手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
『第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント』二日目のニュース・コメントまとめ

準決勝

10R
①田村隆信(徳島)
②寺田 祥(山口)
③森高一真(香川)
④原田幸哉(長崎)
⑤松井 繁(大阪)
⑥羽野直也(福岡)

11R
①毒島 誠(群馬)
②吉川元浩(兵庫)
③池田浩二(愛知)
④峰 竜太(佐賀)
⑤新田雄史(三重)
⑥守屋美穂(岡山)

8R
①吉川元浩(兵庫)10
②徳増秀樹(静岡)09
③新田雄史(三重)09
④原田幸哉(長崎)12
⑤前本泰和(広島)23
⑥丸野一樹(滋賀)11

展示タイムは吉川が6秒72で徳増が6秒71。昨日の1回戦とまったく同じ好時計を叩き出したふたりがスリットから抜け出し、インの吉川が徳増を壁にして鉄壁の逃げを披露した。選手も足も強い。明日も枠番&着順はともかく決勝進出が濃厚な仕上がりで、今節の元浩に必要な物はもはや「アミダ抽選運」だけだろう(笑)。

一方、生死を分かつ2・3着争いは、徳増vs新田vs幸哉による壮絶な椅子取りゲームとなった。生き残り確率は3分の2。1周2マーク~3周1マークまで、何度3人の順位が入れ替わっただろう。常に準決勝に手が届く位置にいたのは幸哉と徳増で、まずは何度かの攻防の末に今日のレース足が光る幸哉が力強く抜け出した。前半4Rの2コース差しも峻烈だったが、今節の幸哉13号機は大仕事をやりそうなムードを醸し出している。このままの勢いで決勝まで突き進めば、流れ的に1号艇をGETしても不思議じゃないな。

2分の1となった椅子取りゲームは徳増が優勢を保っていたが、2周2マーク、新田の小回りターン一発で逆転。ガッチリと舳先をねじ込んだ新田が敵を徳増だけに絞り込んだ激辛のブロックで押さえつけ、3周1マークは徳増に何もさせない絶品ターンで第3チケットをもぎ取った。4着・徳増の敗因は、やはり前半4Rから不安視していた出足系統(特に回り足)だったか。冷えてかなり上向いてはいたが、ターンするたびにちょっとちょっとロスしていた気がしてならない。
★1着・吉川(選考5位)、2着・原田(31位)、3着・新田(16位)

サプライズすぎる3着

9R
①田村隆信(徳島) 11
②上野真之介(佐賀)10
③池田浩二(愛知) 06
④平高奈菜(香川) 11
⑤磯部 誠(愛知) 15
⑥羽野直也(福岡) 19

穏やかな枠なり3対3から、現役チャンピオンの田村がここもインからあっさり押しきった。選考順位が1位だからして、明日の準決勝はこの時点で1号艇が確定! 明日も逃げきり、去年と同じだけのくじ運を発揮すれば、初防衛のみならず「1回戦~決勝まで4戦連続1号艇でプレミアムGI優勝」というレアな記録まで生まれるかもしれない(GP2nd組でも起こり得る記録だが)。

f:id:boatrace-g-report:20201204215729j:plain

2着争いで惜しかったのは磯部だ。5コース巧者らしい強烈な全速のまくり差しでバック2番手を獲りきったが、ケリを付けるはずの2マークでまったくサイドが掛からないターンミスで失速。同県の先輩・池田に2番手を譲るとともに、そのまま準決勝の圏外まで飛び去った。最近のリズムダウンの流れが、まんまあのターンに乗り移ってしまったか。

田村-池田までが確定しての3着争いは、ドラマチックな幕切れとなった。1周バックでかなり離れた5、6番手だった羽野が、ほぼすべての周回を全速の握りマイで追って追って追って、最終ターンマークも3番手の上野に乾坤一擲の強ツケマイを放って大逆転の準決勝チケットをもぎ取った。
キュン!!
ゴールの瞬間、①-全-⑥の舟券を買っていた私は羽野キュンに恋心を抱いたことを告白しておこう。ありがとう、キュン♪ それにしてもの悶絶ターン。昨日の桐生順平の負傷帰郷で繰り上がり参戦となっただけでもサプライズなのに、このゴボー抜きでの準決勝進出は超サプライズ過ぎる。明日も悶絶ターンで3着に食い込んだりしたら、もはや勢い的に幸哉などを超越してアミダ1号艇が間違いない気もするのだが、どうか。うん、あの悶絶ターンは奥洞海の水神様の恋心まで鷲掴みにしたと思う、きっと(最終的に福岡支部で生き残ったのは羽野キュンひとりだった)。
★1着・田村(1位)、2着・池田(23位)、3着・羽野(37位)

連夜の「くノ一」差し

10R
①寺田 祥(山口)13
②深谷知博(静岡)16
③村田修次(東京)13
④峰 竜太(佐賀)14
⑤上平真二(広島)15
⑥守屋美穂(岡山)16

スタート展示のピット離れで遅れた峰が本番はしっかり踏み込み、3レース連続の穏やかな枠なり3対3。F持ちの深谷が起こしで凹んだが、これもしっかり伸び返してスリットラインはほぼ横一線。ここから力強く出て行ったのはインの寺田で、1マークは外からの猛攻を浴びる間もなく独走態勢に持ち込んだ。寺田20号機は前検でもインからの伸び返しが際立っていて、スロー発進での出足~行き足のツナギだけなら吉川38号機を上回っているかも?

そして、1マークの出口で早々に2番手を獲りきってしまったのが、4カドの峰竜太だった。嗚呼、昨日の11Rの2マーク~今日の6Rの2マークに続き、ここは1マークで異次元の怪獣ターンが炸裂! 本当に、4カドからただただ正攻法の二番差し(村田のまくり差しを含めると三番差し)を選択しただけなのに、峰の艇だけが5艇身ほどもタイムスリップしたような異様な光景だった。果たしてこれが、昨日の大整備が当たってのパワー差しなのか、機力なんぞまったく関与しない怪獣の咆哮なのか、もはや私には鑑定できない。きっと明日の私も峰59号機にB【出B・直B】という辛口の採点を授けると思うのだが、これほど分かりにくい選手は10年ほど前の瓜生正義以来だ。

そしてそして、3着は今日もやってくれました、守屋美穂! 昨日とまったく同様に最アウトから1マークは最内に潜り込み、女子力を生かしてじわじわ伸びつつスリット裏から外へと展開。この段階ではまだ5番手だったが、2マークの混戦を横目に最内をスパンッと小気味よく差し抜いてあっという間に3番手を獲りきった。素晴らしい!! 連夜に渡る「大外コース克服」に成功した守屋の明日は、やっぱりまたまた6号艇。明日も6コースからくノ一の如き忍び足で3着を取り切れば、あみだくじで1号艇→レディースチャレカのウップンを晴らすイン逃げVという青写真まで浮かび上がるだろう。
★1着・寺田祥(6位)、2着・峰(2位)、3着・守屋(35位)

王者の皮算用

11R
①毒島 誠(群馬)19
②松井 繁(大阪)20
③西山貴浩(福岡)18
④森高一真(香川)14
⑤平山智加(香川)25
⑥遠藤エミ(滋賀)18

今年の準々決勝は外枠に若手が多かったこともあって、4戦連続の穏やかな枠なり3対3となった。最後の一戦は他よりも遅めのスタートだったが、ほぼ横一線で揃えってしまえばインコースの利は変わらない。大村ダービーあたりから急速にリズムアップしている毒島が、外艇の乱戦を尻目に危なげなく逃げきった。8Rから4戦すべて圧倒的なイン逃げ決着。

他の5艇による1マークの攻防はまさに乱戦。3コースの西山が正攻法の握りマイを放った瞬間、2コース松井もまったく同じ呼吸でジカまくりを選択。西山を張り倒す形で準決勝の主導権を確保した。「最低ノルマの3着を取りきるには、差しより握りマイが高確率」という百戦錬磨の計算が働いたか。さらに6コースから、遠藤エミがこの競り合いに乗じてスピーディなまくり差し。なかなかに迫力のある全速アタックだったが、艇のバランスを逸して落水寸前の振り込みとともに万事休した。

そんな叩き合いを横目に、4カドから冷静沈着な差しハンドルを突き入れたのが森高だった。一番差しの利もあって、最内をすいすい進んで松井を圧倒。1艇身ほどの優位を保ったまま2マークを先取りして2着=準決勝のセンター枠を手中にした。展開一本の2着とは言え、今節の森高は冷静な捌きが光っていて、明日もあれよあれよの3着以内があっても不思議じゃないだろう。
3着も1マークの陽動作戦で優位に立った松井がガッチリとキープ。女子でふたり目の準決勝入りを目指した平山が猛追したが、惜しくも及ばなかった。明日は5号艇となった松井が、すんなり枠なりから3着を目指すのか。その可能性もかなり高そうではあるが、もしもピットアウトから動くようなら穴配当の確率が一気に高まるだろう。ちなみに、現在の松井のクラシック優先順位は74位(一般シリーズ3V)。GPで優出すれば話は早いが、「できればココで決めてしまいたい」という王者の思い(←私の勝手な憶測ではある)も舟券予想ファクターの片隅に入れておきたい。
★1着・毒島(4位)、2着・森高(30位)、3着・松井(14位)

かくして、すべてイン逃げ=本命サイドの決着で明日の準決勝メンバーが確定した。レース&枠番は速報で記したとおりだが、松井の順位を報じたついでに準決勝の面々のクラシック勝負駆け選手も列挙しておこう。
●池田浩二=58位
●守屋美穂=62位
●松井 繁=74位
●新田雄史=75位
●羽野直也=115位
●田村隆信=2020年V0
●森高一真=2020年V0

ボートレース若松のプレミアムGⅠ「第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント」は4日、2日目が終了。8~11レースで準々決勝が行われ、3日目(5日)の準決勝に進出するメンバーが出揃った。

準々決勝は4レースともイン逃げ決着。逃げた4選手とも1回戦からの連勝となったため、準決勝の枠番は選考順位で確定。田村隆信(徳島=42)が10レース1号艇、毒島誠(群馬=36)が11レース1号艇となり、吉川元浩(兵庫=48)が11レースの2号艇、寺田祥(山口=42)が10レースの2号艇となった。

〝4強〟はいずれも気配上々で、順当に決勝戦に進みそうだが、中でも前年度覇者の田村に注目したい。

準々決勝9Rは今節2回目のイン戦。3コースからトップSを決めた池田浩二(愛知=42)に対してスリットから伸び返して先マイ。1マークは握って回る形になったがターン後の舟の返り、バックの出足ともに問題ないレベル。激しく競り合う後続を尻目に危なげなく押し切った。

「前半(4R=4着)が6号艇だったので、パンチがつくかと思って調整したら全然ダメ。その反省を生かせましたね。これでいい方向が分かった。今の状態なら何の不満もないです。出足、伸びのバランスが取れているし、乗り心地も気に入っている。レース足がいいですね。展示タイムが出ているし、足自体も普通以上。今もやられることはなかった」と、エンジンをほぼ手の内に入れた様子だ。

外枠からしぶとく勝ち上がり、最後にツキで白カポックを引き寄せた昨年とは異なり、今年は横綱相撲でピンピン(1着2本)。さほど前評判の高くなかったエンジンを仕上げ、リズムも最高潮だ。

「来年のSG出場権を持っていないですからね。ここを取りたい。足には何の不安もない。準々決勝のスタートも全速で行けた。これで負けたら自分のせいという仕上がり」と力強く言い切った。後は己との戦い。三たびの逃げでファイナルへの道を切り開く。

 ボートレース若松のプレミアムGⅠ「第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント」は5日、シリーズ3日目を迎え、10、11Rで準決勝戦が争われる。

連勝で順当に勝ち上がった田村隆信(徳島=42)、毒島誠(群馬=36)、吉川元浩(兵庫=48)、寺田祥(山口=42)の〝4強〟が準決勝の1、2号艇に名を連ねるが、一方でギリギリで勝ち上がってきたのが地元のホープ・羽野直也(福岡=25)だ。

2日目(4日)の準々決勝9Rは6コースから1マークのブイ際を差したが、ターン出口では最後方6番手だった。そこから猛然と追い上げを開始。3~5番手争いの接戦から、3周1マークの全速ターンで一気に前を走る上野真之介(佐賀=32)、磯部誠(愛知=30)に急接近。最後の3周2マークでも全速ターンを放ち、ゴール直前まで上野とラップ状態のままゴール。結果的にわずかに〝ハナ先〟だけ差し切って3着でフィニッシュした。

大逆転での準決勝進出に「前がみんな3着を狙う展開になったので、自分にはツイていた。舟の返りがいいし、道中の感じは良かった」と笑顔を見せた。

トーナメント初戦は、本来なら敗退となる4着だったが、桐生順平(埼玉=34)が負傷帰郷となり、繰り上がりで準々決勝に勝ち上がったラッキーボーイだ。「この大会は勝ち上がりが大事なので、3日目も3着を狙って頑張る!」と、地元の最後のとりでとしてファイナル進出を狙っている。

ボートレース若松(福岡県・ナイター開催)のプレミアムG1「第2回ボートレースバトルチャンピオントーナメント(BBCT)」は2日目の4日、8R〜11Rで1回戦を勝ち上がった24人により、準々決勝戦4個レースが行われた。

8Rは超抜気配の吉川元浩がイン逃げで圧勝。徳増秀樹、原田幸哉、新田雄史の3人で壮絶な2、3着争いが繰り広げられ、原田が2着、新田が3着。徳増はいったん2番手を走っていただけに、悔しい敗退となった。

9Rは初代チャンピオンの田村隆信【写真上】がイン速攻。握った池田浩二が1周2マークの差しで2着を確保。3番手は上野真之介が走っていたが、驚異的な追い上げを見せたのが羽野直也。3周ホームまでは5番手の位置にいたのだが、最終ターンで上野に全速ツケマイを浴びせ、ゴールは写真判定の末の競り勝ち3着。1回戦は4着だったが、桐生順平の帰郷により繰り上がり、そのツキを見事に生かす好走だった。

10Rも寺田祥がインから押し切り。村田修次のまくり差しは惜しくも不発に終わり、的確に差した峰竜太がすんなり2着。6コースから最内を差した守屋美穂は1周2マークで見事な小回りターン。ここで3人を抜いて3着に浮上。女子ではただ1人、準決勝戦に駒を進めた。

11Rは4カドの森高一真がスタートで先手。これに松井繁と西山貴浩が反応し、両者はまくられまいと握って回った。イン毒島誠【写真下】にとって願ってもない壁ができ、そのまま逃走。森高は2人が握るのを見て冷静に差しにチェンジし、松井にも競り勝って2着。松井はかろうじて3着での勝ち上がりになった。一方、地元で燃えていた西山は1周1マークではるか後方となり終戦…。「地元のこの大会が自分にとってのグランプリだったのに〜」といつもの西山節で悔しさを表現した。

終わってみれば4個レースとも人気を背負った1号艇のイン逃げで順当決着。女子は守屋美穂、地元勢は羽野直也だけが生き残った一方で、1回戦で師匠の峰竜太を撃破していた上野真之介はまさかの敗退。ベスト12の顔ぶれと組み合わせは次の通りとなった。

<若松3日目 10R 準決勝戦>
1枠 田村 隆信(徳島支部)
2枠 寺田  祥(山口支部)
3枠 森高 一真(香川支部)
4枠 原田 幸哉(長崎支部)
5枠 松井  繁(大阪支部)
6枠 羽野 直也(福岡支部)

<若松3日目 11R 準決勝戦>
1枠 毒島  誠(群馬支部)
2枠 吉川 元浩(兵庫支部)
3枠 池田 浩二(愛知支部)
4枠 峰  竜太(佐賀支部)
5枠 新田 雄史(三重支部)
6枠 守屋 美穂(岡山支部)

ともにイン逃げを連発した選考順位1位の田村隆信と同4位の毒島誠が1号艇で登場。10Rは5枠に王者・松井繁がいて、進入が乱れる可能性がある。11Rの毒島には超抜気配の吉川元浩が強敵になりそうだ。

ベスト12人の支部をご覧頂きたい。同じ支部の選手が1組もおらず、12人で12支部からの勝ち上がりになっている。全国18支部のうち、埼玉、東京、静岡、福井、滋賀、広島の6支部以外の選手がベスト12に勝ち上がった。九州は3支部全てから勝ち上がっているが、逆に関東は群馬の毒島誠だけ。15日に平和島で開幕するグランプリ出場も関東からは毒島だけという寂しい状況だが、今大会も毒島が関東のファンの期待を一身に背負う。

手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。