手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
『SGチャレンジカップ』『レディースチャレンジカップ』三日目のニュース・コメントまとめ

『激戦必至』今日・明日・明後日は今年一番の勝負掛け

 ボートレース蒲郡のSG「第23回チャレンジカップ」は26日、予選3日目を終了。〝伏兵〟と目されていた稲田浩二(兵庫=35)が4戦2勝オール3連対で得点率トップに立ち、〝ナイターキング〟毒島誠(群馬=36)がオール3連対で猛追している。

上位争いは激戦必至だが、準優進出のボーダー付近で注目したいのが初日のセット一式(シリンダー、ピストン2本、ピストンリング4本)交換が当たり、舟足を急上昇させた馬場貴也(滋賀=36)だ。

3日目3Rは4コースから1M最内を差して2着を確保。初日は6、5着と大きく出遅れたが、機力アップに成功した2日目から1、2着と巻き返し、得点率20位に浮上。準優進出に向け勝負駆けできる位置に何とかとどまった。

1走目に6着大敗したのを機に大整備を決断したのが正解だった。「初戦は回転が上がってこなくて印象が悪かったので、スリーブを交換しました。今ならターン回りはしっかりしているし、いい時のウイリーをする感じがありますね」と仕上がりは完調域に近い。

3日目終了時点で賞金ランクは25位。準優だけでなく、グランプリ出場へ向けた最後の勝負駆けに持ち込めたのは大きい。「これで何とか最終日まで勝負できる。着をしっかり取れる舟足になっているし、あとはどこまで自分が集中していけるかですね」と節間通しての展望を描いている。

チャレンジカップは2年前の芦屋でSG初Vを果たし、初のGP出場を決めた大会。その〝手応え〟は鮮明に覚えている。「あの時はエース機を引いて得点率トップでホント順調にいきましたからね。今回はそれとはまた違う状況にいるし、これで乗り越えられたら、もっと強くなれると思う」と逆境をさらなるステップアップへのモチベーションに変えている。

チャレンジCを制し、SG覇者として迎えた昨年は、自身初めて獲得賞金1億円超えを達成。選手生活でも一番の充実期を迎えている。

「1回、グランプリの舞台を味わっちゃうと、あれ以上のものはないですからね。2年前より確実に地力はつけているし、メイチの勝負駆けにしたい」と語る姿には自信も満ちあふれている。4日目の2走も激走が期待できそうだ。

ボートレース蒲郡のSG「第23回チャレンジカップ」とGⅡ「第7回レディースチャレンジカップ」は26日に予選3日目を終了した。27日の4日目は「チャレンジC」が準優勝戦進出へ向けた予選最終日となる。

ここまでの得点率首位に立ったのは4戦2勝2、3着1回ずつの稲田浩二(兵庫=35)だ。以下、毒島誠(群馬=36)、桐生順平(埼玉=34)、久田敏之(群馬=39)と関東勢が続く。また、着順だけなら5位に相当する峰竜太(佐賀=35)は昨12Rで不良航法の減点10を取られ急降下。一転してボーダー下の22位から予選突破を目指すことになった。

稲田は3日目6R、鋭いまくり差しを繰り出してシリーズ2勝目を奪取。舟足こそ中堅レベルのままだが、今節は運も味方につけている。予選ラストとなる4日目10Rの1号艇を首尾よく逃げ切れれば、予選トップ通過で準優戦に勝ち上がることになるが…。

ここには峰や松井繁(大阪=51)、岡崎恭裕(福岡=33)ら、いずれも強敵ばかりがズラリと勢ぞろい。稲田にとっては間違いなく、今年最大の勝負どころとなりそうだ。

ボートレース蒲郡のSG「第23回チャレンジカップ」は26日、中盤戦のヤマ場、予選3日目の熱戦を展開中だ!

第4Rでは、それまで1、5、1着だった新田雄史(三重=35)が4号艇で登場。4コースカドからコンマ05の好スタートを決めると、1Mは差しハンドル。バックストレッチでは4艇並走の最内から2M先マイを果たして、今節3勝目を手にした。

2日目までは伸びに不安を訴えていたが、レース後には「上向いているのかも。(バックでも)思ったよりも出られなかったし、最低限は大丈夫」と、しっかり機力を上昇させてきた。これまでは本体整備も視野に入れていたようだが「あとはペラ調整だけにします」と、今後の方向性も定まった。SG3Vに向けて、勢いを増している新田からますます目が離せなくなった。

一方、GⅡ「第7回レディースチャレンジカップ」も同時進行中。こちらは、2日目まで1、3着と好走していた寺田千恵(岡山=51)が第5R1号艇で登場。ここは一旦、4号艇・小野生奈(福岡=32)の差し先行を許したが、これを2Mで差し返して逆転勝利。レース後は「ついてますね、今節は」とホッとした表情で、「1Mは(ターンマークに)寄り過ぎてしまったけど、しっかり調整ができて2Mは(ターンでサイドが)かかってくれました。行き足から伸びはすごくいいですね。あとは微調整で乗り心地を求めることに集中したい」と、仕上げは上々だ。

全選手中、唯一全8回皆勤の続いている「クイーンズクライマックス」出場へは、もっか〝勝負駆け〟中だけに、今後も気を抜くことなく、上位着を積み重ねるつもりだ。

ボートレース蒲郡の「SG第23回チャレンジカップ・G2第7回レディースチャレンジカップ」は26日、開催3日目が終了した。

初日、2日目に続き3日目もオープニングは北西からの右横風。3R〜5Rは南西からの向かい風に変わったが、他のレースは3m以下の右横風で行われた。全体の決まり手はイン逃げが7本、差しとまくり差しは2本ずつ、抜きが1本だった。配当面は、万舟券がゼロ。3ケタは1本、1000円台が5本と人気サイドが多かった。

3日目を終了して得点率トップに立ったのは8.50の稲田浩二【冒頭の写真】。「今節はツキ一本です」と流れの良さを強調するが、3日目6Rで見せたまくり差しは、かなり狭いスペースに飛び込むものだった。「足はいいところがないし普通です」と笑みは一切ないが、予選ラスト走は10Rの1枠、この1回乗り。勝てば他の動向に関係なく首位通過が決まる。現在の賞金ランキングは32位で、グランプリ初出場へはV条件。

得点率2位は8.20の毒島誠。「ターン回りはこさせられているけど、伸びはないですね」と岡崎恭裕との比較では伸びが劣勢だっただけに、レース後はプロペラ室で修正をしていた。

3位は7.50の桐生順平【写真上】。「足は悪くないけど、伸びることはないし普通」と特徴はないが、持ち前のレースセンスとコーナー力でポイントを積み重ねている。以下、4位には7.25で久田敏之、5位タイには7.00で岡崎恭裕と平本真之が続いている。

16位タイのボーダー上には5.50で池田浩二、石渡鉄兵、西山貴浩の3選手が並走。3日目10Rで初勝利を挙げた池田は「足に違和感はないけど、いい人には少し出られる」と上位との差を口にするが、整備とプロペラ調整がマッチングし始めた。予選最終日は2Rの6枠と11Rの4枠。グランプリ切符を目指す地元のエースが予選突破へ気迫のレースを展開する。

蒲郡SGチャレンジカップのレース情報やムービー特集、その他コンテンツはページ下の関連リンクよりご確認いただきたい。熱いレース展開に乗り遅れないようご注意を。

蒲郡でのG2第7回レディースチャレンジカップ(11月24日〜29日・SGチャレンジカップ併催)は3日目が終了した。寺田千恵(岡山)【写真】が5Rで道中逆転勝利を飾るなど3日目1・2着の活躍。これで1・3・1・2着とオール3連対をキープして予選首位に躍り出た。

寺田はクイーンズクライマックスに8年連続で出場中。2012年の第1回大会からすべての大会に出場していて、ただ1人の”皆勤賞”だ。しかし今年は現在女子賞金ランキング14位。9年連続出場へ黄信号がともっている。

【クイーンズクライマックス出場回数】
8回 寺田千恵
7回 日高逸子
6回 山川美由紀、小野生奈
5回 長嶋万記、松本晶恵、遠藤エミ
4回 海野ゆかり、三浦永理、平山智加、平高奈菜、守屋美穂
3回 中谷朋子、田口節子、鎌倉涼
2回 香川素子、永井聖美※、細川裕子、川野芽唯、樋口由加里、竹井奈美
1回 高橋淳美、谷川里江、角ひとみ、水口由紀、岸恵子、横西奏恵(引退)、大瀧明日香、向井美鈴、金田幸子、宇野弥生、滝川真由子、今井美亜、中村桃佳、大山千広
(※はシリーズ戦からの補充含む)

今年はクイーンズクライマックス出場7回で歴代2位の日高逸子がフライング多発によりマネーバトルからまさかの脱落(※現在女子賞金ランキング22位)。さらにクイーンズクライマックス出場6回で歴代3位タイの山川美由紀も春先にケガで約2カ月間欠場したのが響いて早々と脱落(※現在女子賞金ランキング49位)するなど、クイーンズクライマックス常連組が次々と出場権を逃す波乱の展開に。寺田もこの流れにのみ込まれそうな状況のなかでレディースチャレンジカップを迎えた。

そんななか3日目を終えて予選トップに立つ活躍ぶり。底力をいかんなく発揮し、優勝へと突き進みそうな勢いを見せている。

これまで6回開催されてきたレディースチャレンジカップだが、その歴代覇者の大会開幕時点での女子賞金ランキングを見ると、2014年の岸恵子は12位、2015年の寺田千恵は2位、2016年の遠藤エミは1位、2017年の遠藤エミは3位、2018年の守屋美穂は11位、2019年の遠藤エミは2位だった。いずれもベスト12圏内にいた選手が優勝を飾り、13位以下から大逆転を狙う選手たちの夢を打ち砕いてきた。

もし寺田が今年優勝を飾れば、女子賞金ランキング13位以下からレディースチャレンジカップ優勝によって逆転のクイーンズクライマックス出場権を得る史上初のケースになる。これまで幾多の記録を作ってきた寺田千恵が、レディースチャレンジカップの歴史にも新たな伝説を刻むのか。

手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。