手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
『SGチャレンジカップ』『レディースチャレンジカップ』二日目のニュース・コメントまとめ
波乱あり、固い決着もありと非常に楽しいチャレンジカップ!!いよいよ予選も佳境に入ってきます。準優に勧めるかどうかによって獲得賞金額が大きく変わってきますので、ここでグランプリ進出の道が途絶える選手も出てきます。今日から更に熱い戦いが期待できます。

ボートレース蒲郡の「SG第23回チャレンジカップ・G2第7回レディースチャレンジカップ」は25日、2日目が開催された。初日と同じく北西からの右横風2mでオープニング。6Rまでは右横風だったが、7Rからは南西からの向かい風に変わり、最終12Rは右横風に戻った。全体の決まり手はイン逃げが9本、まくり差しが2本、まくりが1本。まだ、差しの決まり手は今節出現していない。

配当面は万舟券が3R稲田浩二、4R岡崎恭裕と続き、10Rではまたも上野真之介によって5万円台の万舟券が飛び出した。3ケタ配当は1本、1000円台は5本だった。

序盤の2日間を終えてオール舟券絡みは、得点率1位の毒島誠【写真上】、2位の稲田浩二、3位タイ寺田祥の3選手。2日目2、1着の毒島は「タイムが出ていたし、しっかりレースができる状態にはなっています」とニッコリ。「後半は峰(竜太)君や松井(繁)さんには伸びられたけど、それでも悪くはないです」と現状は中堅上位か。

稲田浩二は「普通ですね。起こしは安定しているけど、伸びが欲しいです」とフルダッシュでも出て行かない現状に不満を感じているようだ。

寺田祥は「相手によっては伸びるし、アシは悪くない。でも、ターンが自分の感じではない」と不満げ。「初動のかかりがもう少しだし、ドリーム戦からあやしさはあった」と振り返っていた。「本体を割ってもいいけど、実績のあるエンジンだし、ペラ調整で合わせたい」と方針を口にした。

地元の愛知勢は、2日目2Rで杉山正樹、6Rで平本真之が今節初勝利を挙げたが、エース池田浩二【冒頭の写真】はここまで3走して5、3、4着と得点率は4.00(26位)だ。現在賞金19位の池田は「セット交換(3走目)をして良くなったと思う。ただ、回転を止め過ぎて気温に合っていなかった」。本体のパワー自体は上向き。3日目10Rでは待望の1枠が巡ってくるだけに勝機は逃さない。

蒲郡でのG2第7回レディースチャレンジカップ(11月24日〜29日・SGチャレンジカップ併催)は2日目が終了した。初日ドリーム戦を制した守屋美穂(岡山)が2日目11Rでイン逃げを決めて開幕2連勝。好調な走りで予選首位をキープしている。

予選2位に上がってきたのは長嶋万記(静岡)【写真】だ。2日目1Rでインから逃げ切って今節初白星。2・1着のオール2連対で守屋を追走している。

長嶋は現在女子賞金ランキング16位。5年連続6回目のクイーンズクライマックス出場へ黄信号がともっている状態だ。今年の長嶋は3月のG2レディースオールスターで優出3着、5月の三国オールレディースで優勝と上半期は好調な走りを見せ、8月のレディースチャンピオン終了時点では女子賞金ランキング11位につけていた。しかしそのあとF休みと女子戦選出除外があって順位は徐々に降下。信号が青から黄、そして赤へ変わりそうな苦しい状況でレディースチャレンジカップを迎えることになってしまった。

今年のプレミアムG1第9回クイーンズクライマックス(12月28日〜31日開催・シリーズは12月26日〜)は舞台が浜名湖。長嶋にとっては是が非でも出場したい地元でのビッグレースになる。静岡支部はクイーンズクライマックス過去8大会すべてに出場者を送り込んできた。ところが今年は現時点で女子賞金ランキング12位以内に入っている選手はゼロ。よりによって地元浜名湖でクイーンズクライマックス初開催を迎える年に、初めて出場者ゼロになる危機に瀕(ひん)している。

【静岡支部 過去のクイーンズクライマックス出場者】
2012年 三浦永理(優勝)
2013年 長嶋万記(優勝戦5着)、三浦永理(トライアル敗退)
2014年 三浦永理(優勝戦6着)
2015年 三浦永理(優勝戦F)
2016年 長嶋万記(優勝戦3着)
2017年 長嶋万記(優勝戦4着)
2018年 長嶋万記(トライアル敗退)
2019年 長嶋万記(トライアル敗退)
2020年 ?

この大ピンチを救える可能性があるのはもう長嶋のみだ。25日終了時点でクイーンズクライマックス出場ボーダーまでの差は約205万円。現状では優勝戦2着(賞金240万円)以上が逆転への最低条件になる。決して簡単ではない勝負駆けだ。

蒲郡から浜名湖へ――。電車ならJR東海道本線で40分ほど、680円で行ける距離。しかし長嶋にとってその道のりは205万円もかかる遠く険しいイバラの道だ。この困難を乗り越え、長嶋が浜名湖クイーンズクライマックスの舞台に立てるのか注目したい。

ボートレース蒲郡のSG「第23回チャレンジカップ」は26日、中盤戦のヤマ場、予選3日目に突入する。

25日の予選2日目を終了した時点での得点率トップに立っているのは初日ドリーム戦3着から2日目も2、1着と安定感抜群の毒島誠(群馬=36)だ。「足は中堅でも、しっかりいいレースができている」と語る姿には余裕が漂う。ここまでに6、5号艇の不利枠を使い切ってのこの好成績。残り3戦は中枠ばかり。予選トップ通過に向けて、すこぶる視界良好といえよう。

とはいえ、機力上位の一角に名を連ねる寺田祥(山口=42)が「今節はまだ抜けて舟足のいい人はいない」と語った通り、機力相場は上位拮抗ムードが続いている。現状では村田修次(東京=47)、峰竜太(佐賀=35)、杉山正樹(愛知=41)らが上位グループを形成しているが、中盤戦を迎え、ここから誰が抜け出していくのか、要注目だ。

一方、同時進行中のGⅡ「第7回レディースチャレンジC」は、初日ドリーム戦をまくり快勝した守屋美穂(岡山=31)が2日目も11Rをイン逃げで勝利し、得点率トップをキープしている。これを2、1着の長嶋万記(静岡=39)、1、3着の寺田千恵(岡山=51)が追う展開となっている。

激闘を繰り広げるボートレース蒲郡のSG「第23回チャレンジカップ」は25日、予選2日目を終了した。

首位戦線では毒島誠(群馬=36)がここまで3、2、1着と快走しているが、エース格の74号機を駆る今年のマスターズチャンプ村田修次(東京=47)もベテランらしい、粘り強い走りを披露している。

2日目まで3、3着。6号艇で出陣した2日目4Rは1周2Mを回った時点では後方5番手だったが、道中の猛追劇から原田幸哉(長崎=45)を逆転して、3着奪取と価値あるポイントアップに成功した。

レース後は「アレは乗りやすさがきているからできたターンですね」と自画自賛。仕上がりには日ごとに自信を深めている。それもそのはずだ、74号機は当地で横綱級と言われる逸品。村田自身も「回り足や乗りやすさはどんなエンジンでもペラ調整さえ合えばくるけど、伸びはなかなかそうはいかない。今回、その伸びがきている、ってことはいいエンジンの象徴ですよ」と艇界屈指の理論派らしく、的確に分析している。

2日目は本体の組み直しが奏功。「これでかかりがいい方向にきて、自由度が出てきたのが大きい。これでもう一丁、ペラ調整をすればもっと出ると思う。自分が一番かどうかはわからないけど、間違いなくいい足をしていますよ」と満面の笑みを浮かべていた。

SG参戦は2011年の当地オーシャンカップ以来、9年ぶりとなるが、ベテランの域に達した47歳は「長くやってればこんなこともあるし、これからも長くやるつもりだから、あまり何年ぶりとかは気にしていない(笑い)」と照れくさそう。

口では平静を装いつつも序盤2走でSGの厳しさを実感し、それを楽しんでいるかのような余裕も感じさせている。「SGも一般戦もやることは一緒。ただ、気持ちはある程度入れていかないとね。隙を見せるとバンバンくるから、気が抜けない」。2周2Mの小回りで原田を逆転したシーンはその言葉を体現したかのような気迫があふれていた。

村田は1973年7月11日生まれ。東京支部の78期生。99年2月の平和島一般戦で初V。07年9月の多摩川53周年記念でGⅠ初制覇。今年4月の津マスターズチャンピオンで2度目のGⅠ優勝を果たしている。

ボートレース蒲郡のSG「第23回チャレンジカップ」と、同時開催中のGⅡ「第7回レディースチャレンジカップ」は25日、予選2日目の熱戦を繰り広げている。

この日は第1、2Rこそ順当なイン逃げ決着で始まったが、第3Rではインコースの前田将太(福岡=32)がコンマ26と大きくスタート遅れ。2コースの稲田浩二(兵庫=35)がコンマ13のトップスタートから難なくまくって完勝。2着に3号艇・上平真二(広島=46)、3着には6号艇・前本泰和(広島=48)が入線。3連単38410円という波乱の決着となった。

稲田は初日7Rの6号艇大外戦で2着発進としており、ここまで2戦2連対。「ターンの乗り心地が良くなりました。レースしやすくなったし、安心感が出てきた」と、エンジン気配も上向いている様子だ。

また、続く第4Rでは初日4Rのイン戦で3着に敗れていた岡崎恭裕(福岡=33)がコンマ02の際どいスタートから1M、鋭いまくり差しを決めて快勝! ここでも3連単舟券は18130円の高配当が飛び出した。

岡崎は初戦の失敗を糧にきっちりと巻き返した形で「スリットの足とか、回ってからの足はすごく良かった。全体的にいいと思います」とエンジンの手応えも上々だ。

稲田、岡崎ともにグランプリ出場へは優勝が絶対条件だけに、今後も気迫の走りに期待したい。

手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。