手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
【SG】『第35回グランプリ』『第35回グランプリシリーズ』3日目のニュース・まとめ

ボートレース平和島のSG「第35回グランプリ」は17日、開催3日目の熱戦を展開した。注目の〝1億円争奪戦〟はいよいよ「トライアル2nd」ステージに進み、TR1stから勝ち上がった6人が「トップ6シード」組と激突した。

その初っ端の11Rは獲得賞金2位で出場してきた毒島誠(群馬=36)がインコースから逃げ切り快勝。幸先いい滑り出しを決めた。2着には2号艇・吉川元浩(兵庫=48)、3着は3号艇・寺田祥(山口=42)が入る超順当決着。結果的に「シード」組が上位を独占した。

勝った毒島は「落ち着いてレース運びができた。足もだいぶ良くなっている。ここからも悔いの残らないように、しっかりやりたい」と、決意を新たにしていた。

続く12Rも獲得賞金トップで乗り込んできた峰竜太(佐賀=35)が、イン仁王立ち。3コース・深谷知博(静岡=32)のツケマイ強襲をこらえて、逃げ切りを決めた。深谷がそのまま流れ込んで2着。3着は1M、差して追走した白井英治(山口=44)が確保した。

峰はレース後に行われた翌日「TR2nd」第2戦の枠番抽選でも、真っ先に白玉=1号艇を引き当てる〝力強さ〟を発揮。「プロペラ調整に正解を出した。舟足は1つ抜けていく感じだった。これでいい流れを作れたと思う。すごく緊張しているけど充実している」と、2度目のグランプリ制覇に向けて、ますます加速させる。

ボートレース平和島で開催中のSG「第35回グランプリ」(優勝賞金1億円)は17日、トライアル2ndに突入。この日、3日目11Rに登場した毒島誠、吉川元浩、寺田祥は前日まで手応えにやや不安があったが、終わってみれば上位着を独占した。

毒島(1着)が「ペラ調整に反応が出てくれるようになった」と話せば、吉川(2着)も「前検よりは良くなっている」と上向かせた。「面白くない足」と言っていた寺田祥(3着)にいたっては「これなら十分に楽しめる感じ」と手応えが一変。

一方、1st突破で勢いがあった面々は、スロー勢にスタートもしっかりと決められて出番がなかった。連勝で勝ち進んでいた平本真之(4着)は、試運転中にまさかの転覆で気配落ち。リズムを崩した。手応えが良さそうだった菊地孝平(6着)も、枠なり6コースから見せ場なく。この日は調整も合っていなかったようだ。それでも「調整が合えば全部がすごくいい」と、芯をとらえれば魅力的な仕上がりになることを試運転などで実感。その足でレースに臨めれば、再び同じ6枠となった2nd2走目の結果は違ってきそう。

<平和島4日目11R トライアル2nd>
1枠 西山 貴浩 (福岡) 1走目6着4点
2枠 新田 雄史 (三重) 1走目4着6点
3枠 松井  繁 (大阪) 1走目5着5点
4枠 寺田  祥 (山口) 1走目3着7点
5枠 毒島  誠 (群馬) 1走目1着10点
6枠 深谷 知博 (静岡) 1走目2着9点

<平和島4日目12R トライアル2nd>
1枠 峰  竜太 (佐賀) 1走目1着10点
2枠 平本 真之 (愛知) 1走目4着6点
3枠 吉川 元浩 (兵庫) 1走目2着9点
4枠 篠崎 仁志 (福岡) 1走目5着5点
5枠 白井 英治 (山口) 1走目3着7点
6枠 菊地 孝平 (静岡) 1走目6着4点
※()内は支部

3日目の12R組では、初出場の深谷知博(2着)が果敢に攻めたが、絶好枠の峰竜太(1着)【冒頭の写真】が落ち着いて受け止めて完勝。「行き足が良くなった」と、峰はいい調整もできていた。レース後の枠番抽選では「思わずガッツポーズが出た」と2nd2走目の1枠を引き当てて興奮。自ら流れを引き寄せた。2走目も再び12R1枠で登場する峰。連勝ならファイナル1枠へグッと近づく。

しかしライバル達も黙ってはいない。パワーで脅かすのは白井英治(3着)。2nd初戦は全速スタートが決まらず攻め不発に終わったが、「様子を見ながらのスタートでも出ていきましたね。フルダッシュなら、ひとまくりできる足」と伸びはやはり強力だ。2nd2走目は5枠から峰撃破を狙う。

また、篠崎仁志(5着)も足の仕上がりは良さそうで「行き足、伸びと全体的に不満はないです」。苦しい出だしとなったが、気持ちを切り替えて臨めればポイント挽回は可能だ。

西山貴浩(6着)は大敗も、2nd2走目の枠番抽選では残り福で1枠をゲット。前日は「3着を狙って」とおどけたが、抽選後は「この大舞台で1枠を経験できることが大きい。それが現実になって良かったし最高。頑張ります」とボート界のエンターテイナーが気合十分のコメントを出した。目の色が変わった西山の走りにも注目したい。

なお、トライアル2ndの得点は1着10点、2着9点、3着7点、4着6点、5着5点、6着4点。グランプリ優勝戦に進むためには計3走して得点率上位6人に入ることが必要。ボーダーラインを得点でいえば2018年は21点の着位差、2019年は20点の着位差だった。

し切って快勝した。

まずは両雄が好発進を決めたが、前日(16日)までは11Rに出走した毒島、吉川元浩(兵庫=48)、寺田祥(山口=42)のトップ3は決して好気配とは言えない状況で「オレら3人、出てないよね…」と口々に語っていたほど。

ところが、終わってみればトップ3で上位を独占。さすがの貫禄を示す形となったが、特に上昇度が大きかったのが毒島で「今なら機率(44・2%)の感じに近づいている。出足寄りにしているので、展示タイムは出なかったが、そこも僕らしいところ。手前寄りに持ってこれたと思う」とトップ級の仕上がりだ。

イン逃げとはいえ、リズム面でも大きい白星となった。平和島の1号艇といえば、思い起こされるのが今年3月のSG「クラシック」。準優1号艇を得ながら、今回と同様、2コースから仕掛けてきた吉川のツケマイに屈して6着大敗。吉川は2コースから再度のツケマイに出たが、苦い経験を糧に「(吉川のツケマイは)しっかり想定していました」とリベンジに成功した点も4日目の第2戦以降に弾みがついたといえるだろう。

枠番抽選は真っ先に抽選機を回しながら、黄玉(5号艇)がポロリ…。これにはガックリと肩を落としたが、好ピット離れでコースを奪取するのも彼の持ち味のひとつ。不利枠を克服して、さらに勢いを加速させたいところだ。

◆SG第35回グランプリ 3日目(17日・ボートレース平和島)

西山貴浩(33)=福岡=が、残り福で1号艇を手にした。毎年恒例のトライアル枠番抽選会。11Rはトップバッターの毒島が抽選器を回して5号艇。続く深谷は6号艇、寺田が4号艇と外枠3つが埋まった。4番目の新田が2号艇で、残る玉は白と赤。5番目の松井が抽選器を回す間、ずっと祈るように手を合わせ、最後の残り福をゲットした。「松井さんが1を引くと思っていた。勝とうが負けようが、大舞台で1号艇を経験出来ることが大きいです」とボルテージは最高潮。お祭り男が運を味方に巻き返すか。

<平和島ボート:グランプリ>◇SG◇3日目◇17日

3日目5R発売中に試運転で転覆した平本真之(36=愛知)。電気一式を交換し臨んだトライアル2nd1回戦11Rは、道中で追い上げて一時は最後方だったところから4着まで食い込んだ。

「朝から乗り心地が来なくて…。試運転の時はめちゃくちゃ感触が悪い中でこけた」と転覆に至った経緯を簡単に説明した。ただ、レースではそんな思わぬアクシデントがありながらも道中で着順を上げた。「6着のところから4着までこれたし、そこはポジティブに考えたい」と明るい性格の平本らしく、起こってしまったことを悔やまず、前向きにとらえた。

トライアル2nd2回戦は12R2枠。枠番の抽選運は悪くなかっただけに、トライアル1stで連勝を飾った勢いを4日目は枠なりの2コース早差しで突き抜け、取り戻す。

BOAT RACE ビッグレース現場レポート

エリート将軍の咆哮

11R
①毒島 誠(群馬)11
②吉川元浩(兵庫)10
③寺田 祥(山口)08
④平本真之(愛知)13
⑤松井 繁(大阪)14
⑥菊地孝平(静岡)14

f:id:boatrace-g-report:20201217185507j:plain

スタート展示は菊地がゴリッと動き、内5艇はやや遅れつつブロック態勢を敷いて枠なりオールスロー。「誰も入れてくれない」と悟った菊地は本番では動かず、穏やかな枠なり3対3となった。これが抽選による番組ならば、もっと激しい進入争いが見られただろう。「それぞれが自力で勝ち獲った枠」という選手道がモノを言った最終隊形ではあった。

f:id:boatrace-g-report:20201217185535j:plain

こうなってしまえば、助走距離をたっぷり得たスロー3騎に分がある。さらにスタートも↑御覧のとおり、やや内3艇が有利なほぼ横並び。4カド平本のスリット足に迫力は感じられず、むしろ3コースからハナを切った寺田の行き足が際立って見えた。キャブレター交換で、夏場まで超抜だった33号機の底力を引き出したか。

f:id:boatrace-g-report:20201217185656j:plain

1マークはその勢いのまま寺田の先制攻撃か、と思いきや、やや包まれたはずの元浩が得意のジカまくりで先に仕掛けた。3月の当地クラシック準優を彷彿させる強烈なツケマイ! ただ、この攻めは単純な勝負手とか奇襲とかではなく、「寺田のまくり差しを浴びての大敗だけは避けたい」という思いも働いたのではないか。GPトライアル序盤でもっとも重要なのは「重い着順だけは取らない」で、次に大事なのが「抽選運」だ(笑)。

f:id:boatrace-g-report:20201217185738j:plain

クラシックに続いてジカまくりを浴びた毒島は、飛びつくように艇を合わせてキッチリ受けきった。キッチリでもあり、ギリギリでもあった。それほど元浩のツケマイは強烈だったが、受けきってしまえば抜かれる毒島ではない。元浩を外に外に追いやりつつ、2マークを先制して1着を確定させた。2着も元浩で決まり。後ろからは何にも来ない、行った行ったの一騎打ちだった。

f:id:boatrace-g-report:20201217185810j:plain

3着争いは1マークの出口で混戦になったが、そこから力強いストレート足で一歩も二歩も抜け出したのが寺田だ。2日間の激戦を生き抜いた平本も松井も菊地も、その軽快なスピードに置き去りにされた。
やはり、シード組に分があるのか。
そう思わざるをえない彼我の差。前検時にも書いたが、今期の平和島モーターは40~45%台に14基が僅差で林立し、2連率1~6位が有利とは言い切れない戦国パワー相場だ。にも関わらず、シード組の3人3基だけがぐんぐん引き離して行ったのはなぜか。私の推測では、モーター素性の強さ云々ではなく、この3日間でさまざまな試行錯誤を繰り返した毒島、元浩、寺田がパワーの底上げに成功したのではないか。3人が3人とも「弱いかも」と泣いていたそうだが、いざフタを開けてみたらば彼らの機力は1st組を圧倒していた。

f:id:boatrace-g-report:20201217185842j:plain

123~~456。枠番通りの着順は、ほぼコースの利に拠るものだ。ただ、道中でどんどん前後3艇の差が開いていった事実は、それだけでは説明がつかない。そして個人的な見解としては、このレースでもっともパワー的に魅力を感じたのは、寺田祥33号機の行き足だった。明日も要注意!

野武士の光陰

12R
①峰 竜太(佐賀)04
②篠崎仁志(福岡)06
③深谷知博(静岡)03
④白井英治(山口)03
⑤西山貴浩(福岡)07
⑥新田雄史(三重)08

f:id:boatrace-g-report:20201217185925j:plain

このレースも「自力の枠番」効果があってか、キッチリ折り合っての枠なり3対3。で、これを書きながら知ったのだが、6人全員がコンマ05前後まで踏み込んだ灼熱のスタート合戦だったのだな。

f:id:boatrace-g-report:20201217190144j:plain

ただ、「スタートはみんなで揃えば怖くない」。これはこれでコースの利がモノを言う。まずは峰が1マークを先制し、そこに3コースの深谷が目の覚めるような全速のツケマイで峰に襲い掛かった。コースこそ違え、この一騎打ちの光景は11Rに酷似していて、2艇でビッシリ競り合いながら後続艇を置き去りにした。やはり実戦に明け暮れた野武士より、試行錯誤を繰り返した将軍の天下なのか。2マークを待たずして、峰=深谷のシードコンビのワンツー決着が約束された。うむ。

f:id:boatrace-g-report:20201217190048j:plain

そして、11Rの3コース寺田がそうであったように、このレースでスリットから力強く出て行ったのは4カドの白井だった。まくりきる勢いではないが、もこもこもこもこ伸びて内艇を圧迫する感じ。1マーク手前では深谷より半艇身近く突出し、逆にそこからの差しが窮屈かつ鋭角になりすぎて振り込むほどだった。

f:id:boatrace-g-report:20201217190224j:plain

つまり、今日の野武士軍団でもっとも輝きを放ったのは3着に食い込んだ白井の直線足なのだが、道中では表裏一体の弱点も露呈した。旋回して引き波を超えるたび、バウンドしたり滑って流れたり軽いキャビテーションを起こしたり……伸びる代わりに出足系統は明らかに劣勢だった。この部分は後方から差を詰めた新田がかなり優勢で、今日の白井の足を私流に評価するならA【出B・直S】というアンバランスなものになる。その弱点を痛感したであろう白井が、明日の5号艇をどんな調整で臨むのか。なかなかにパンチ力のある機力だけに、悩ましい調整になることだろう。

f:id:boatrace-g-report:20201217190252j:plain

一方、シード組でただひとり舟券から漏れた篠崎仁志は、2コースからすんなり差しながら出口でズルズル後退してしまった。平和島では2コース差し不発~引き波にはまって大敗はよく見かけるケース(今日も何件もあった)で、一概にパワー劣勢とは決めつけられないのだが、かなり不安の残る負け方ではあった。4号艇の明日は、その部分の修復も考えながらの難しい調整になりそうだ。

最後に、GPシリーズに関しては折り返しの3日目につき、私なりのパワー評価を強いと思う順に記しておこう。

山口 剛 A+【出A・直S】
岡崎恭裕 A+【出S・直A】
池田浩二 A+【出A+・直A+】
前本泰和 A【出A・行A】
深川真二 A【出S・直B】
徳増秀樹 A【出B・直S】
井口佳典 A【出A・直A】
茅原悠紀 A【出A・直A】
この8基が上位レベル。山口・岡崎は期待通りとして、今節は池田10号機がサプライズ・パワーか。記者席でも「池田がSGでこんなに出てるのは、何年ぶりだろ??」という声があちこちから聞こえるほどで、本当に何年かぶりでパワフルな池田を見ている気がするな。で、今日の池田は当たり前のように予選トップに立ったのだが、これをこそ「鬼に金棒」と呼ぶべきだろうか。以下、B+(中堅上位)は大量にあるのだが、特長のあるパワーだけをピックアップすると、こうなる。
磯部 誠 B+【出C+・直S】
坪井康晴 B+【出B・直A+】
佐藤 翼 B+【出B・直A】
秦 英悟 B+【出B・直A】
前検で「もっと伸びる」と期待した秦58号機は、なぜかこじんまりとまとまってしまった感がある。それから、最近の穴男・湯川は日々じわじわと伸び足を付けており、明日あたりからさらに警戒を強めたい。