手軽にプロ野球やJリーグで稼ごう!手数料激安!公営競技よりも勝つ確率は桁違い! ボーナスも充実今熱いギャンブルはオンラインカジノです。

オンラインカジノ『ベラジョン』

人気・ユーザー数ナンバー1
日本人向けサービス・サービスポイントが充実! 使い易さは他を圧倒しています。
・国内人気No1オンラインカジノ ・ビットコインでの入出金可能 ・日本人カスタマーサポート有

オンラインカジノ『カジ旅』

サービス充実『プロ野球やJリーグ』もBET可能!!
簡単登録!日本人向けサポートが充実!
「ライブチャット」「メール」でのサポートが日本語に対応しています。 いずれも月~金曜日、メールは24時間、ライブチャットは日本時間16:00~24:00の間に受け付けてくれます。
『SGチャレンジカップ』『レディースチャレンジカップ』最終日のニュース・コメントまとめ

熱戦を展開してきたボートレース蒲郡のSG「第23回チャレンジカップ」は29日最終日、第12Rで優勝戦を行い、毒島誠(群馬=36)がインからコンマ11の好スタートを決めて優勝。2着に岡崎恭裕(福岡=33)、3着には久田敏之(群馬=39)が入線し、3連単は1―5―2は1700円の人気サイドで決着した。

勝った毒島はスタート展示から2号艇・久田とスリット後の足に差を感じていただけに「ギリギリでしたね~。特訓でもスタート展示でも、結構伸びられていたので、プレッシャーになりました。1Mは(ターンが)もれたんですけど、逃げられて良かった。出足が良かったですからね」とレースを振り返った。

これで7回目のSG優勝となったが、そのうち6回がナイター戦でのものと〝夜の戦い〟には滅法強い。「何ででしょうね。これでナイター場でSGを勝ってないのは住之江と地元の桐生だけになったので、他も勝ちたいですね」とナイターSG全場制覇を次の目標に掲げた。

この優勝で賞金3300万円を獲得、賞金ランクは4位から2位まで浮上。12月15日に開幕する平和島SG「第35回グランプリ」のトライアル2ndの1号艇を獲得した。「6位以内が確定していたのはわかっていたけど、まさか2位まできたとは知りませんでした。全然意識してなかったですね」とうれしい〝誤算〟に目を細めた。

秋口以降は充実一途。初のグランプリ戴冠も狙える勢いだ。「関東で開催されるグランプリなので精いっぱい頑張って狙っていきたい」と力強く語った。

ボートレース蒲郡のGⅡ「第7回レディースチャレンジカップ」は最終日の29日、第11Rで優勝戦が争われ、女子賞金ランク14位からの勝負駆けだった寺田千恵(岡山=51)が勝負どころの1周1Mの絶好の展開を差し切り快勝! 今年の獲得賞金を3042万円まで上積み、女子6位にランクアップして9年連続となる浜名湖プレミアムGⅠ「第9回クイーンズクライマックス」出場を決めた。

さすがベテランの勝負強さだ。進入争いには大きな動きもなく〈123/456〉の枠なり3対3スタイルに落ち着いた優勝戦。水面も穏やかでイン守屋美穂(岡山=31)が〝絶対的〟優位に立っていると、思われていた。

しかし、勝負は分からないモノだ。守屋がややスタートで後手。2コース・小野生奈(福岡=32)がコンマ12のトップスタートを決めると、1Mでは果敢なまくり策にでた。これに対して守屋は抵抗気味なターンをしたため、がら空きとなったところを寺田が差し抜けた。猛追する長嶋万記(静岡=39)も退けて、2019年3月の児島レディースオールスター以来となるGⅡ優勝、レディースCCは15年芦屋大会以来となる、2度目のVを果たした。

「信じられない! (1Mは)エーッてなりました。あんなにツイている展開はないです。ツキも大事ですね」と強運を味方につけての勝利だ。

大一番クイーンズCに向けては「回数は出ているけど、まだ優勝がないので…。今度は優勝したい!」とキッパリ。

勢いは断然だけに、間違いなくQCでも注目の存在となる。

29日、毒島誠の優勝で幕を下ろしたボートレース蒲郡のSG「第23回チャレンジカップ」――。これをもって2020年の〝マネーバトル〟も一旦、区切りをつけ、12月15日から東京・ボートレース平和島で開催されるSG「第35回グランプリ」の出場選手18人が決定した。

今大会の5日目(28日)終了時点で獲得賞金ランク15位の井口佳典(三重=43)までが当確となり、残る3枠を西山貴浩(福岡=33)、前本泰和(広島=48)、守田俊介(滋賀=45)、原田幸哉(長崎=45)と、優勝戦に進出した岡崎恭裕(福岡=33)、稲田浩二(兵庫=35)、久田敏之(群馬=39)で争う展開となっていた。

最終日(29日)8R「特別選抜戦B」で前本が6着に敗れ、西山が「特別選抜戦A」を完走し、ひと足早く念願のGP初出場を確定。やはり18強入りへ10Rで1着条件だった原田は4着に敗れて、願いはかなわなかった。

これで岡崎は優勝戦3着以上。久田、稲田は優勝条件でGP出場が決まる大一番。岡崎が2着を確保し、2年ぶりのGP出場が決定。前本もかろううじて18位に残り、ベスト18が出揃った。

一方、チャレンジCで優勝した毒島誠(群馬=36)は賞金1億3160万円とし、2位に浮上。トライアル2nd1号艇を獲得した。

また、〝王者〟松井繁(大阪=51)も2017年・第32回大会以来、3年ぶりのGPカムバックを決めた。

グランプリ出場選手は次の通り。

1位・峰 竜太(佐賀=35)
2位・毒島 誠(群馬=36)
3位・吉川元浩(兵庫=48)
4位・篠崎仁志(福岡=32)
5位・深谷知博(静岡=32)
6位・寺田 祥(山口=42)

ここまでがトライアル2ndから出場。

7位・菊地孝平(静岡=42)
8位・瓜生正義(福岡=44)
9位・白井英治(山口=44)
10位・徳増秀樹(静岡=45)
11位・平本真之(愛知=36)
12位・新田雄史(三重=35)
13位・茅原悠紀(岡山=33)
14位・松井 繁(大阪=51)
15位・井口佳典(三重=43)
16位・岡崎恭裕(福岡=33)
17位・西山貴浩(福岡=33)
18位・前本泰和(広島=48)

 ボートレース蒲郡のGⅡ「第7回レディースチャレンジカップ」が29日に終了。これをもって年末開催の浜名湖プレミアムGⅠ「クイーンズクライマックス」(12月31日優勝戦)に出場する12選手が決定した。

28日には9位・岩崎芳美(徳島=48)までに当確ランプがともり、残る3枠を遠藤エミ(滋賀=32)、田口節子(岡山=39)に、優出した寺田千恵(岡山=51)、長嶋万記(静岡=39)、深川麻奈美(福岡=33)の5人で争う展開となっていた。

まずは遠藤が選抜戦9Rを4着で当確として、〝最終決戦〟となった11R優勝戦では残る2枠を巡るシ烈なバトルの結果、優勝した寺田が6位に浮上。田口も12位に粘り込んで、ぎりぎりで出場を決めた。

出場選手12人は次の通り。

1位・守屋美穂(岡山=31)
2位・平山智加(香川=35)
3位・小野生奈(福岡=32)
4位・平高奈菜(香川=33)
5位・大山千広(福岡=24)
6位・寺田千恵(岡山=51)
7位・松本晶恵(群馬=33)
8位・細川裕子(愛知=38)
9位・香川素子(滋賀=43)
10位・岩崎芳美(徳島=48)
11位・遠藤エミ(滋賀=32)
12位・田口節子(岡山=39)

ボートレース蒲郡で熱戦が繰り広げられていた「SG第23回チャレンジカップ・G2第7回レディースチャレンジカップ」は29日、最終日の12RでSG優勝戦が行われた。天候は冬晴れ。気温はオープニングが14度で、終盤は10度を下回り、今節で最も冷え込んだ。最終日も風向きは一定ではなかったが、風速3m以下の絶好水面だった。

優勝戦はスタート展示同様に折り合いのついた枠なりの3対3で、12秒針がスタート。ほぼ横一線のスリットから1号艇の毒島誠【写真】が高速インモンキーで逃げ、そのまま一気にヴィクトリーロードを駆け抜けた。

2番手以降は、スリットからのぞいてプレッシャーをかけた久田敏之が鋭く差し、ゼロ台スタートの岡崎恭裕も5コースからまくり差しで接近したが、連争いが精いっぱいだった。岡崎は2マークの絶妙ターンで2着を確保。3着は久田だった。1-5-2でゴールイン、3連単は1700円。

インから逃げた毒島は「優勝戦もいい調整ができたけど、久田さんにスリットでのぞかれ、ターンマークを外しちゃいましたね。でも、出足はしっかりしていたので押し切れました」。これでSG通算7V、ナイターSGは6Vを達成。「夜は強いですね」と自他共に認めるナイターキングだ。「ライフスタイルは朝方が好みですけど、レースは夜が好きです。ナイター場全場制覇をしたいですね」と笑みがこぼれた。

近況の調子については「リズムは上向き。9月徳山のG1戦で同期にプロペラ調整のアドバイスをもらい、師匠にも助言をいただき、その辺りからしっかり自分のプロペラの形が確立されてきました。それが復調の要因ですね」。優勝賞金3300万円を加算して今年の獲得賞金は1億3160万円となり、峰竜太に続く2位に浮上。「トライアルセカンドの白色の勝負服は、やっぱり違いますよね」とグランプリに向ける胸の内を明かした。

2020年はコロナ禍で大変な一年になったが「ファンのみなさんに走りを通じて、少しでも元気を届けたいです」と年末の金冠を目指し全力投球を誓った。

蒲郡でのG2第7回レディースチャレンジカップ(11月24日〜29日・SGチャレンジカップ併催)は最終日が終了。11R優勝戦は3号艇の寺田千恵(岡山)【写真】が3コース差しで快勝した。

2号艇の小野生奈が2コースからトップスタートを決めてまくりを狙い、1号艇の守屋美穂がインからこれに抵抗。両者が競り合って大きく外へ流れる間に、寺田が3コースからブイ際を鋭く差し抜けて頂点に立った。

3連単3-4-6は3万8300円の高配当となっている。

勝った寺田は通算69回目の優勝。レディースチャレンジカップは2015年の芦屋大会に続いて2回目の優勝となった。

【2020年女子賞金ランキング】
1位 守屋 美穂 40,991,666円 (蒲郡優勝戦6着)
2位 平山 智加 40,690,666円
3位 小野 生奈 37,443,733円 (蒲郡優勝戦5着)
4位 平高 奈菜 36,721,000円 (蒲郡優勝戦4着)
5位 大山 千広 32,061,000円
6位 寺田 千恵 30,465,340円 (蒲郡優勝戦1着)
7位 松本 晶恵 30,364,000円
8位 細川 裕子 29,971,000円
9位 香川 素子 28,541,733円
10位 岩崎 芳美 28,384,000円
11位 遠藤 エミ 27,936,340円
12位 田口 節子 27,731,600円
―――クイーンズクライマックス出場ボーダー―――
13位 長嶋 万記 26,911,666円 (蒲郡優勝戦2着)
14位 大瀧明日香 26,569,533円
15位 深川麻奈美 26,317,200円 (蒲郡優勝戦3着)
16位 川野 芽唯 26,163,940円
17位 宇野 弥生 23,796,073円
18位 竹井 奈美 23,776,600円
19位 海野ゆかり 23,742,733円
20位 塩崎 桐加 22,366,400円

寺田はこの優勝で賞金450万円を獲得。今年の女子賞金ランキングは前日14位から一気に6位へ浮上した。これで9年連続9回目のクイーンズクライマックス出場が決定。女子賞金ランキング13位以下からレディースチャレンジカップ優勝によって逆転のベスト12入りを果たすという史上初のケースとなった。

優出2着に入った長嶋万記は賞金240万円を獲得。女子賞金ランキングは前日16位から3つ上がったが、惜しくもあと一歩及ばず13位となってクイーンズクライマックス出場権には届かなかった。地元浜名湖でのクイーンズクライマックスを目指してきた一年だったが、次点という悔しい結末で5年ぶりにベスト12入りを逃している。

深川麻奈美はレディースチャレンジカップ初出場初優出で6コースから3着に入る好走。これで賞金160万円を獲得したが、女子賞金ランキングは前日15位から変わらず、クイーンズクライマックス初出場はならなかった。

優勝戦1号艇の守屋美穂はイン戦6着。同じく優勝戦1号艇だった8月の多摩川レディースチャンピオン(2着)に続き、再び目の前のビッグタイトルを取り逃がす無念の結果となった。しかし女子賞金ランキングは前日2位から逆転で首位に浮上。年末のクイーンズクライマックスはトライアル初日1号艇で戦いのスタートを切る。8月と11月に味わった無念を12月にティアラ戴冠で晴らすのか。

最強レース毎予想『投資競艇.net』