『家族や友人が応援に来てくれ、お祝いのメッセージもたくさんもらいました。今までで一番嬉しい、心に残る1日でした』と笑顔を輝かせます。

佐賀県多久市で育まれたプロレーサー

プロデビュー後も佐賀県多久市の実家で暮らし、近所でのランニングなど、日々のトレーニングに励む野田選手。レースから帰って来ると、近所の人が『おかえりなさい』と声を掛けてくれ、いつも家族のような温かさを感じているそうです。
ボートレースを知ることから始めて、プロへの道を拓いた野田なづき選手。『一番好きなことができる道を選んだからこそ、どんな困難にも挑戦し、乗り越えることができました。多久市の子どもたちにも、自分が一番好きなこと、楽しいと思うことを続けて、なりたい自分になってほしいですね』と話します。
目標とするのは、力強い走りが特徴の平高奈菜選手。外から大きく旋回したり、全速力で走り抜けたりと、男性にも力で負けないレーサーになることを目指しています。
既に数多くのファンがつき、名入りの横断幕も作ってもらったという野田選手。『ボートの上からも観客席は見えていて、いつも力をいただいています。やはり地元なので、多久市のみなさんにも応援していただけたら嬉しいですね』と笑顔で話します。
これから迫力あふれるレースで活躍する野田なづき選手を、皆で応援しましょう!

twiter・instagram

更新頻度はあまり多くはないですがtwiterとinstagramを利用しています。ファンとしてはもっとUPしてもらいたいですね。

野田なづきTwitter


[blogcard url=”https://twitter.com/nazu0_719″]

野田なづきinstagram

[blogcard url=”https://www.instagram.com/nazu_0719/”]

嬉しいことに、このページもいいね!!リツイート!!してくれました。感謝です。

更に彼女のファンになった。とにかくゆっくりでいいんで活躍を期待します。

野田なづき選手のインタビュー記事

-バレーボール選手としての挫折がレーサーの道へ
小学校5年生からバレーボールを続けて、強豪高校に入りました。でも156センチと選手としては小さかったこともあって、やってきたアタッカーとして活躍するには「高さが足りない」と限界を感じていました。そんな時期に祖母の住んでいた近くの大村にボートレース場があったことを思い出しました。女子も活躍できることを調べて、やってみたいと思ったんです。母親同士が知り合いで、レーサーの小芦るり華さんの話も聞いて進路を決めました。
-高校を中退してボートレーサー養成所は一発合格
バレーボール部のチームメートに、目指していた春高バレー(高校バレーボール部の頂点を決める大会)を一緒に戦えないことを話した時は辛かったけど、新たに自分が頑張れる舞台を見つけることができました。
-養成所では苦労した
後半は体調を崩して大変でした。何度も心が折れそうになったけど、高校時代のチームメートが送ってくれた手紙に励まされて、何とか卒業できました。
-プロ野球を目指す弟(匠さん)から刺激
佐賀商のエースで150キロ近い直球を投げるんですよ。でも私と同じで175センチと投手としては大きくなくて、大学に行くか、すぐにプロを目指すか進路は迷ってるみたいです。コロナの影響で甲子園出場もかなわなかったですからね。私も弟のトレーニング道具を借りて体を鍛えてます。将来的には同じプロスポーツの世界で頑張れたら最高ですね。
-オフは
家族や友達とショッピングや旅行に行ったりするのは好きだけど、コロナの影響で今年は外出ができなかったですね。もっぱら動画鑑賞やゲームにはまってしまいました。野球を頑張っている弟に食べてもらおうと料理も覚えました。得意料理はオムレツです。
-好きな男性のタイプは
竹内涼真さんみたいな頼りがいのある年上の人が好きですね。あとはボートレースのCMにも出てる田中圭さんも好みです。
-最後にボートレースの魅力とは
私みたいに小さくても男子相手に対等に戦える場があるのが魅力ですね。全力でぶつかって、迫力あるレースを見せたいし、ぜひレース場に見に来て応援して欲しいです。

 

戦績・2020/10/24現在迄

まだ、デビューして間もないのでこの成績は致し方ありません。これからの飛躍に期待です。

グレード別の成績

グレード出場節数出走数1着数勝率3連対率優勝
SG0000.000.0 %0
G10000.000.0 %0
G20000.000.0 %0
G332601.460.0 %0
一般1410701.301.8 %0
総合1713301.331.5 %0

コース別の成績

コース出走数1着数1着率2連対率3連対率平均ST
1 コース000.0 %0.0 %0.0 %0.00
2 コース000.0 %0.0 %0.0 %0.00
3 コース000.0 %0.0 %0.0 %0.00
4 コース800.0 %0.0 %12.5 %0.19
5 コース1900.0 %0.0 %0.0 %0.20
6 コース10600.0 %0.0 %0.9 %0.24

コース別の決まりて

コース出走数1着数逃げ差しまくりまくり差し抜き恵まれ
1 コース00000000
2 コース00000000
3 コース00000000
4 コース80000000
5 コース190000000
6 コース1060000000

 

まとめ・追記・動画

またまた人気のでそうな、めっちゃ可愛い子を見つけた!!
高校を直ぐに中退するという決断も素晴らしい、普通は高校は出ておこうとかそういった発想になるがこの子やこの子の周りは違ったのだろう。
これから注目しよう。ビジュアルはかなりの原石、実力が付けば相当人気が期待できそう。

2020年を最高の形で締め括った佐賀支部所属

2020のSGグランプリ・SGフランプリシリーズ共に佐賀支部の峰竜太・深川真二選手が優勝しました。支部の流れも絶好調ですので、この流れに乗って是非、野田なづき選手も実力UPして頂き活躍を期待したいです。

各レース場のSNSなどに登場する事がありますが、正直段違いの可愛さをしています。後は実力だけ付けば必ず人気レーサーの仲間入りするはずです。

『投資競艇.net』

胡散臭い、個人予想家が多いですね、皆さん気をつけて下さい。中にはネカマ野郎もいるみたいなんで気持ち悪いですね。アイコンを可愛い若い女子にして引き付けて中身はきっとおっさんでしょう。

投資競艇.net

信頼できる個人予想家というかレース毎できちんと、購買しているサイトになります。月額とかそういった事では無いので安心してご利用できます。値段も法人の予想サイトなどと違って本当に低額ですので、予想の参考に使ってみるのも良いでしょう。

販売はnoteとレジまぐでも行っていますのが、ホームページから直接購入出来ます。わざわざnoteに登録する必要はございません。
これも安心要素の一つにおなります。
絶対余計なお金が掛かる心配がありません。自分の好きなレースだけ購入できるのです。
『投資競艇.net』noteやレジまぐの個人予想家やレース毎に舟券予想を提供している方々の中では、間違いなくトータル的にナンバーワンでしょう。とにかく低額で提供していますので。お試しでどうぞ。
投資競艇.netではアフィリエイトも募集しています。『投資競艇.net』の予想をSNSなどで宣伝するだけで小遣いを稼ぐことが出来ます。
自分で予想サイトを運営する事が出来ない、競艇好きの方は是非、『投資競艇.net』を広めて小遣い稼ぎをしましょう。
殆ど何もしないでお金を稼ぐことが出来ます。