手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
【SG】『第35回グランプリ』『第35回グランプリシリーズ』2日目のニュース・まとめ

 師走の大一番、ボートレース平和島のSG「第35回グランプリ」は16日の2日目、第11、12Rでトライアル2nd進出をかけた、TR1st第2戦が行われた。

11Rは3コース発進の西山貴浩(福岡=33)が先まくりを決めて、まくり差しから追走した新田雄史(三重=35)を振り切り快勝! TR2nd勝ち上がり一番乗りを決めた。2着は新田がそのまま流れ込み、3着は白井英治(山口=44)が入線した。

〝らしくない〟まくり快勝劇に西山は「今大会は気持ち一本! 一番いいところで決まった!」といささか興奮気味に話した。

続く12Rは1号艇・平本真之(愛知=36)がイン先マイからあっさりと独走態勢。こうなると焦点は次位争い。こちらは3コースから外マイした松井繁(大阪=51)が差してきた茅原悠紀(岡山=33)をバックストレッチ中間で締め切り、2着を確保。茅原は2Mで井口佳典らを抑えて3番手キープ。

続く2周1Mでは瓜生正義に岡崎恭裕が絡んで両者転覆のアクシデントも発生した。

TR1stを見事に連勝とした平本はレース後「ホッとしました。まだ調整が合っていなかったがこれで分かった。2ndも頑張ります!」と満面の笑みを浮かべた。

この2戦の結果、17日の3日目から始まるトライアル2ndには平本、白井、西山、松井、菊地孝平(静岡=42)、新田の6選手が勝ち上がる。

「グランプリ・SG」(16日、平和島)

グランプリ初出場の西山貴浩(33)=福岡・97期・A1=がトライアル1stの2回戦11Rで3コースからのまくりを敢行して1着をもぎ取った。

リングを交換して臨んでおり、「リング交換は正解」としながらも機力にはまだ不安を感じ取る。「足は弱い。1Mまでの足は弱いので、そこは求める」とさらなる本体整備を示唆する。

3、1着でトライアル1stを通過して、17日の2nd1回戦は12R5号艇で登場する。「粘り強く」と奮闘を誓った。

ボートレース年末の大一番・平和島SG「第35回グランプリ」とSG「グランプリシリーズ」は16日、2日目を終えた。2日目のトライアル1st・11RはGP初出場の西山貴浩(福岡=33)が3コースまくりで快勝。続く12Rは平本真之(愛知=36)が逃げ切って初日からの連勝を飾った。

2日間の1stステージを終えて、2ndに勝ち上がったのは得点順に平本、白井英治(山口=44)、西山、松井繁(大阪=51)、菊地孝平(静岡=42)、新田雄史(三重=35)の6選手。その中で〝ツキ〟にも恵まれて勝ち上がった菊地に注目したい。

2日目は11Rに出走し5着。道中は4番手を追走しながら、先行艇との絡みで、少し避けるようなターンになったところを後続艇にスクわれる、いささか不運な結果となった。初日も1号艇ながら2着に終わっており、例年ならトライアル2nd進出はほぼ絶望的な状況だったが、その後の12Rで2艇が転覆するアクシデントが発生。〝九死に一生を得る〟形での勝ち上がりとなった。

他艇の事故で繰り上がっただけに「こういうのはツキとは言えないよ」と素直には喜べない様子だったが、平和島開催のグランプリは茅原悠紀が制した2014年大会で惜しい2着。当時、これ以上ないほど、悔しそうな表情を浮かべていたのが印象的だったが、形はどうあれ、リベンジの機会は得られた。

肝心の舟足も2走とも展開に恵まれなかっただけで、いたって良好。「足は全体にいい方。いい調整もできている。エンジンがしっかりしているし、2nd組ともそん色はない」と互角以上の気配に仕上がっている。

代名詞ともいえるスタートは2日目にコンマ23と不覚を取ったが、「2日目に失敗したので、明日(3日目)以降に失敗することはないかな」と行く気満々。

進入も「スローのスタートは見えている。ダッシュも練習するが、進入は全ての可能性を考えて、遠慮することなく行きたい」と前づけ策も視野に入れている。6号艇でも〝最大の惑星〟といえそうだ。

ボートレース平和島のSG「第35回グランプリ」は17日から賞金ランクトップ6が出場する「トライアル2nd」が開催される。大注目は賞金ランク1位を突っ走る峰竜太(佐賀=35)だ。

2020年は10月終了時点で13V。2021年前期適用勝率(選考期間=20年5~10月)でも8・90と、この時点までは文句なしの成績だった。ところが、11月に入ると一転、急失速したのは否めない。とこなめ67周年記念では途中帰郷。続く津68周年記念、蒲郡SGチャレンジカップは連続で予選落ちするなど、あれほどだった勢いが止まった感もある。

これまでの峰は、他選手とは違う調整方法で勝ってきたタイプ。普段は乗り心地に関しては自身の操縦技術でカバーしつつ、徹底した〝舟足重視〟の調整でレースに臨んでいる。それだけに、ちょっとしたことでリズムを崩すと、モロい面があるのは仕方ないとはいえ「カッコつけていえば〝宿命〟だと思う。強くなりすぎて警戒されている」とあって、先々を見据えれば、何としても乗り越えたい壁となっている。

幸い今節は2nd組の中でも好エンジンをゲット。不振脱出を意識しつつ「ペラを乗りやすく叩いた。反応があったし、足の比較でもいい感じだと思う。日増しに自分のが良くなっている気がする。新しい面が引き出せると思う」と、いつもと調整を変える形にはなっているが、舟足、乗り心地ともに、自信満々の仕上がりで臨めそうなのは何よりだ。

17年10月のSGダービー以来の参戦となる平和島プールだが「できるターン、できないターンを試して、初日(15日)くらいからいいターンができるようになってきた」と心配無用。

最高のパフォーマンスさえ発揮できれば、おのずと結果はついてくるはずだ。

BOAT RACE ビッグレース現場レポート

ド根性の先まくり!

11R
①前本泰和(広島)23
②菊地孝平(静岡)23
③西山貴浩(福岡)15
④徳増秀樹(静岡)12
⑤新田雄史(三重)15
⑥白井英治(山口)16

f:id:boatrace-g-report:20201216182614j:plain

やはりグランプリは、ひと味もふた味もコクが違う。進入は白井が前付けを緩めての枠なり3対3。ただ、これはそんじょそこらの温泉気分の3・3とはワケが違う。特訓から白井がゴリゴリ動き、スタート展示では全員が抵抗して枠なりオールスローになり、最後の最後の外枠3艇のファイナルジャッジがこのシンプルな並びだった。新田も白井も仕方なく、ではない「これが最善」と考えたのだ。理由はひとつ。

f:id:boatrace-g-report:20201216182645j:plain

まくり屋の徳増が伸びるから。
これに尽きる。スタート展示後に発表された徳増の展示タイムは、異次元ともいうべき6秒56!! 下手に動いて外の徳増を敵に回すより、徳増を4カドにしてまくらせた方が絶好の展開が生まれやすい。そう考えたに違いないし、それはまた徳増の作戦勝ちでもあったはずだ。
いざ実戦。自分を信頼してくれた外2艇を引き連れて、徳増は行った。スリットから覗くや、すぐに舳先を左に傾けた。

f:id:boatrace-g-report:20201216182714j:plain

だがしかし、徳増の破壊力を肌身で感じていたのは徳増だけではない。カド受けの西山も腹を決めていた。西山はつい10日前の若松BBCトーナメントでも、伸びる徳増に叩き潰されている。ただ、あのときはいわゆる“敗者戦”。今日はまくられ惨敗したら大きな夢が潰える一発勝負だ。
西山は内で踏み遅れた菊地には目もくれず、しっかりスタートを踏み込んだ。「菊地を超えたらフライング警報」という選手間の常識ものかわ、外の徳増に視線をロックオンした。そして、オラオラのシャクリ態勢に突入した徳増に艇をぶつける気合で徹底抗戦し、外へと張り倒しながら自ら先にまくりを打った。
「気持ちだけ、本当にもう気持ちだけでした」
レース後のコメントまんまの“まくりブロックまくり”。これが見事に功を奏して、GP初出場にしてトライアル2nd入りを確定させた。ひとまず、おめでとう、ニッシーニャ!! 展開が展開だけに、西山に続いたのは新田、白井の外枠勢だった。道中での思いは「ありがとう、徳さん!」だったかも(笑)。白井は西山と同率の1・3着でフィニッシュし、選考順位の差でこのレースでのトップ当選を決めた。また、ともに2・5着の新田と菊地は首筋の寒い状況で12Rを待つ身となった。

縦長の明暗

12R
①平本真之(愛知)11
②瓜生正義(福岡)09
③松井 繁(大阪)14
④茅原悠紀(岡山)22
⑤岡崎恭裕(福岡)18
⑥井口佳典(三重)21

f:id:boatrace-g-report:20201216182845j:plain

こちらは井口がスタート特訓から一貫して6コースダッシュを選択したため、本番の待機行動は微妙な押し引きがありつつ、やはり枠なり3対3に落ち着いた。茅原のスリット足は徳増には及ばないから、外の2艇は自力と他力の両面を胸に秘めてのコース選択だったと思う。
11Rはセンター2騎が火花を散らす叩き合いを演じたが、同じく4号艇の1着勝負だった茅原がよもやのスタート遅れ。全速を意識しすぎたか、65号機の行き足が期待に反したのか。とにかく外の2艇もお付き合いでやや踏み遅れ、このレースはスロー3艇が完全に主導権を握った。

f:id:boatrace-g-report:20201216182913j:plain

平本が逃げて、瓜生が差して、松井が握っての正攻法パターン。外からは岡崎が全速でぶん回したが、スタートの差が大きくまったく届かない。そして、ターンの出口でずるずると失速したのが瓜生だった。今日の試運転ではストレート足がアップしたように見えたのだが、2コースに必要な出足系統はやはりここではワースト級だった。好枠2戦を生かしきれなかった無念、推して知るべしだろう。

f:id:boatrace-g-report:20201216182937j:plain

一方、しっかり握り倒して2番手を確保した松井は、昨日同様に冷静かつ的確な立ち回りが目立った。2マークはひとつでも着を上げたい後続艇がわらわら殺到したのだが、顔色ひとつ変えない余裕の抱きマイで楽々とクリア。トライアルの死闘を何十度も経験してきた男が、この程度の渋滞に引っ掛かるはずもなかった。昨日も今日も、何事もなかったかのように3着2着で第一関門を突破した51歳の王者。「流石」という表現が最適だろう。

f:id:boatrace-g-report:20201216183004j:plain

さてさて、GPトライアル最終バトルの醍醐味は1・2着が決まったくらいで色褪せないものなのだが、このレースは2周1マークでその性質を失った。5・6着では危ないと見た岡崎がやや突進気味に切り返し、そこに小回り旋回した瓜生が追突する形で2艇ともに転覆。このまさかの福岡心中で、ほぼ絶望的だった瓜生のみならず岡崎まで脱落する結果となった(岡崎は不良航法)。
平本~松井~茅原~井口、縦長になって粛々と走る4選手はその真ん中で明と暗に分断されていた。前の2艇は明日に思いを馳せ、後方の2艇はこの2日間の自分と向き合っていたことだろう。昨日の3コースまくり差しから2連勝の平本は文句なしのトップ当選。ソツなく着をまとめた松井も余裕の得点で2nd入りを決めた。そして、2艇の転覆の影響もあって、11Rで肝を冷やしていた菊地と新田が明日の6号艇を分け合うことになった。個人的には、2ndステージを初戦からヒートアップさせる魅力的な配列だと思っている。

アイアンソルジャー躍動!

f:id:boatrace-g-report:20201216183028j:plain

一方、GPシリーズのV戦線の流れはひとりの男にぐんぐん傾いている。地元の石渡鉄兵! 昨日はイン逃げ&4カドまくり(最近、センターからまくるんです)で開幕2連勝。今日は10R2号艇の一走だったが、同期の天才にして選考トップ守田俊介の猛攻を全身全霊で受け止め、返す刀で最内をズバッと差し抜けた。あれよあれよの3連勝で、トライアル降格組をも寄せつけぬトップ街道まっしぐら!
今シリーズはV候補の守田が待機行動違反などで停滞し、他の有力候補たちもエンジン出しに苦しんだり、抜群パワーを生かしきれなかったり(山口剛だ><)一進一退の選手がやたらと多い。鉄兵はまだ重い枠番を残しているとはいえ、地元ファンやスタッフの応援が間違いなく追い風になるだろう。

f:id:boatrace-g-report:20201216183104j:plain

現時点でのライバルは古豪の深川真二と池田浩二、同郷の長田頼宗、村田修次。そして、明日になればトライアルで脱落した面々が高い得点を手土産に合流参戦することになる。鉄兵の明日は9R5号艇。とりあえず、1号艇で同居する池田に5コースからお歳暮替わりの挨拶をしておきたいところだろう(笑)。

f:id:boatrace-g-report:20201216183144j:plain

さてさて、シリーズ戦のパワー相場は当然と言えば当然なのだが、前検から「ほとんど変わらない」「みんな一緒」「良くも悪くもない中堅」とどんぐり状態を主張するレーサーが多い。やはり、大半のモーターが“余りもの”なのだ。
そんな中、明らかにシリーズトップ級の行き足~伸びを魅せているのが、山口剛25号機だ。残念ながら1マークや道中は踏んだり蹴ったりで266着と這っているが、その足色はどっからどう見てもシリーズ組では抜けている(断言!)。明日からはトライアル敗戦組も合流するが、それでも間違いなくトップ級(断定!)。予選の残りを真剣勝負で勝ち続けてくれれば、ミラクル予選突破とともに私の財布もふくふくと膨らむことだろう(笑)。とりあえず、明日の2R1号艇は影をも踏ませぬイン逃げを見せてもらいたい。

手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。