手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
『第9回クイーンズクライマックス・シリーズ』三日目ニュースまとめ

クイーンズクライマックス二日目の枠番

トライアル第2戦

11R
①大山千広(福岡)
②小野生奈(福岡)
③細川裕子(愛知)
④平高奈菜(香川)
⑤遠藤エミ(滋賀)
⑥寺田千恵(岡山)

12R
①守屋美穂(岡山)
②香川素子(滋賀)
③平山智加(香川)
④松本晶恵(群馬)
⑤岩崎芳美(徳島)
⑥田口節子(岡山)

ニュースまとめ

ボートレース浜名湖で開催されている2020年最後の〝ビッグレース〟プレミアムGI「第9回クイーンズクライマックス」は28日、いよいよトライアルが開戦。3日間のTR3戦を経て、大みそかに〝女王決定戦〟が行われる。

注目の第1戦・11Rはインコースから先マイする1号艇・平山智加(香川=35)を4号艇・松本晶恵(群馬=33)がまくり差しで捉えようとしたが、これを抑えて2コースから小野生奈(福岡=32)が差し切り快勝! 平山は残して2着。3着には遠藤エミ(滋賀=32)が追い上げた。

小野は「ムチャクチャ緊張した。スタートが思い切って行けなかったのは反省点。でも、エンジンにはパワーを感じました。しっかり調整していい部分を引き出したい」と、当地看板クラスの51号機の底力を感じ取ったようだ。

続く12Rは、インコースが〝鬼門〟とも言われていた守屋美穂(岡山=31)が電光石火のコンマ07という速攻スタートを決めて、一気に逃げ切り圧勝! 平高奈菜(香川=33)が2コースから差して順走の2着。アウトからまくり差した香川素子(滋賀=43)と大山千広(福岡=24)が3着争いを展開したが、香川が競り勝って3着を確保した。

守屋はレース後の2日目の枠番抽選で大山とともに〝白玉〟=1号艇を引き当てる強運を発揮。「いい緊張感でレースに臨めた。スタートも思い切って行けました。明日も見ててください」と笑顔で話した。

浜名湖でのプレミアムG1第9回クイーンズクライマックス&シリーズ戦(12月26日〜31日開催)は大会3日目。いよいよベスト12メンバーによるプレミアムG1クイーンズクライマックスが始まった。トライアル初日は11Rで小野生奈(福岡)が2コース差し、12Rで守屋美穂(岡山)がイン逃げを決めて白星発進。優出へ大きく前進している。

そして26日から行われている「G3クイーンズクライマックスシリーズ戦」は予選3日目が終了。現時点での予選上位18人は以下のとおりだ。

1位 山川美由紀 8.40 QC出場6回・優出3回
2位 山下 友貴★8.00
3位 海野ゆかり 7.80 QC出場4回・優出2回
4位 竹井 奈美 7.60 QC出場2回・優出1回
5位 谷川 里江 7.20 QC出場1回
6位 池田 浩美★7.00
7位 大瀧明日香 6.80 QC出場1回・優出1回
8位 渡邉 優美 6.80
9位 今井 美亜 6.50 QC出場1回・優出1回・優勝1回
10位 長嶋 万記 6.40 QC出場5回・優出3回
11位 塩崎 桐加★6.33
12位 樋口由加里 6.17 QC出場2回
13位 角 ひとみ 6.00 QC出場1回・優出1回
14位 金田 幸子 6.00 QC出場1回
15位 水野 望美 6.00
16位 平田さやか★5.67
17位 西橋 奈未 5.67
18位 三浦 永理 5.60 QC出場4回・優出3回・優勝1回
(※QCはクイーンズクライマックス)
(※★はクイーンズクライマックスシリーズ戦歴代覇者)

今節シリーズ戦出場42人のなかにクイーンズクライマックス出場歴を持つ選手は15人いるが、そのうち実に11人が現時点で準優進出圏内の予選18位以内につけている。実績十分の選手たちがシリーズ戦でも高いモチベーションを持って戦っていることを示すような展開となってきた。

その象徴的な存在が山川美由紀(香川)【写真】だ。クイーンズクライマックス出場6回という歴代4位タイの数字を誇る山川は、これまでシリーズ戦を走った経験が2回ある。2014年はケガによる長期欠場が響いてクイーンズクライマックス出場を逃したが、住之江でのシリーズ戦では貫禄を見せて優出2着に入る活躍を披露。2019年は女子賞金ランキング14位で惜しくもベスト12入りを逃したが、徳山でのシリーズ戦では予選トップ通過する大暴れも見せて優出6着に入っている。シリーズ戦は過去2回出場して2優出。クイーンズクライマックスに出場ならず、シリーズ戦回りとなっても山川の闘志が薄れる気配はまったくない。

今回もここまで4・1・2・1・1着で予選トップに立つ活躍。3日目に3コースまくりとイン逃げで2連勝を飾って一気に首位へ躍り出てきた。今年は現在女子賞金ランキング44位と不本意なシーズンを送ってきたが、最後に優勝で締めくくる意欲十分だ。プレミアムG1クイーンズクライマックスの影に隠れがちなシリーズ戦だが、大晦日11Rの優勝戦を目指して熱いバトルを見せている選手たちにも注目したい。

BOAT RACE ビッグレース現場レポート

トライアル第1戦ダイジェスト

ブロック差し

11R
①平山智加(香川)16
②小野生奈(福岡)20
③寺田千恵(岡山)21
④松本晶恵(群馬)14
⑤岩崎芳美(徳島)14
⑥遠藤エミ(滋賀)12

f:id:boatrace-g-report:20201228184953j:plain

自力でレースを作りに行ったのは、4カドの松本だった。スリットから半艇身ほど覗くや、1ミリも迷うことなく舳先を左に傾けた。カド受けの寺田の艇がズコンッと浮き上がるほどの強引かつ猛烈な絞めまくり! この大会に懸ける意気込みを、初戦からなりふり構わず吐き出す猛攻だ。

f:id:boatrace-g-report:20201228185018j:plain

そんな並々ならぬ殺気を肌で感じたであろう平山は、正攻法の先マイを捨てて早めにターンマークに寄りつつ、ほぼ全速でぶん回した。「たとえ差されるとしても、絶対にまくらせない!」という戦法で、短期決戦の点取り合戦であるトライアル(GP含む)ならではの“次善策”と言えるだろう。

f:id:boatrace-g-report:20201228185048j:plain

寺田を飛び越え、ぽっかり空いた内水域に松本がまくり差しのハンドルを入れた瞬間、さらに内から埋伏の兵が飛びついた。スタートで凹んでいた小野が、これまた「引き波にハメられたらアウト」の気合で身体を張ってブロック。松本の勢いを殺しつつ、作用反作用の反動で前に進む。死に体のスリットからの、起死回生のブロック差しがものの見事に決まった。
全速の流れマイから態勢を立て直した平山が2番手を取りきり、レースを作った松本が3番手。混戦の1マークの末に2-1-4が出来上がったかに見えたが、そこからの遠藤の猛追が凄まじい。ほぼすべてのターンマークを最内から小回り旋回で追走し、何本もの太い引き波を超えながら松本ににじり寄る。

f:id:boatrace-g-report:20201228185129j:plain

そう、このレースでもっとも機力的に高く評価すべきは、遠藤の回り足を含めた出足系統だろう。小回りを繰り返しながら一度もキャビることなく、水をしっかり噛んで前進し、3周1マークでついに松本(思いきり前の引き波をなぞってしまったのも痛い)を追い抜いた。ハナから自力でレースを作った松本ではあったが、パワー面では全体的にやや劣勢と言わざるを得ない4着だった。
そして……私がストレート足に期待した岩崎18号機は、見せ場すら作れずに6着大敗。昨日の前検に続いて展示ワースト時計(12Rの細川と同タイムだが)でもあり、明日の5号艇は今日よりも人気を落とすことだろう。この一戦をもって見限るかどうかは、今は言及しないでおこう(←見限る気ゼロ?)。

完璧なリハ

12R
①守屋美穂(岡山)07
②平高奈菜(香川)14
③大山千広(福岡)16
④細川裕子(愛知)21
⑤香川素子(滋賀)14
⑥田口節子(岡山)13

f:id:boatrace-g-report:20201228185156j:plain

1マークが乱戦となった11Rとは裏腹に、こちらは大本命の守屋が独壇場のイン逃げを決めた。↑御覧のスリットラインで守屋だけが半艇身ほども突出しては、他艇の出る幕はない。平高の差しも大山のまくり差しもまるで届かず、バック中間で一人旅を決め込んだ。今日の最大の勝因はスタートであり、守屋66号機の機力云々はほぼまったく分からない独走でもあったが。
先に書いてしまうと、明日の守屋も同時刻の1号艇をGETした。こうなると、今日は貴重な1勝のみならず、明日への理想的なリハーサルを済ませたとも言えるだろう。つい先日の峰竜太のように、逃げ逃げ20点で他を圧するアドバンテージを築くのか。極端な風が吹かない限り、その可能性はかなり高いと思う。

f:id:boatrace-g-report:20201228185243j:plain

2番手はすんなり差した平高が順当に獲りきったが、パワー面で特筆すべきはもちろん5コースから3着に粘り込んだ香川素子だ。前節の激しい転覆でクランクシャフト交換、その後は明らかに足落ちした12号を引いてしまった香川は、緒戦の前に勝負に出た。【ピストン2・リング4・シリンダケース】、いわゆるセット交換だ。
このギャンブルは、ほぼ間近いなく「大当たり」だった。スリット近辺の行き足も軽快だったし、そこからのまくり差しは前がドン突きになって減速を余儀なくなくされたものの、ターン出口から出て行く出て行く! 2艇身以上も先行した平高にグングン迫り、平高より先に2マークを旋回。この窮屈な小回りが流れるかと思いきや、サイドがグググッッ(高橋アナ流)と掛かって前に突き進んでいった。冷静に差した平高には届かなかったとはいえ、もはや現状の12号機は「足落ち」とか「壊れ物」とか言う下馬評とは別物のモーターと肝に銘ずるべきだろう。あるいは、浜名湖さんが去年の“あのモーター”のセットを、この大会にために保存していたのかも?(笑)

f:id:boatrace-g-report:20201228185312j:plain

4番手から大山があの手この手で香川を揺さぶり、必死でにじり寄ったがまるで届かない。この追撃を封じる足取りにも、かなりの余裕を感じさせた12号機だった。大山は悔しい4着とはいえ、レース後に引き当てたのは白玉。2カ月半に及ぶF休みの直後、しかもまだ消化しきっていないF休みを残しての1号艇は、手放しで喜べるほどの境遇ではないだろう。レース勘とスタート勘、度胸と開き直り。今風に言うなら、まさに全集中の呼吸で乗りきるべき“難敵”だと思う。

シリーズTOPICS
やはり、来たっ!

f:id:boatrace-g-report:20201228185342j:plain

一方のシリーズ戦は早くも予選3日目が終了。全34レースを走り終えての暫定トップは、なんだかんだ山川美由紀19号機!! 今日は5Rで実にらしい豪快な3コースまくり(全速の強ツケマイ)で10点を積み上げ、さらに後半9Rはインから影をも踏ませぬ盤石の逃げで連勝を飾った。気づいてみれば、“定位置”と呼ぶべきトップに君臨だ。

f:id:boatrace-g-report:20201228185415j:plain

正直、相棒19号機の気配は大方が期待したほどのモンスターパワーとは思えない。2日目に本人も「ハードルを上げ過ぎたかも」と苦笑していたが、スリットから突出して楽まくり一撃というパンチ力はなく、現状は全部の足がちょっとずつ強めのバランス型と鑑定している。それでもあれよあれよのトップ浮上は19号機の底力であり、女傑・山川がしっかり乗りこなしている証でもあるだろう。明日の山川19号は、最後の難関と呼ぶべき7R6号艇の一発勝負。もちろん1着=トップ確定だけに、枠なり6コースと決めつけるのは早計な選手ではある。

f:id:boatrace-g-report:20201228185441j:plain

山川に続く暫定2位は、地元の山下友貴! 前検の私は相棒36号機のストレート足に惚れ込んだが、いざ実戦では引き波を超えるレース足も軽快そのもの。今日も前半4Rはスリットから力強く飛び出し、内3艇を猛烈に圧迫してからシャープな差しハンドルでバック先頭に突き抜けた。
後半8Rは5コースから展開に恵まれなかったものの、水野望美との2周に及ぶ熾烈な3着争いを制してオール3連対をキープした。初日はやや控えめのA【出A・直A】としたが、今は文句なしのA+【出A+・直A+】でシリーズトップ級のバランス型パワーと見立てていいだろう。明日の山下は8R1号艇の一発勝負! 直前の7Rで暫定トップの⑥山川が不覚を喫するようなら、イン逃げ=予選トップの可能性は十分だ

勝負掛け情報

クイーンズクライマックスシリーズは明日が予選最終日。勝負駆けです。3日目終了時点でトップに立ったのは、山川美由紀。評判機19号機を引いた偉大なる女傑が、堂々とシリーズをリードしています。2位には地元の山下友貴がつけ、2013年以来のシリーズ制覇を狙います。準優ボーダーはひとまず5・50と想定。ボーダー周囲は激戦になりそうですので、随時リアルタイムのボーダーをご確認いただければと存じます。

1 山川美由紀 当確
2 山下友貴  当確
3 海野ゆかり 当確
4 竹井奈美  当確
5 谷川里江  当確
6 池田浩美  5・5着
7 大瀧明日香 4・6着
8 渡邉優美  4・6着
9 今井美亜  3・6着
10 長嶋万記  3・6着
11 塩崎桐加  当確
12 樋口由加里 5着
13 角ひとみ  2・6着
14 金田幸子  2・6着
15 水野望美  4着
16 平田さやか 3着
17 西橋奈未  3着
18 三浦永理  3着
19 勝浦真帆  3着
20 中澤宏奈  1・6着
21 富樫麗加  3着
22 堀之内紀代子 2着
23 原田佑実  2着
24 渡辺千草  2・3着
25 倉持莉々  2着
26 高田綾   2・3着
27 高田ひかる ※1着相手待ち
28 廣中智紗衣 1・2着
29 出口舞有子 1・2着
30 水口由紀  2・2着
31 赤澤文香  1・2着
32 川野芽唯  1・1着
33 中川りな  1・1着

手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。
オンラインカジノ『ベラジョンカジノ』
人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有
オンラインカジノ『優雅堂』
最大手ベラジョンカジノの日本人向けサイト遂にオープン!!
「日本市場に向けた、日常を豊かにする洗練された空間」がコンセプト ベラジョンと同じ運営ということで、完全日本語によるサポートのもと、 安心・安全なカジノライフを楽しむことができます。 入出金に「日本円」が使えることがあります。 日本向けのカジノなら、やはり日本円が使えるほうがいい。 そんな声に、遊雅堂は応えました!
オンラインカジノ『カジ旅』
『プロ野球やJリーグ』スポーツBET可能!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
スポーツBETなら『カジ旅』利用で間違いなし!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
最強レース毎予想『投資競艇.net』